FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



蔵開き~五島列島酒造(五島市)~
蔵開き~五島列島酒造~

先日、五島列島にある『五島灘酒造』の蔵開きについて書きましたが、そのときにも少し取り上げました五島列島にあるもう一つの酒造会社『五島列島酒造』でも明日(4月29日酒蔵開きが開かれます。
先日も『五島列島酒造』のホームページも何回かみていたのですが明日、ホームページで蔵開きのことを探すことができず知らなくて今日、フェイスブックをみていて初めて蔵開きのことを知りあわてて今、書いています。
『五島灘酒造』は上五島の中通島にありますが『五島列島酒造』は下五島の福江島にあります。
福江島は五島列島、最大の島で島全体が現在は五島市になっています。五島の中心地・玄関口になります。
五島はたくさんの島で構成されていますが一般的には五島=福江のイメージがあるような気がします。
映画でも昔の寅さんや武田鉄矢が主演した『刑事物語』や最近でも『悪人』、『くちびるに歌を』などは福江でロケが、テレビでも昔の水谷豊主演の朝比奈周平ミステリーの『西海路殺人事件』や漫画でテレビアニメにもなった『ばらかもん』などもほとんどが福江が舞台だったと思います
『五島列島酒造』はその福江島・五島市の三井楽町にあります。
私は三井楽はとても興味がある町でこのブログで『三井楽(みみらくのしま)が国の名勝になったこと』、『嵯峨島』、『三井楽半島バス』など何度か書いたことがあります。
重複するのであまり書きませんが遣唐使の最後の寄港地にもなった万葉集や蜻蛉日記にも登場する場所であり美しく厳しい自然や教会もある町になります。

三井楽には道の駅『遣唐使ふるさと館』があります。今回、蔵開きが開かれる『五島列島酒造』はこの道の駅のすぐ横にあるようです。
メイン会場として『遣唐使ふるさと館』の駐車場を、サテライト会場として『五島列島酒造』の建物を会場にしているようです。

『五島列島酒造酒蔵開き』
【日時】4月29日(金) 9時~14時
【会場】  メイン会場    遣唐使ふるさと館駐車場特設会場
      サテライト会場  五島列島酒造
目玉としては
 1、蔵開き限定として 『五島芋原酒40度』  『五島麦熟成20度』の焼酎の販売されます。そして当日は蔵の見学もできます
 2、蔵の売店で五島麦、五島芋をベースにした五島市のイメージのカクテルなどが500円(だと思う)で販売されるそうです
 3、なくなり次第終了だそうですが五島芋の芋でつくった『芋あん饅頭』が無料で振舞われるそうです。

【会場では】
五等特産品物産市が開催されます
椿オイル・食器(椿オイルのバンブー) びんずめ(びんずめ専門店くまごろう) 地鶏炭火焼(さざなみ農園) 鮮魚加工品(田口鮮魚店) 落花生・もなか(ちそせ商店) 椿加工品(オフィス今村) かんころ餅他(はまなす) かんころ餅・椿油(弘松) 炭火焼・ジュース(ダイキョービッグバリュー) カレーライス・ドレッシング(ハーフロード) 山下そば・角寿司(大河内商店) 五島うどん(うまか食品) つばきねこグッズ他(五島物産協会)などが出店されています。
他にもいろいろあるようです!

そして各お店での買い物すると出店者からの商品が当たる抽選に挑戦できるそうです!(空クジなし)

五島というと私はかんころ餅、椿油、五島うどん、五島牛などが思い浮かびます。やはりそういう品物を出すお店が多いようです
また三井楽町だけでなく五島市全体の特産物が出店されているようです
聞いたことがなかったり、気になったお店・商品をネットでみてみました
・びんずめのお店は東京から五島にIターンされたお店の方が五島の食材を使ってつくる無添加ジャムなどのびんづめだそうです
・山下そばというのは五島市富江町の山下地区に伝わる郷土料理でそば粉は五島に伝わる在来種だそうです。
・角寿司もやはり五島市富江町の山下地区に伝わる郷土料理だそうです
・つばきねこというのは五島市のイメージキャラクターです

【ステージでは】
保育園児による踊りのステージ
歌謡ショー
獅子舞  など予定されているようです

アクセスですが
五島バスの路線バスもありますが当日は福江港よりシャトルバスが運行されています
福江港発(8:30 10:10 11:50 13:30)ー(5分)-お濠前ー(5分)-馬責馬場ー(5分)-車検場跡(旧シティーモール前)-(10分)-岐宿町役場ー(15分)-会場着
会場発(9:20、11:00、12:40、14:20)  帰りは自由下車できるそうです

長崎港よりフェリーやジェットフォイルなど福江浩まで出ています。急ぎ足なら日帰りも可能かと思います。
上五島と違い長崎県北部(佐世保方面)からは直通はなく不便です

単なる酒蔵の蔵開きではなく五島市全体で蔵開きを観光の目玉の一つにしようという意気込みが感じられます。
道の駅『遣唐使ふるさと館』も見学できますし近くには白良ヶ浜の海水浴場(万葉公園)、足を伸ばせば三井楽半島や貝津教会、嵯峨島(嵯峨島教会など)をみることも出来ます

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/599-a23b5cfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)