FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



『ホテル咲と都』の報道 を読んで
ホテル咲と都の報道

2017年12月10日の長崎新聞によりますと西海市崎戸町の『ホテル咲と都(さきと)』そしてホテルに併設する『崎戸漢方ラジウム温泉』、町内にある『崎戸RV(レクリエーショナル・ビークル)宿泊施設』の三施設の運営している『咲と都みとこの会』が経営不振を理由に今年の3月末での撤退を検討しているとの報道がありました。

『ホテル咲と都』は昭和47年にオープンした国民宿舎「御床島」が前身になります。その後、町が7億円かけて2003年に新しいホテルとして建て直し指定管理制度により市内にある『咲き都みことの会』という組織が運営しています。建物は鉄筋4階建て延べ面積約3000平方メートル。客室は17室あり最大収容人数65名になります。
私は宿泊したことはありませんがずいぶん前に、お昼ご飯を食べに行ったことがあります。伊勢えび料理が名物でロビーに生きたエビが水槽か何かに入れてあったと記憶しています。場所は崎戸島の一番奥になりちょっと不便なのですが路線バスもホテルまで本数は少ないですが通っています。
目の前には無人島で灯台がある御床島があり大潮のときは陸続きとなります。眺望は素晴らしく、みたことがありませんが夕陽がとてもきれいだそうで露天風呂からもみえるそうです。(中村俊介さんが浅見光彦を演じていた2時間ドラマで宿泊していました。)
RV村は宿泊が出来る冷暖房付きのトレーラーハウスが設置してあり海水浴やバーベキューなどが体験できます


報道によりますとホテルは崎戸町、西海市の主要宿泊施設として年間売り上げが1億円を超えた年も過去あったそうですが施設の老朽化が進んだりしてリピーターが減り、長崎やハウステンボス・佐世保から一時間以上かかるなど交通の便の悪さや熊本地震の影響などもあったようです。
運営者は力不足を認めたうえで施設の修理、改修を市に求めていたが理解していただけなくて残念と話しをしています。
また市としては存続させ今後の活用策を検討しなければいけない…と述べているので運営会社と市で話し合いは持たれたのでしょうが改修した際の費用負担などで意見が折り合わなかったのかもしれません。

これは本当に残念なニュースです。 西海市はやはりオランダ村の跡地に出来ている『ポートホールン長崎』が思うように入場者が伸びずに従業員を削減していますし、やはり本土と橋で結ばれている松浦市の『鷹島モンゴル村』も存続の危機にたっています。
また平戸のホテル旗松亭も中国系の会社が買収するという報道もあります(日本の会社で再建して欲しいです)
鷹島も大島・崎戸も橋で本土と結ばれた際は大きな話題となり多くの観光客が訪れていましたが時間が経つと話題性も薄れ、いずれも大きな観光ルートからは外れており福岡から遠く交通の便もよくないので厳しい状況になっているようです

崎戸町のことは以前書いたことがあると思いますが大島造船所がある大島(町)の隣にあり本土の西彼杵半島から寺島、大島、蠣浦島、崎戸島と橋で結ばれていてそのうちの蠣浦島(こちらが人口が多く崎戸町の中心になります)、崎戸島そして五島との間にある平島、江島の二つの有人島から構成されています。
かつては捕鯨が行われ、その後炭鉱でも栄えましたが捕鯨も衰退し、炭鉱も閉山し現在は水産業が産業の中心で閉山後につくられた三菱グループの大きな製塩工場もありますが過疎化は進んでいます。
炭鉱住宅などかつての炭鉱の面影も残っていますが時とともに少なくなっていると思います。(映画のロケで使われたこともあります)
島には千畳敷や全長260mのデッキが海に伸びているウォーターデッキステーション、炭鉱や捕鯨の歴史がわかる歴史民族資料館(佐世保との縁も深い井上光晴の資料館もあります)など見所もあるのですがあり『ホテル咲と都』は今は西海市の一部となっていますが崎戸町のシンボルのような存在ではないかと思います。
市も存続させたいようですし、運営者も撤退を検討している段階なのでまず現在の体制で存続できないのか、県や国・民間企業からの援助などは無理なのか…など時間はありませんがなんとか良い方向で存続して欲しいですね。今後の推移を見守りたいです。


スポンサーサイト





コメント
ホテル咲と都
閉館の前に家族旅行で行きましたが、景観が良く夕日も綺麗で、直ぐ側に展望台も有り、食事も豪華で美味しかったので非常に残念です。また行きたいホテルでした。何か工夫をすれば(特徴を出せば)お客さんを呼べると思うのです・・・。また再開して欲しいですね。
[2019/03/22 01:08] URL | nakashu1 #fEG9TVkw [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/715-0e7117ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)