FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



西海 八ノ子島みなとまつり(長崎県西海市)
西海 八ノ子島みなとまつり(長崎県西海市)


西海市西海町にある横瀬浦。
今は小さな静かな港町ですがここはかつて平戸港での交易が出来なくなったイエズス会が大村藩主大村純忠の招きにより1562年に次に布教、交易の場として選んだ港でした。
純忠が洗礼を受け、『日本史』の著者である宣教師ルイス・フロイスが上陸し布教活動を始めた場所でもあります。
ポルトガル船の寄港などで賑わった横瀬浦は、大村純忠の義弟たちによる焼き討ちにあいわずか1年間で焼失してしまい繁栄は失われてしまいました。
港は再建されることなく布教や南蛮交易の港は長崎へと移ってしまいます。
わずか1年間でしたが地名や史跡、資料館、公園(協会跡)記念碑など往時の繁栄を偲ばせるものも町には残っています
また天正遣欧少年使節の一人、中浦ジュリアンは西海市が出生地であり関連の記念碑や公園なども近隣に残っています

横瀬浦の開港から今年が455年になるそうで開港455年を記念して23日にイベントが開催されます。

『西海八ノ子島みなとまつり』
【日時】 2017年12月23日(日) 10:30~
【会場】 海の駅 船番所周辺で

会場では屋台も建ち西海市の特産物などが販売されます
10:30~   餅つき・餅の販売、焼き芋や野菜など農産物の販売、牡蠣など海産物の販売
         串焼きや焼きそばなどの販売   フリーマーケット

12:00~  3組のアーチストによるステージコンサート
          「山本弘幸」、スティールバンのバンド「カリビアンブリーズ」、「Suger free 武藤」

17:00~  八ノ子島のイルミネーション点灯式
今回のイベント名にも使われている「八ノ子島」は横瀬浦の沖合約300mに浮かぶ無人島で交易が盛んだった1562年に島の頂上に十字架が立てられ、船からの町の目印としてまたシンボルともなっていたそうです。
1962年に南蛮船渡航400周年を記念して再建され2009年に修復されたそうです。
この十字架で地元の有志の方によりイルミネーションの点灯が行われるそうです

会場となっている「海の駅 船番所」は地元でとれた海産物、農産物などの食材を使用したバイキングが楽しめるレストランになります。10年以上前になりますが私も2度、利用したことがあります。

光り輝く十字架はとても幻想的で美しいそうです。
アクセスは佐世保からだとバスは乗り換えでかなり難しく船もありますがは不便になのでどうしても自家用車になると思います。
長崎などからも車になると思います。

クリスマス前によい思い出となるかもしれません


※西海市のホームページ参考にしました。


  
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/866-59a15fb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)