FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



次の次の次の大河ドラマが楽しみ
次の次の次の大河ドラマが楽しみ

NHKが2022年の大河ドラマが三谷幸喜さんが脚本を担当する『鎌倉殿の13人』になることを発表しました。
Yahoo!ニュースのなかのOricon Newsからです。
源頼朝を支えた13人の家臣が頼朝の子、頼家の暴走をきっかけに合議制を定めパワーゲームを繰り広げ北条義時が権力者になるまでが描かれるそうです。
主人公の北条義時には小栗旬が決定していますが他のキャストは未定のようです。
三谷さんは大河ドラマでは『新選組!』、『真田丸』に続く3本目の脚本担当作となります。

これは楽しみ!ですね。
まず三谷さんの脚本が楽しみです。三谷さんは歴史に造詣が深くて大河ドラマの2作品のほかにもご自身で日本三大会議と言われている1945年の『御前会議』、征韓論の会議、清須会議のうちの『清須会議』を映画化されています。
以前ブログに書きましたが『清須会議』公開の時に雑誌での安西水丸さんとの対談は面白かったです。
三谷さんも安西さんもそうでしたが歴史でも主役より脇役的な存在が好き、群像劇が好きなんだだそうです。
三谷さんは頼朝の弟の源範頼とか好きなんじゃないかと思います
範頼を、義時を、謎多い頼朝の死を、御家人による権力闘争などを三谷さんがどう描くのか楽しみです。

もう一つは先日亡くなった中山仁さんを書いたときに書きましたが私は大河ドラマの『草燃える』が大好きなこともあってこの時代が好きなのでとても楽しみです。
あまり目立たないですが今度、主役となる北条義時はこの時代の主役だと思うのです。
父である時政を追放し、御家人たちとの権力闘争、朝廷との闘い・承久の乱を処理して摂家将軍(後には皇族将軍になりますが)を成立させ執権政治を確立させる礎を築いた大政治家です。

歴史上の2代目の人は表舞台に出ることはあまりありませんが藤原家の不比等、後北条の氏綱、そして義時・・と2代目がしっかりした家は長く続いて繁栄していると思います(徳川家の秀忠も入れてもいいかもしれません。足利義詮は違うと思いますが・・・)

この時代を描いた大河ドラマは私が知っているのは平将門の『風と雲と虹と』、『草燃える』、『炎立つ』、『義経』、『平清盛』と意外と少ないです。それぞれが描かれる時代・視点が違っていて面白いと思います。
この時代なら私が大好きな木曽義仲を主人公にした作品もいつか作って欲しいです。
(映画では未見ですが大河ドラマにもなっている吉川英治原作の『新平家物語 義仲をめぐる三人の女』があるようです。)

どんなキャストになるのか松平健さんには出演してほしいですね。どんな話になるか楽しみです



※Yahoo!ニュースの『Oricon News』を参考にしました


魚固島(松浦市星鹿町)
魚固島(松浦市星鹿町)

松浦市の沖合にある小さな島が角度によってですが今年の干支のネズミのようにみえることが西日本新聞(1月4日号)で紹介されていました。
小島は鷹島の西・船唐津沖にある魚固島。
松浦市の有人島・鷹島から約600メートル、同じく有人島の青島からは東に約2km離れている面積約0.1平方キロメートルの小さな無人島です。
魚固島と書いて「おごのしま」と読むそうです。

魚固島の沖はアワビやウニなどの漁場になっているそうです。
近くの青島は人口の減少は進んでいますが、島民全員が社員となった社団法人「青島○」を発足させて島でとれた鮮魚や水産加工品を売りんで島を活性化させています。
その青島や鷹島、本土の漁師さんも魚固島周辺でも漁をしていることと思います。
魚固島には高さ約12mの白い塔の形をした魚固島灯台があり漁船が操業するときなどは目安となり周囲の海の安全を守っています。

西日本新聞によると本土の国土204号線からも角度によると横ばいになっているネズミの姿にみえる魚固島がみえるそうです
新聞記事で島影を見に来る観光客が出るかもしれません。
魚固島がなぜ「おごのしま」と呼ばれるようになったのか?どこか不思議な島ですが干支の島?としてまた海の安全を見守る灯台のある島として少しでも存在が知られたら…と思います


※西日本新聞の記事を参考にしました

和田誠さん
和田誠さん

イラストレーターなどいろいろな分野で幅広く活躍されていた和田誠さんが10月7日に亡くなりました。
週刊文春の表紙がアンコール企画になっていたので体調を崩されているのかなと思っていたのですがまさか亡くなるとは思っていなくて本当に残念です。

週刊文春の表紙は勿論ですが星新一さんの本も和田誠さんのイラストしか考えられないし、ドリス・ディの曲と共に始まるサワコの朝のオープニングタイトルでもおなじみの人でしたが私にとっては和田さんの対談やイラスト、エッセイなど多くの本を通して映画の楽しさ、面白さ教えてくれた人でした。
そういう人は多いんじゃないかと思います

なかでも映画評論家の山田宏一さんとの対談集『たかが映画じゃないか』は中学の頃から何回も何回も繰り返し読んだ本でした。
山田さんとの『ヒッチコックに進路を取れ』も何回も読んだ本です。
ビリー・ワイルダーの映画も対談ししたいと書かれていましたが実現しなくて残念です。
ワイルダーだけでなくエメリック・プレスバーガー&マイケル・パウエルの映画とか他の監督の作品とかもっといろいろ対談してほしかったです
山田さんの本は和田さんのイラストが使われることが多く多くの本が二人の共著みたいな印象があります。
山田さんとの対談も含まれている『映画に乾杯』や三谷幸喜さんとの対談も楽しかったし川本さん、瀬戸川さんとの本も素晴らしかった。、
『シネマッドカクテルパーティー』をはじめとする和田さんの映画のエッセイとかたくさん読みました

