FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



両投げ両打ち選手、立大入学へ
両投げ両打ち選手、立大入学へ

東京六大学に両投げ両打ちの選手が誕生するかもしれません。

「スポーツ報知」、「ライブドアニュース」によりますと高校時代に両投げ両打ちで活躍した選手が自由選抜入試で東京6大学の名門・立教大学のコミュニティ福祉学部スポーツウエルネス学科に合格して入学後の野球部を希望しているそうです。

話題の選手は岐阜県の麗沢瑞浪(れいたくみずなみ)高校の赤塚瑞樹。
赤塚選手は身長175cm、体重70kg。
元々は右利きですが小学校2年生のとき、父親の勧めもあり両投げ、両打ちに挑戦したそうです。
右はオーバースローで最速141km、左は記事ではやや腕の角度を下げと書いてあるのでオーバースロー気味のスリークオーターかなあと思いますが球速は130km。
持ち球は左右とも直球、スライダー、チェンジアップ、カーブを使いこなしているそうです。
右は桑田真澄、左は工藤公康現ソフトバンクス監督の投球を手本としたそうです。

高校時代は昨年の夏の大会では5番、ライトで先発出場。3回戦では救援で登板、試合は負けたそうですが4イニングを右バッターには右で、左バッターには左と左右投げの特徴を生かしたピッチングで1安打無失点に抑えたそうです。
気になるグローブですが特注の左右投げ用の6本指のグローブを使っているそうです。

プロとアマの違いはもちろんありますが両打ちだけでなくそれより更に大変と思われる両投げをマスターして公式戦でも結果を残しているのは本当にすごいことだと思います。

両手打ちの選手は今でもときどき見かけます。
私はまず、昔ジャイアンツで活躍した早稲田大学出身の松本匡史選手を思い出します。
俊足を生かすため当時の長嶋監督からスイッチヒッターになることを勧められ猛特訓で左打ちをマスターし1番打者に定着。その後、2度の盗塁王を獲得、青い稲妻のニックネームで一世を風靡しました。


両手投げというと実際に公式戦で両投げで登板することはなかったですが昔、プロ野球にも近田豊年という選手がいましたし昨年は大リーグのアスレチックのパット・ベンディットがやはり特注のグローブを使い(ミズノ製だそうです)大リーグ史上20年ぶりに両方で投げ少し話題になりました。
ベンディット選手はその後、初勝利をあげています。


立教大学野球部は長嶋茂雄というスーパースターが所属していた名門野球部ですが最近は6大学のリーグ戦ではどちらかというと下位に低迷することが多いように思います。
立教OBでプロ野球選手で現在、活躍しているのは楽天イーグルスの戸村投手だけになっています。
特長のある選手が活躍すると話題になり立教大もそして6大学全体も更に盛り上がると思います
高校時代に甲子園で活躍した選手でも大学野球で1年から活躍するのはなかなか難しいようです。
赤塚選手もまずは環境に慣れ、経験を積み、力をつけて1年後、2年後には立教のピンストライプのユニフォームを着て右で左で活躍して欲しいです
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/561-8836b23b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)