FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



ウィリアム・ピーター・ブラッティ
ウィリアム・ピーター・ブラッティ

1月12日にアメリカの作家・脚本家・映画監督のウィリアム・ピーター・ブラッティが亡くなりました。89歳でした。

映画評論家の山田宏一さんが以前キム・ノヴァクが主演しウィリアム・ピーター・ブラッティが脚本を担当した『空かける強盗団』(1969年 ハイ・アヴァーバック監督)のことを題名は忘れましたが本に書かれていてそれを読んで以来、観たい映画とずっと思っていました。
昨年の12月に発売された『ヒッチコック映画読本』の第2章「jヒッチコック的美女と犯罪」に1996年『ゆうばり国際冒険・ファンタスティック映画祭』の「ヤング。ファンタスティック・グランプリ部門」でキム・ノヴァクが審査委員長として来日した際に『めまい』を中心に山田さんのキム・ノヴァクへのインタビューが掲載されていました。そのなかで山田さんが『空かける強盗団』のことも質問されていました。キム・ノヴァクが全裸で馬にまたがって銀行の前に現れる伝説の?シーンのこともインタビューされていました。
キム・ノヴァクはコメディは大好きで乗馬は好きで撮影も恥ずかしいより楽しめたと書いてあり改めてまた観てみたいなあ…と思ったりしたばかりでした。


ウィリアム・ピーター・ブラッティは1960年代に脚本家としてデビューしています。
『暗闇でドッキリ』(1964)、「地上最大の脱出作戦』(1966)、『銃口』(1967)、『暁の出撃』(1970)とブレイク・エドワーズ監督(『ティファニーで朝食を』、『ピンク・パンサーシリーズ』…)とのコンビが多いみたいです。
ピンク・パンサーシリーズの『暗闇でドッキリ』と『暁の出撃』は観ています。どちらも評判はあまりよくないと思いますが私は両方とも好きな映画です。

『エクソシスト』は公開時は観ていなくて随分経ってからテレビで観ました。
大ヒットした映画で続編などもその後、製作されていて私は『エクソシスト2』までは観ています。
『エクソシスト3』はウィリアム・ピーター・ブラッティ自身が監督もしているんですね。2はジョン・ブアマンが監督だったんですね.。知らなかったなあ…よくわからなかった1も含めて3作品とも、改めてみてみたいですね。

『エクソシスト』以降は小説家としての仕事が中心となっているようです。
私は読んだことはありませんが「センター18」とか「デイミター」など翻訳され創元推理文庫などから出版されたり映画化された作品もあるようです。

俳優や監督の名前は知っていても脚本家となると一部の有名な人を除くとほとんどの方を知りません。
私も山田さんの本を読んでいなければウィリアム・ピーター・ブラッティの名前は知らなかったと思います。
脚本家時代の映画も観てみたいです。
ご冥福をお祈りいたします。



スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/707-f79e8d17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)