FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



波佐見町にボルタリング施設 (長崎県波佐見町西の原)
波佐見町にボルタリング施設


一時の不況から脱出し近年はおしゃれなブランドとして若い人にも人気がある「波佐見焼」。

その窯元がある波佐見町には波佐見焼のいろいろな作品や歴史を学べる『波佐見町陶芸の里』、その近くにある野外博物館『世界の窯広場』、陶器の里になる中尾山、鬼木の棚田、そしてかつて波佐見焼の製陶所の建物を利用していろいろなお店が出来ている『西の原』などいろいろと魅力的な場所があります。

その若い人に人気がある『西の原』にボルタリングを楽しめる施設がオープンしています。西日本新聞(3月17日)からです。

「ボルタリング」とは東京オリッピックの新しい競技種目として注目を集めているスポーツクライミングの種目の一つになります。
5m以下の高さの壁に設置してあるホールド(石のようなとっかかり)を手と足だけでよじ登るスポーツで競技では色テープで指定されたルート課題を時間内にいくつ完登できたかを競うそうです。
スポーツクライミングには他に「リード」と「スピード」の二つがあるそうです。
「リードクライミング」では12m以上の壁をヌンチャク(クイックドロー)をかけながら登る競技で設定されたルートでどこのホールドまで到達したかを競うそうです。
もう一つの「スピードクライミング」は10mか15mの壁を上から垂れ下がっているロープ(トップロール)で登っていきいかに早くゴールまで登りきるかを競うそうです(YAMA HACKのホームページを参考にしました)
3つの種目のなかではボルタリングが一番狭いスペースでいろいろなコースを設定し安全を徹底すれば子供から大人まで楽しめそうです
以前、NHKの番組で偶然ですが佐賀県多久市の高校のボルタリングクラブを紹介していました。
番組では学校にある壁に地域の小学生や中学生達も学校帰りに気軽にボルタリングに取り組んでいました。、先生だけでなくみんなでアドバイスしあったりとやスポーツとしてだけでなく地域のコミュニケーションとしての役割も果たしているようでした。全国大会で活躍する人もいるようでした。

「西の原」に今回できるボルタリングの施設はカフェや雑貨、陶器などのお店が入っている製陶所跡の建物の中に天井が高い倉庫がありその倉庫をなにか生かせないかと所有者である「西海陶器」の社員が発案して誕生したそうです。

施設の名前は『スタジオ833WALL(はさみウォール)』。
3月1日からオープンしています
『スタジオ833WALL』の経営者は東京のボルタリングジムで指導経験がある方だそうでボルタリングの壁は高さ約4m、幅約20mの大きさで4種類の傾斜がつくられており初心者から上級者でも楽しめるようにつくられているそうです。

新聞には子供の遊び場が少なかったのでお店を巡る家族連れには歓迎されるのでは…と書かれています
確かに子供が楽しめるスペースは少なかったかもしれません。
ボルダリングは名前は知っていても実際の壁をみたことがある人ややったことがある人は少ないと思います。
観光客のカップルや家族連れのなかにはちょっとやってみよう、家族で楽しんでみようという人はある程度いるかもしれません。面白いと思います。
また波佐見の人や観光客だけでなく佐世保など近辺からボルダリング目的で来る人もいるかもしれません。

最近注目を集めている、波佐見町そして西の原ですが残っていた天井が高い倉庫を再生した楽しめるスポットがまた一つできたようです。


※西日本新聞を参考にしました

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/904-0b2fee23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)