FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



新装『長崎オランダ村』にミニシアターがオープン
長崎オランダ村 西海シネマ館とクリスマスコンサート

11月27日に長崎県西海市西彼町の『ポ-トホールン長崎』は施設名を12月より『長崎オランダ村』に変更し再スタートを切ることを発表しました。
1983年に開業し、2001年に閉園した『長崎オランダ村』の名前が16年ぶりに復活しています。
『長崎オランダ村』の商標権はかつて一体運営していた『ハウステンボス』が持っていたそうですが無償使用を許可して、運営会社名も『ホーランドビレッジ』から『長崎オランダ村』へと変更されたそうです。

これまで通り入場料は無料で敷地内の施設の利用時に料金をもらうシステムとなっています。
看板やホームページなどを順次変更していき、リニューアル第一弾として12月16日より売店の建物の中に小型映画館『西海シネマ館』が12月16日よりオープンするそうです。入場料はワンコイン(500円)になります
また今後、映画、音楽、演劇に関心のある人向けのイベントが企画されており現在は音楽ライブ(下記参照)や手作りランプを持ち歩くライトアップイベントが早速、計画されています。
映画館は定員が30名なので本当のミニシアターだと思いますがオープニングとなる12月は『街づくり』をテーマにした下記の作品が1日3本上映されるそうです。

12月16日~12月30日まで
『じんじん』(2013年)  10時30分~
監督・山田大樹、脚本坂上かつえ、音楽・吉川清之、撮影・小松原茂
北海道上川郡剣淵町の『絵本の館』に感銘した俳優の大地康雄さんが自ら企画、主演した絵本の読み聞かせをテーマにした人の優しさや親子の絆を描いたハートフルなドラマだそうです。
かつて大地さんはやはり自らが企画、脚本、製作総指揮、主演した『恋するトマト』rという映画をつくっています(私は自主上映会で映画館で観ることができました。)


『夏休みの地図』(2013年) 13時~
監督 深作建太、企画・脚本 鴨義信、撮影 鈴木一博、音楽 染谷俊
出演 本屋敷健太、山本太郎、奥菜惠

監督は深作欣二の息子さんの深作健太さん、『バトルロワイヤル2』を完成させた人です。映画は夏休みの宿題で街の地図を描くことになった少年が町の歴史を少しづつ学んでいく広島発の地域密着映画だそうです。

『信さん・炭鉱町のセレナーデ』(2010年)   15時30分~
監督 平山秀幸 原作辻内智貴  脚本 鄭義信 撮影 町田博、音楽 安川午朗
出演 小雪、池松壮亮、」石田卓也、柄本時生
平山監督が故郷福岡を舞台に炭鉱町に生きる人々を描いたヒューマンなドラマだそうで評価も高い映画だそうです。
たしか長崎でもロケをしていると思います
平山さんは『学校の怪談』や『愛を乞うひと』などでおなじみの監督さんで最近の作品は観ていませんが気になる監督さんでもあります。


地方が舞台でラインアップも素晴らしいのではないかと思います。観に行くのは難しいと思いますが時間があれば観に行きたいと思う作品ばかりだと思います。
今後も長崎を舞台にした作品とか、長崎に縁のある作家や俳優、監督の作品とか、炭鉱とか教会や島が主要舞台となる作品とか日ごろ、あまり見ることが出来ないようなステキな映画を地道に上映続けてほしいです。

また音楽の方では12月17日の日曜日に

長崎オランダ村クリスマスコンサートとして
★東京都出身でシンガー・ソングライターでチェリスト・イラストレーター、デザイナーでもあるという分島花音さん
☆来春デビューという洗足学園音楽大を主席で卒業した4オクターブの声の持ち主KEI・WAKANAさん
★長崎をメインに福岡・東京などでライブ活動を行っている高浪慶太郎(歌・ギター)、市場美奈(歌・フルート)のデュオユニット
の豪華三本立てのコンサートが開催されます

【会場】 長崎オランダ村SAIKAIキッチン
【時間】 12月17日(日) 17時30分開場 18時~20時
【料金】 ワンドリンク付き4500円
チケットは先着120名売りきれ御免

長崎オランダ村の名前はたぶん30代以降の人には認知度はあると思います。
名前をいかしてかつてオランダ村を訪れた人にも楽しんでもらえるような施設になって欲しいです。
音楽のことはよくわかりませんが森の中という現在の環境がいいのかもしれませんが同じ西海市にある『音浴博物館』を施設内に誘致してはどうかと思います。
お金がかかることは難しいでしょうが西海市の観光、文化、流通、情報の拠点として第二弾、第三弾…と施設をリニューアルして観光客、地元の人が無料で気軽に行ける漠然としてますがなつかしさや温かさがあるような場所となって欲しいです。


ハウステンボスやバイオパークとの連携は大切だと思います。
交通網の整備は難しいでしょうが不便なところなので船やバスなどで長崎やハウステンボス、佐世保、長崎空港などと行き来が容易になるとよいなあと思います


※西日本新聞、日本経済新聞、産経新聞の記事、長崎オランダ村のホームページ、allcinemaを参考にしました



スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/862-24382ba4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)