FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



松浦鉄道30周年
松浦鉄道が30周年


1988年にJR九州の松浦線が第三セクターに転換されて30年が経ちました
30周年に合わせて松浦鉄道では「おかげさまで松浦鉄道30周年 嬉しいこと♪楽しいこと♪ もりだくさんの1年間」と今年一年様々な企画やプレゼントが用意されています。

プレゼントの内容が書いてあるパンフレットが佐世保駅構内に置いてあります。おそらく有人駅を中心に他の松浦鉄道の駅にも置いてあると思います。また松浦鉄道のホームPページにも掲載されています(もう終了している企画・プレゼントもあります)

◎主なプレゼント・企画
1、 鉄旅 日帰りプラン  
  サムソンホテル日帰りプラン無料招待  鉄旅の日帰りプランで「たびら平戸口駅」の近くにある「サムソンホテル」のなごみの湯  がシルバー(65歳以上)限定で10名    (20名)にプレゼント 締め切り6月末日
2、 ビール列車無料招待      すでに締め切り終了
3、 鉄旅 宿泊プラン 無料ご招待
    鉄旅の宿泊プラン   たびら平戸口」が最寄りのサムソンホテル(平日プラン10900円) 蘭風(平日プラン9700円)をペ    ア20組(40名)にプレゼント 締め切り7月末日
4、 1日乗車券プレゼント
    50名に1日MR全線を乗り放題できる乗車券プレゼントされます  締め切り11月末日
5、 1年間無料乗車証プレゼント
    3名に1年間無料で松浦鉄道全線を乗車できる特別乗車証ガプレゼントされます 締め切り11月末日 
6、 30周年感謝デー
     MRを200円で乗車できる感謝デーですがこらから平成30年は10月、11月、平成31年3月に実施予定です
7、 ビール列車の運行
    毎年恒例の人気企画ビール列車が今年も運行されます
    期間は7月~9月まで、佐世保コース(佐世保―佐々)、伊万里コース(伊万里ー松浦)で運行 3800円
8、 小中学生無料乗車券プレゼント
    先着500名に夏休みの期間中に好きな日に使える無料乗車券プレゼント 7月1日~21日有人駅にて配布
9. 辻祐治氏写真展
    開業当時から長年MRを撮り続けている辻祐治さんの写真展  アルカスSASEBO交流スクエア(6月30日~7月6日)
10、松浦鉄道の旅
    秋の行楽シーズンに特別列車の運行が予定されているそうです
11、開業30周年感謝祭
    鉄道の日に30周年感謝祭を実施   会場は佐世保駅前広場が予定されているそうです
12、北農スクールツーリズム
    このブログでも紹介しました県立北松農業高校の体験ツアーが今回も計画されているようです
13、MRの健康ウォーキング
    年12回実施 第四土曜日が基本 今年は9月に2回実施 9月1日は世界遺産候補の黒島を巡るウォーキングも予定され    ています

また今年になり30周年ということもあってでしょうか松浦鉄道では新しいグッズなども販売されています。
第一弾として4月21日に5枚入り1セット300円で2種類(沿線の花々と列車のカードと沿線の景勝地のカードの2種類が
第二弾として4月28日にマスキングテープ300円(車両と路線の絵柄の3種類)とオリジナルラバーキーホルダー500円(車両とマスコットの2種類)が
第三弾として5月26日にキャラクターと車両が描かれたオリジナルメラミンカップ500円が
そして6月1日より絵馬として今福神社(最寄駅今福)のお祓いを受けた特製絵馬が2種類、切符をセットに販売されています
今福から夫婦石行(夫婦円満の絵馬+切符2枚)、今福から大学行合格祈願の絵馬+(切符1枚)
といろいろな切符やグッズが発売されています

  
30周年となりいろいろとプレゼントや企画・グッズや特製の切符など用意、計画されているようです
私も当選はしないでしょうが鉄旅・宿泊プランに応募してみました
沿線の過疎化、西九州自動車道の整備など厳しい状況にあると思いますが相浦駅から近い相浦港からフェリーで行くことができる黒島や「たびら平戸口」から行くことができる平戸島内でも2つの構成資産が世界遺産候補に挙がっていることなど明るい話題もあります
(西田平駅の近くにある「田平教会」が長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産から外れてしまったのが本当に残念ですが…)
こらからも地域の足、観光客の足として31年、32年…と歴史を刻んでほしいです


※松浦鉄道のホームページを参考にしました

  
 
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/942-dd639075
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)