FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Brennendes Geheimnis(燃える秘密)
.Brennendes Geheimnis(燃える秘密) 1933制作 ドイツ / オーストリア

ステファン・ツヴァイク原作の.『Brennendes Geheimnis』(燃える秘密)は1933年にドイツで最初に映画化されています
監督はロベルト・ジオドマク。
後でハリウッドに渡りロバート・シオドマクとしてスリラー、サスペンスを得意とする監督として活躍することとなります

『Brennendes Geheimnis』(燃える秘密) (1933 ドイツ / オーストリア・日本未公開)
監督 ロバート・シオドマク
原作 ステファン・ツヴァイク
脚本 フレデリック・コーナー
音楽 アラン・グレイ
撮影 リチャード・オーガスト ロベルト・バベルスケ
編集 マックス・ブレナー |
出演  ヴィリ・フォルスト、 ヒルデ・ワグナー、 アルフレート・アーベル、ルチー・ヘーフリッヒ 、ハンス・リヒター
     エルンスト・デュムケ 、リナ・マルサ 、ロッテ・シュタイン


この作品の公開直後にシオドマクはフランスに亡命することになり彼が戦前のドイツで監督した最後の作品となります

プレミアム上映の際、宣伝省からユダヤ人の名前がクレジットされている映画は上映禁止との通達があり監督のシオドマク、原作者のツヴァイクともユダヤ人ということもありタイトルロールなしの上映となり、また『燃える秘密』という題名もナチスをあてこすったものと問題となり、公開は1週間で打ち切りとなりシオドマクはプレミアム上映から11日後に亡命することになります

物語では避暑地での母親とその息子、そして母親に近づく男が描かれるようでシオドマクは自分の境遇と重なる面もあったようでこのツヴァイクの短編小説に思い入れがありハリウッドから帰国した後に再映画化も考えていたそうです
そのあたりのことがもう少しわかれば…と思ってはいます。
また注目したいのは出演者の一人に俳優・監督として活躍したヴィリ・フォルストがいることです。
『未完成交響楽』、『たそがれの維納』、『ブルグ劇場』と忘れられない作品を残しているフォルストも調べてみたい人です


シオドマクのことはこのブログで取り上げたことがあると思います。スタンバーグやディターレやフリッツ・ラングらと同様、ドイツ・オーストリアからアメリカに渡り活躍した人で現在、中断しているスタンバーグやディターレ同様、調べてこのブログに書いてみたい人になります。
シオドマクのことはハリウッド時代の作品がサスペンス、スリラー、フィルムノワールの作品として取り上げられることはよくあるのですがそのアメリカ時代の作品でさえ未公開作も多くましてやヨーロッパ時代の映画につては取り上げられることも少なくDVD化されている作品もあまりない状態でした。
ところが以前ブログで紹介したと思いますが『亡命者たちのハリウッド 歴史と映画の結節点』(作品社・吉田広明)のなかでナチスドイツから亡命した監督としてフリッツ・ラング、ダグラス・サークとともにシオドマクが詳しく取り上げられました。
おぼろげかもしれませんがシオドマクのことを知ることができました。
本当に貴重なすばらしい本だと思います
(なお『亡命者たちのハリウッド』『では『燃え上がる秘密』と訳されています)
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/971-06f6a22a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)