FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



路傍の男(1923年 ドイツ)~最初の監督作品~
路傍の男(1923年 ドイツ)~最初の監督作品~

ウィリアム・ディターレ(ドイツ名ヴィルヘルム・ディーテルレ)は1893年にドイツのルートヴィヒスハーフェン・アム・ライン(ドイツ帝国時代のラインハルト)で生まれています。
ウィキペディアによりますと家が貧しく物心つく頃から働き始めたそうです。
舞台へのあこがれがあり16歳でグループ劇団に入り俳優となり国内やスイスを巡業し舞台の他に1911年から1914年まで映画にたびたび出演したと書かれています
ただインターネットムービーデータベースによると俳優としての最初の映画は2013年の作品となっており違いがあります。
最初の頃はエキストラみたな役だったのかもしれません。
前も書きましたが1918年にマックス・ラインハルトの劇団に所属するようになり本格的に活動するようになり1920年から本格的に出演するようになり俳優として活躍・成功しています。
やがて監督にも興味を持つようになり1923年に最初の映画『路傍の男』を監督しているようです
この作品に関しては『オリンピアと嘆きの天使』(中川右介著、毎日新聞出版社)に記載があります。
この本はマレーネ・ディートリッヒとレニ・リーフェンシュタールの二人の女性の軌跡が描かれており、少しですがサイドストーリーとして原節子とオードリー・ヘップバーンも登場するとても興味深い面白い本です

この本にディターレの最初の監督作品が記載されているのはマレーネ・ディートリッヒがこの映画に出演しているからになります
ディートリッヒにとって『路傍の男』は『小さなナポレオン』、『愛の悲劇』(いずれも日本未公開のようです)につぐ3本目の作品になります(1919年に1本の映画に出演しているという資料もあるそうでその場合は4本目になります)
この3本とも1923年に本国で公開されているようで公開順としては『路傍の男』が最初の公開作品になるようです。
また他の2作品はエキストラのような作品になるようですが『路傍の男』では『オリンピアと嘆きの天使』によるとタイトルでは10番目の記載になるようです。(インターネットムービーベースでは7番目の記載になります)
撮影期間は本によると1923年4月末から5月中旬にかけて、ドイツでの公開は6月6日となっています。
なおデートリッヒは映画の撮影中か撮影終了後か定かではありませんが『愛の悲劇』の助監督であったルドルフ・ジーパーと1923年5月17日に結婚しています。


『路傍の男』Der Mensch am Wege (1923・ドイツ)
トルストイの民話が原作となっているようです。トルストイの民話というと『イワンの馬鹿』が有名というかそれしか知りません。
路傍の男も有名な話かもしれませんが私は知りません。大きな本屋に行くことがあれば探してみたいと思っています。
ディートリッヒは娘役で出演しているそうです またディターレ自身も出演しています。内容や上映時間や他のキャストなど詳しいことはよくわかりません。

監督    ヴィルヘルム・ディーテル(ウィリアム・ディターレ)
原作    レオ・トルストイ、 
シナリオ  ウィリアムディターレ
キャスト
Alexander Granach Emilia Unda Emilia Unda . ウィリアム・ディターレ Heinrich George Wilhelm Völcker Sophie Pagay
マレーネ・ディートリッヒ Wilhelm Diegelmann Liselotte Rolle

ディートリッヒですがハリウッドでスタンバーグは勿論ですがエルンスト・ルビッチ、ビリー・ワイルダー、フリッツ・ラングなどドイツ出身の監督の作品にも出演しています。
ディターレとも『路傍の男』から約20年後の1944年、今度は『キスメット』(未見です。DVDは発売されています)で主演女優と監督としてハリウッドでコンビを組んでいます。 『キスメット』は何回も映画化されている作品ですがディターレは1931年にもドイツで映画化しています。この作品はリメイクというか2度目の映画化になります。それ以前にも別の監督で映画化されていますし、その後も何度か映画化されているようです 。
(ディートリッヒに関する本は自伝とかも翻訳されています。スタンバーグのこともあるし自伝も含め読んでいない本が多いので.読んでみたいと思ってはいます。)

ディターレのドイツ時代の監督作品はすべて日本未公開作品のようで本とか探したりしていますがよくわかりません。
俳優としての出演作品は私は観たことはありませんがF・W・ムルナウの『ファウスト』(未見です。DVDが発売されています)とか日本公開もされている有名な作品にもいくつか出演していているようです。



※ウィキペディア、インターネットムービーデータベース、オリンピアと嘆きの天使(中川右介著・毎日新聞出版)を参考にしました

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/833-578a4d74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)