FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



客貨混載の路線の拡大 (宮崎交通)
客貨混載の路線の拡大

昨年の10月1日より『宮崎交通』と『ヤマト運輸』が提携して路線バスが宅急便を輸送する『客貨混載』のシステムを西都市と西米良村を結ぶバス路線で西日本で初めて開始したことをこのブログでも紹介しましたが今回、新たに別の2路線でも『客貨混載』のシステムが開始されたことが発表されました。


『乗り物ニュース)(6月2日)、ヤマトホールディングスの発表などによりますと『ヤマト運輸』と『宮崎交通』は6月1日より新たに延岡市ー高千穂町、日向市ー諸塚村を結ぶ路線でも「客貨混載」のシステムを開始することを発表しています。

1、高千穂ー延岡を結ぶ路線バスを利用
高千穂町では9時15分までに預かった宅急便は当日中に県内全域に届くようになります。
延岡市で11時30分までに預かった宅急便は当日中に高千穂町に届くようになります。

2、諸塚村ー日向市を結ぶ路線バスを利用
路線バスの回送便を利用することで諸塚村、美郷村の集荷締め切り時間が15時→17時に2時間延長されるようになり便利になるります。

『宮崎交通』では西都市ー西米良村間のバス同様、座席の一部を荷台スペースへと改良した路線バスを各路線2台ずつ合計4台導入されているそうです。
バス会社としては路線バスの空きスペースの有効利用、新たな収入源を得ることもでき路線維持にも役立ちます。
宅配会社としては業務が簡素化でき、燃料も節約でき環境にもやさしい、地域に滞在できる時間が増えお客さんへサービス向上になる。
住民にとってはバス路線の維持にも役立ち、宅急便も現状より便利に利用できるようになります。
自治体にとっても路線バスなど住民の足の維持に役立ち住民サービスの維持などに役立ちます。
バス会社、宅配業者、住民、自治体いずれにもメリットがあります。
この取り組みはとても素晴らしいことと思います。
昨年より実施している西都市ー西米良村では集荷締め切り時間の延長などや路線バスが存続していることなどで地域の住民からは好評とのことです。

宮崎県は交通事情があまりよくなく『宮崎交通』がほぼ独占的に県内全域に路線を網羅しています。
地域それぞれで事情が異なるので一概にはいえないかもしれませんが過疎化が進んでバス路線を維持するのが難しい地域は多いと思うので検討してもよい地域はあるのでは…と思います。

地域の足を結んでいる路線バスには『客貨混載』の他にもいろいろな活用法があるかもしれません。
宮崎交通とヤマト運輸の今後の取り組みにも注目したいです。




スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/616-d5ee836e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)