FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



エルマンノ・オルミ
エルマンノ・オルミ

このところ、時間がとれなくてなかなか更新できない状況が続いています。

イタリアの映画監督エルマンノ・オルミが5月7日に亡くなりました。
このところミロス・フォアマン、タヴィアーニ兄弟の兄ヴィットリオとヨーロッパ出身の有名で重要な監督が相次いで亡くなっています。オルミが1931年生まれで、4月に亡くなったタヴィアーニ兄弟の兄ヴィットリオが1929年生まれ(弟のパオロが1931年生まれ)、そしてフォアマンが1932年生まれとほぼ同年代になります。


私が学生時代の頃に東京を中心にミニシアターが誕生したりビデオが普及してそれまで日本で観ることができなった映画をみる機会が増えました。地方でも東京など大都市ほどではありませんが観る機会が増えました。
私が大学時代を過ごした徳島では関西のテレビ放送を視聴することができて関西テレビ、読売テレビやテレビ和歌山などで深夜時間帯などに特集が組まれたりして今ではDVD化されていない映画やサイレント映画なども含めていろいろな映画を観ることができました。もちろん映画館にも行っていましたしビデオもみていましたし余裕があった下級生の頃は1週間で20本以上は観ていました。オルミの『木靴の樹』やタヴィアーニ兄弟の映画(『父/バードレ・バドローネ』)もミロス・フォアマンの映画(『カッコーの巣の上で』、『アマデウス』)もそんな学生時代に観ることができました。当時は毎日、漠然とみていましたが今考えるとそれぞれ個性的で面白い映画でした。

オルミの映画は『木靴の樹』しか観ていなくてそれもずいぶん、昔に一度、観ただけなのですがこの映画は素晴らしいと思います。
ドキュメンタリーではないのですが北イタリアの小さな村の農家が淡々と描かれています。
3時間くらいの長い映画で、最初は退屈というか長いなあ…と思うのですがだんだんと映画に引き込まれて最後は感動でいっぱいになります。
スターが出てくるハリウッド映画とは対極にある、淡々と画面から訴えかけるような不思議な力のある映画です。
「現在」を描いているわけではありませんが今思うと庶民の生活を描いたロッセリーニやデ・シーカ達に代表されるイタリアン・リアリズムの映画の伝統を受け継いだイタリア映画だったかもしれません。


ウッキペディアなどによるとオルミは1953年に22歳で映画監督としてデビューしています。
その後ドキュメンタリー、短編映画を20本以上製作し1959年に最初の長編映画を発表しています。
そして早くも2作目でヴェネツィア国際映画祭などで映画賞を受賞、3作目『婚約者たち』をゴダールが1964年のベストテンでベスト1に選出しているそうです。
日本では公開されていない作品も多いのですが割とコンスタントに(といっても7年くらいの空白もあるようですが)作品を発表しているようです。

2016年に日本で公開された、おそらく遺作となった作品が『緑はよみがえる』です。
戦争ドラマのようですが緑がタイトルで使われています。『木靴の樹』で自然の緑がとても美しく印象的だったことを思い出しました。ドラマのなかで再び緑が効果的に使われているのかなぁ…と思ったりします。
『木靴の樹』も含めいろいろと作品を観てみたい監督です。ご冥福をお祈りします

≪フィルモグラフィー≫~ウィキペディアより~
Il tempo si è fermato (1959年)
定職 Il Posto (1961年)
婚約者たち I fidanzati (1963年)
E venne un uomo (1965年)
Racconti di giovani amori (1967年)
Un certo giorno (1969年)
I recuperanti (1970年)
Durante l'estate (1971年)
事情 La circostanza (1974年)
木靴の樹 L' Albero degli zoccoli (1978年)
Camminacammina (1983年)
偽りの晩餐 Lunga vita alla signora! (1987年)
聖なる酔っぱらいの伝説 La Leggenda del santo bevitore (1988年)
ミラノ Milano (1989年) ドキュメンタリー
Il segreto del bosco vecchio (1993年)
Genesi: La creazione e il diluvio (1994年)
ジョヴァンニ Il Mestiere delle armi (2001年)
屏風の陰で歌いながら Cantando dietro i paraventi (2003年)
明日へのチケット Tickets (2005年) オムニバス
ポー川のひかり Centochiodi (2007年)
楽園からの旅人 Il villaggio di cartone (2011年)
緑はよみがえる Torneranno i prati (2014年)
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/926-c4238d5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)