FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



伊万里地区の交通事情(2013年春のJRダイヤ改正より)
 3月16日にJRのダイヤ改正が予定されています。長崎地区は長崎本線の(肥前山口ー諫早間)で普通列車が湯江始発が小長井始発へと延長されたり今まで季節列車扱いだった便が定期便に変更などが予定されている他は佐世保線も含めて大きな動きはないようです。
ただお隣の佐賀県と福岡県の間で運行されている筑肥線(姪浜ー唐津ー伊万里)のうち西側の唐津ー伊万里間がの運行本数が13本から10本へとかなり大幅な減便と運行時間の変更が予定されているようです。

 伊万里地区ではここ数年、路線バスの伊万里市内路線便などの廃止、コミュニティーバスの運行、伊万里バスセンターの廃止、松浦鉄道の伊万里ー松浦間の減便、西肥バスの佐世保ー伊万里間の大幅な減便…と残念な状況が続いています。

 伊万里焼という世界的にも有名なブランドがあり大川内山など観光地、名村造船所など大きな会社や久原の辺りにはポリテクセンターなど先端の工業団地もある…傍からみると頑張っている印象がある街ですがやはり人口減少、過疎化が進んでいるのでしょうか
西九州自動車道の延伸もあり人の流れが更に唐津や佐世保から直接、福岡へ移っているのかも知れません。

 筑肥線は福岡の地下鉄開業時にそれまでの博多ー姪浜間の廃止、地下鉄一号線との相互乗り入れの開始、唐津地区の高架、東唐津駅の移動など大幅なルート変更もあって東と西で全く別の路線になってしまい直接、福岡の中心部(天神・博多)へと乗り入れるようになった東側の発展とは対照的に西側の方は取り残された印象を受けます。

 JRも快速を走らせたり増便したりと利用客増加を目指していましたが元々の沿線人口が少ないこと、沿線に有名な観光地などがあまりなく(コスモスでも知られている佐里温泉や昨年公開された映画『A列車で行こう』の撮影で使われた駒鳴駅がありますが…)人を呼び込める要素が少ないこと、道路も整備され車での移動が容易であること、福岡から行くときは乗り換えが必要なこと、などいろいろと原因はあるのでしょうがなかなかうまくいかなかったようです。

 筑肥線、路線バス、松浦線とも根本的な解決策は現在のところ見当たらないように思えますが鉄道、バスとも住民の足としてせめて今ある路線の存続、便数の維持をしていただけたらと思います。


P.S.鉄道ジャーナルNo551(2012年9月号)の地方鉄道レポート91で筑肥線は唐津線(西唐津-久保田間)とともに紹介されています
 また同じく鉄道ジャーナルNo550(2012年8月号)では松浦鉄道が紹介されています。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/6-cd5c10f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)