FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



木下忠司さん

木下忠司さん

木下恵介監督の実弟で数々の映画音楽やドラマの曲を手掛けられた木下忠司さんが4月30日に亡くなりました。102歳でした。
ウィキペディアによると武蔵野音楽学校(現:武蔵野音大)で声楽を学び卒業後新交響楽団(現:NHK交響楽団)の機関誌の編集に携わった後、招集され軍隊勤務、復員後に兄恵介の紹介で松竹の音楽部員となり木下恵介監督の『わが恋せし乙女』の音楽を担当、映画音楽の道に進んでいます。
同監督の『破れ太鼓』(1949)では出演し、ピアノの演奏も主題曲も披露されているそうです。

allcinemaで木下忠司さんのプロフィールをみてみると本当にたくさんの作品で音楽を担当されています。
木下恵介監督の映画だけでなくいろいろな監督のドラマや喜劇、任侠もの、時代劇や怪獣映画、アニメ…など映画やテレビドラマなど幅広く活動されています。

私が映画の主題曲としてはっきりと曲として覚えているのは有名な『喜びも悲しみも幾歳月』の主題曲。
これは『思い出のメロディー』などの歌番組でもよく歌われていました。映画も大好きですし一番有名かもしれません

聴いたことはありませんが『木下忠司の世界』という木下忠司さんが手掛けた映画音楽18曲が収録されたされたCDがあるようでそのなかには大好きな『お嬢さん乾杯』や、『二十四の瞳』、『野菊の如き君なりき』など木下恵介監督の作品や山田洋次監督の『なつかしい風来坊』(大好きな映画です)などが収録されているようです。
このCDには収録されていませんが山下耕作監督で萬屋(中村)錦之介主演の『関の弥太っぺ』も手掛けられています。
好きな映画です。
テレビではその萬屋錦之介が鬼平を演じた『鬼平犯科帳』の音楽や『水戸黄門』の音楽も担当されています
この二つはテレビでも今でもよく再放送されているので知られていると思います
特に『水戸黄門』の主題曲は誰でも知っている(若い人は知らないかもしれませんが)有名な曲だと思います。

木下恵介監督はその功績の割にあまり取り上げられない監督さんだと思います(私もあまりみていません)がましてや木下忠司さんや実妹で脚本家の故楠田芳子さんのことはあまり知られていないのではないかと思います。
これからでも少しでもその功績に光が当たればと思います
ご冥福をお祈りします








スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/925-faa54e62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)