FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



へい!ちくてつ1日フリーきっぷ(筑豊電鉄&平成筑豊鉄道)
へい!ちくてつ1日フリーきっぷ

2017年8月10日からですが福岡県の二つの鉄道会社、平成筑豊鉄道と筑豊電鉄の二つに自由に乗車できる1日フリー切符が発売されています。
価格は1500円で小児などの設定はないそうで発売枚数は800枚限定。発売期間も来年の8月9日までとなっています。
購入した際には特典として表裏に築鉄の筑豊直方、平成筑豊の直方の駅名が記されたキーホルダーが進呈され土日祝日は小児一名が無料で乗車できます。

平成筑豊鉄道は筑豊地区で旧国鉄の特定地方交通線だった伊田線(直方ー田川伊田)、田川線(行橋ー田川伊田)、糸田線(金田ー田川後藤寺)の3つの線を1989年から運営している第三セクターの鉄道会社になっています。また2009年からは貨物線跡などを利用した門司港レトロ観光線(九州鉄道記念館ー関門海峡めかり)も運行しています。ただフリー切符では門司港レトロ観光線は対象外となっています。

筑豊電鉄は黒崎駅前から筑豊直方まで16kmを結ぶ路線で西鉄の完全子会社になります。
かつて西鉄の北九州本線が存在したころはその支線みたいな感じでしたが北九州線が廃止となり北九州線の黒崎駅前ー熊西間も筑豊電鉄となっていますホームページには筑豊電鉄の『筑豊直方」と平成筑豊鉄道の『直方」駅が近い場所に位置していていると書いてありますが歩くと15分くらいはかかります。
筑豊電鉄はかつては飯塚、福岡への延伸計画があり筑豊直方駅は市の市街地から離れた場所に高架駅として取り残された感じの構造をした駅となっています
これまでは同じ直方という駅ではありますが駅と駅との距離が離れていることやJR線もあるので両方の鉄道を乗り継ぐ人、交流などはほとんどなかったのではないかと思いますが共通のフリー切符の発売されることでお互いの鉄道の存在も知ったり、再認識されることは大切だと思います。
観光資源に恵まれた路線ではありませんが西鉄のホームページで紹介されているように沿線には温泉や美術館、長崎街道の宿場町などの魅力的な施設もあるようです。時間があれば購入してみたい切符です。


筑豊直方駅は筑豊電鉄の終着駅(始発駅)になりますがに2年ほど前になりますがここから市の中心部にあるJR・平筑の『直方駅』までの延伸や需要予測などを検討するための予算を1000万円計上した話が出ていました。
採算的に難しいなどで立ち消えになったのかまだ具体化されていないのか理由はわかりませんがただ続報はまだないようです。
採算的には難しいかもしれませんが延伸が実現すれば直方地区の利用も増え便利になり新しいお客も開拓できると思います。ぜひ、実現してほしいと思います。

以前も書いたことがあるかもしれませんが筑豊電鉄は私は好きな鉄道線で学生時代、帰省する際にときどき乗っていた路線でした。今年の3月からはLRT5000形の低床車両の運行が開始されるなど新しい話題もあります。
両鉄道ともに運営的に厳しいと思いますが地域の交通を支える大切な足です。
こういうコラボ企画の切符などでJRも含め鉄道会社同士の交流が深まり、また少しでも乗車に繋がると良いですね。
今回の一日フリー切符、たくさんの人が購入し限定ではなく恒久的に発売されるようになれば…と思います。


※平成筑豊電鉄、筑豊電鉄のホームページ参考にしました
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/805-566393dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)