FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



平戸の構成資産で巡回シャトルバス運行(平戸市)
平戸の構成資産で巡回シャトルバス運行(平戸市)

『長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産』の世界遺産が決まりました。良かったと思います。
平戸市では『春日集落と安満岳』と『中江ノ島』の二つが構成資産となっています。

『春日集落』は私は行ったことはないのですが生月島に行く途中、平戸島と生月島を結ぶ生月大橋の少し手前から左折して約1.7km(車で約5分徒歩で約25分)にあるそうです。集落までは道も狭く駐車場もあまりないようです。
公共交通機関で行くとなると平戸桟橋と生月島の間で路線バスを運行している生月バスに乗車することになります。
出発地となる平戸桟橋は平戸の交通の拠点でバスやフェリーの乗り場になります。佐世保駅前や松浦駅前より路線バスが運行されています。
佐世保や松浦からのバスだとここで乗り換えとなります。ただ平戸ー生月間は便数は1日約10本で1~2時間に1本くらいの運行間隔になります。
『春日集落』まで直接路線バスは立ち寄りません。『春日集落』への最寄りのバス停は生月大橋の手前になる「白石」になります。
ここから集落までタクシーで約5分。歩くと約30分になるようです

世界遺産に登録され訪れる人が増加することが予想されますがこのように交通の便が悪いことを考慮して平戸市では生月島の玄関地であり観光の拠点でもある『生月町博物館・島の館』を拠点として構成資産である『春日集落』と生月の信仰の出発点といっていい『クルスの丘』を巡る循環シャトルバスが6月30日より運行されています

≪運行期間≫   平成30年6月30日(土)~12月16日(日) 土日に運行
≪運行車両≫   小型バスかマイクロバス(25名程度乗車可能)
≪料金≫      無料
≪運行ルート≫
生月町博物館・島の館→(10分)→春日・案内所→(5分)→春日の棚田→(15分)→クルスの丘→(5分)→生月町博物館・島の館
≪運行時間≫
9時30分発(10時15分帰着)、10時25分(11時10分帰着)、11時20分(12時05分帰着)、13時30分(14時15分帰着)、14時25分(15時10分帰着)、15時20分発(16時05分帰着)

『生月町博物館・島の館』
生月大橋を渡ってすぐ道の駅に隣接する博物館です。捕鯨、島の民俗、魚の剥製の常設展示室と企画展示室から構成されています。捕鯨の歴史やかくれキリシタンなどを生月のいろいろなことを知ることができます。
駐車場も余裕がありあり車で来た人はここで降車して巡回バスで巡るのがいいと思います。
もし時間に余裕があれば終了後でも3時間もあれば島の北部にある大バエ灯台や塩俵の断崖やドライブに快適なサンセットウェイなど生月の観光地を車で巡ることができます
『春日集落』
平戸島の西岸にあり緩やかな斜面地になる潜伏キリシタン集落で構成資産の一つ。集落からはキリシタンの処刑が行われ殉教地として拝まれた構成資産の一つ『中江ノ島』がみえるそうです。なお『中江ノ島』には上陸できません。
また集落の東側に位置する神道や仏教の信仰地であった『安満岳』は潜伏キリシタンにとっても信仰の対象であり構成資産となっています。6月に集落の案内所『かたりな』が出来ています。集落で伝承されてきた資料などが展示しておりお茶のサービスもあるそうです。
『春日の棚田』
春日集落に位置する棚田は2012年に平戸島の文化的景観の一つとして国の重要文化的景観に選定されているそうです
『クルスの丘公園』(ガスパル様)
生月島の北西に位置する高台にある公園。園内にガスパル様と呼ばれる殉教碑があります。ここは布教活動を行ったガスパル神父が十字架を建てた場所であり最初の殉教者であるガスパル西玄可が処刑された場所でもあるそうです。10台くらいですが駐車場があるようです。

生月の島の館を拠点に無料バスが運行されるのは良いことだと思います。前にも書きましたが生月島は今回構成資産に選定はされませんでしたがかくれキリシタンととても関連深い地なのです。生月の島も巡ってもらえたら更に禁教時代や捕鯨など生月島の歴史を知ってもらうきっかけになると思います。
交通の便が良くないところなので事前に路線バスや巡回バスなどきちんと時間を調べて効率的にめぐるのがベストだと思います。
生月自動車も状況をみて利用者の状況をみてもし多いようだと平戸ー生月の路線バスの臨時運行とか考えてほしいですし来年以降や祝日の運行も検討してほしいです。
多くの人に訪れてほしいです


※西日本新聞 ほっこりHIRADOなど参考にしました


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/950-d99a3a43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)