FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



マイケル・チミノ
マイケル・チミノ

アメリカの映画監督のマイケル・チミノが7月2日に亡くなりました。72歳でした。
マイケルチミノというと監督二作目で早くもアケデミー賞5部門を受賞した『ディア・ハンター』の<栄光>。
そして次の作品『天国の門』の酷評、興行的大惨敗という<挫折>が思い浮かびます。

『天国の門』の失敗は(『サンダーボルト』、『ディア・ハンター』と順調すぎたキャリアへの嫉妬や反動が降りかかってきた一面もあるかもしれませんね。
これはずっと後になってから思ったのですがチミノの挫折は的外れで違うのかもしれませんがエリッヒ・フォン・シュトロハイム(『グリード』、『メリー・ウィドー』…)やオーソン・ウェルズ(『市民ケーン』、『偉大なるアンバーソン家の人々』…)が監督作をとれなくなったのと似ているかもしれない…と思ったりしました。


『天国の門』の惨敗などが原因で再起不能と言われていましたが5年後に『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』(1985)で監督に復帰。
そして『シシリアン』(1987)、『逃亡者』(1990)、『心の指紋』(1996)と続きます。
その後カンヌ映画祭記念のオムニバス映画『それぞれのシネマ』のなかで「翻訳不要」を撮っているようです。

結果的に生涯8本しか長編作品を撮っていないのはやはり『天国の門』の失敗が大きかったのかもしれません。
ただ90年代に入り、作品数が減り、『心の指紋』以降は長編作品を撮っていないのはそれだけでない別の要因があったのかもしれません。

私は『天国の門』は短縮版を一度だけ、『ディア・ハンター』も一度しか観ていません。
両方ともすごい映画とは思いますがもう一つ好きでないこともありマイケル・チミノの映画はあまり観ていません。
『シシリアン』以降の作品は見ていなくて、結局一番好きな作品は監督デビュー作の『サンダーボルト』になります。
この映画はイーストウッドが『ダーティハリー2』の脚本(共同)を気に入り、チミノを監督に抜擢したそうです。
できればイーストウッドともう一度、コンビを組んで欲しかったと思います。

オーソン・ウェルズは10年早かったと言われたりしますがマイケル・チミノはもっと早く生まれいればよかったのかもしれません。
『天国の門』は最近、再評価されているようです。『天国の門』の完全版や『シシリアン』以降の作品も機会があれば観てみたいですね。ご冥福をお祈りいたします。

《フィルモグラフィー》

『 サイレント・ランニング』  (1972 ) 脚本
『ダーティハリー2 』 (1973)  脚本
『サンダーボルト 』 (1974)  監督/脚本
『ディア・ハンター』  (1978)  製作/監督/原案  
『天国の門 』 (1981)  脚本/監督
『 イヤー・オブ・ザ・ドラゴン 』 (1985)  脚本/監督
『 シシリアン』  (1987)  監督/製作
『逃亡者』  (1990)  監督/製作
『ザ・ドキュメント・オブ・イーストウッド』  (1993)<未> 出演
『心の指紋』  (1996)  監督/製作 
『それぞれのシネマ ~カンヌ国際映画祭60回記念製作映画』~ (2007) 監督


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/633-909a5347
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)