FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



拠点港への選出    ~浦頭の話題2~
拠点港への選出    ~浦頭の話題2~


国土交通省は平成29年1月31日に官民連携による国際クルーズ拠点を形成する港湾に横浜、清水、佐世保、八代、本部、平良の6港を選定しています
この6港では大手クルーズ会社と自治体(港湾管理者)が連名で提出した拠点形成に向けた計画書に基づき、2019年~2020年度を目途にクルーズ船の拠点港としてハード・ソフト両面で整備を行っていきます

佐世保ではこれまでの市の中心部の佐世保港(三浦岸壁)のほか、針尾島にありハウステンボスにも近い浦頭港も寄港拠点として整備して2020年の供用開始を目指しています。
整備は佐世保市が豪華客船のl『クイン・メリー』などを所有する世界最大のクルーズ会社『カーニバル・コーポレーショ&PLCン社』や国と連携して進めていく予定で完成後は桟橋の利用はカーニバル社が優先的に使用できるようになる予定です

浦頭港はかつて第二次世界大戦直後は、引き揚げ港として利用されました。
九商フェリーの問題でこのブログでも書いた港ですが現在はガスの工場や小さな造船所があったり渡船ばらもんが停泊している静かな港です。
計画では国が海底のしゅんせつ工事と16万トン級のクルーズ船が接岸できる桟橋を建設。昨年には浦頭を視察しターミナルビルの建設も決めたカーニバル社が税関・検疫・出入国管理などの機能や地元物産品の販売所などを備えた旅客ターミナルビルを建設。市は桟橋建設の費用の一部負担のほか駐車場、周辺道路の整備を進めると連携しながら整備を進めていくようです。

一方、現在クルーズ船が停泊している市の中心部の三浦地区では現在、16万トン級クルーズ船に対応するために着手している岸壁の延伸工事を今後も進めていくそうです。

2016年は佐世保港は全国第9位の64隻(1位は」博多港、2位は長崎港)でしたが拠点港として運用が始まる2020年には両港で約270隻の寄港を目標としているそうです。
カーニバル社は上海を拠点に東シナ海に17隻のクルーズ船を現在、運用しているそうで今後、年間に300回の寄港を計画しています。
そのことを踏まえ佐世保市では2024年には目標を370回の寄港に設定しているそうです。

これから浦頭港は大きく姿を変えようとしています。




スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/744-f15f0d40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)