和田さんの監督作品も映画が好きな人が作った映画!という感じの映画ばかりで『怪盗ルビイ』をはじめ好きでした。
新しい映画の監督作がずっと観たいと思っていましたがそれは叶いませんでしたね。

先日放送された『サワコの朝』は三谷さん、大竹しのぶさん、南伸坊さんが出演された和田さんの追悼番組でしたがみんな和田さんのことが好きだったのだなあと感動しました。文春もサワコの朝も三谷さんのエッセイもこれからも和田さんのイラストが使われるそうです。
本業のデザインや詳しかったジャズななどのことなどはわかりませんが本当にいろいろな方面に足跡を残した人でした。
もう新しい映画作品、イラスト、エッセイ、対談がないと思うと残念です。
ご冥福をお祈りします







アンナ カリーナ
アンナ カリーナ

アンア・カリーナが12月14日に亡くなりました。79歳でした。
映画監督には尊敬する人、大好きな人、気になる人など私にとっていろいろな存在の人がいるけれどフランソワ・トリュフォーとジャン=リュック・ゴダールは今でも特別な存在です。

そのゴダールの映画の60年代の映画にヒロインとして主演していたアンナ・カリーナも特別な女優さんでした。
アンア・カリーナのことは映画評論家の山田宏一さんの『友よ映画よ〈わがヌーヴェルヴァーグ誌〉』を読んで知りました。

「友よ映画よ」の最初の3章「アンナ・カリーナに恋をした」、「アンデルセンのおとぎの国の少女」(カリーナはデンマークの出身)、「アルファヴィルのほうへ」(彼女が主演したゴダール映画の一つ)はゴダールとカリーナのことを中心に書かれていて私は当時、彼女が出演する映画は観ていませんでしたがこの本を読んでファンになりました。
(週刊新潮の今週号の墓碑銘は『アンナ・カリーナ』で山田さんへも取材されていました。)

彼女の映画で最初に観たのは高校の時でビデオでロジェ・ヴァディム監督の『輪舞」。
ゴダールの映画で最初にみたのはやはり高校のときで『女と男のいる舗道』。
この映画は今でも観ているゴダールの映画で、アンナ・カリーナの映画の中で一番好きな映画です
ゴダール=カリーナの映画『小さな兵隊』、『女は女である』、『女と男のいる舗道』、『はなればなれに』、『アルファヴィル』、『気狂いピエロ』、『メイド・イン・USA』、オムニバス映画『愛すべき女・女たち』 の『未来展望』しかないないんですね。
私は『はなればなれに』と『未来展望』は観ていないのですがなんかもっと二人の作品はあるような気がします。

フィルモグラフィ―をみると彼女の出演作はそんなに多くないようです。
私は他には『修道女』と『怪奇と幻想の島』、ジョナサン・ダミの『シャレード』しか観ていません。
ゴダールの映画のファンでアンア・カリーナ主演の映画を撮るのが夢だったというトニー・リチャードソン監督の『悪魔のような恋人』や一部の出演者とうまくいかず撮影が大変だったとインタビューで監督のジョージ・キューカーが答えていた『アレクサンドリア物語』、今年の9月にデジタルマスター版が公開された『アンナ』とか今年亡くなったマリーラフォレと共演した『国境は燃えている』、『修道女』のジャック・リヴェットの『パリでかくれんぼ』とかは彼女の映画は全部観たいなあと思います。

ゴダールは今も現役で映画を撮り続けています。
ただアンナ・カリーナが亡くなったことで二人の映画が作られることは永遠に亡くなってしまいました
昨年、来日したことが話題になってまだ元気で活躍されていると思っていただけに残念です。
ご冥福をお祈りします



※『友よ映画よ 〈わがヌーヴェルヴァーグ誌〉』(話の話集)、『ジョージ・キューカー、映画を語る』(国書刊行会)参考にしました



中村正さん
中村正さん

11月11日に声優・俳優として活躍された中村正さんが亡くなりました。89歳でした。

テレビの草創期から俳優さんとしても活躍されていたそうです。
私には洋画の吹き替えやテレビドラマの『チャーリーズ・エンジェル』のチャーリーの声、『奥様は魔女』のナレーションなどでおなじみの人でした。

私は『奥様は魔女』は大好きで妻も好きだったこともありテレビドラマ版はセットで購入しました。
DVDは冒頭のナレーションがない字幕スーパー版でも観れるのですが何か違和感がありいつも吹き替え版で観ていました。
映画版でもマイケル・ケインの吹き替えをされていたと思います
日本で作られた米倉涼子さん主演のドラマも中村さんのナレーションだったですし映画版の『チャーリーズ・エンジェル』も中村さんの吹き替えでした。

マイケル・ケインだけでなく洋画の吹き替えでもおなじみで中村さんの吹き替えでないときもあったかもしれませんがデビット・ニーブン、レックス・ハリソン、ピーター・オトール、フレッド・アステアとか担当されていてピッタリだったと思います。
優雅でどこかユーモアがあるイギリス紳士みたいな役がピッタリで一番似合っていたと思います
ほかにもいろいろなCMやアニメの吹き替えなどもされていました。
最近でも細田守監督の映画でも活躍されていお元気と思っていたので残念です。
ご冥福をお祈りします