FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



浅見光彦
BS系の2時間ドラマ枠で放送されている浅見光彦役が澤村一樹から速水もこみちに変更が発表されました。今日の夜、オンエアされますね
速水もこみちは私は料理を作っているところしか知らなくて、あくまでイメージですが少し合わない気がしていて「どうなのだろうか?」と一抹の不安?があります。ただこれは私の勝手な思い込みなのでいい意味で私の考えが打ち消されたらなあと思っています。

私のなかでは小泉孝太郎もありかなあ…など思っていました。

いろいろな俳優が「浅見光彦」を演じていてそれぞれ悪くないと思いますが①はじめに見たこと②岡本克己の脚本がすきなこと③水谷豊はじめ俳優が素晴らしいこと…などもあり私の中では今でも水谷豊版がベストです。
順番でいうと水谷豊、榎木孝明、辰巳琢郎、澤村一樹、中村俊介の順になります
(高島政伸の「貴賓室の怪人」もありましたが一作しか知らないので除外しています。)
国広富之もかつて演じているそうでこれも観てみたいですね


浅見光彦シリーズには日本人が好きな「水戸黄門」と「男はつらいよ」の要素があるから支持されるといわれています。。水戸黄門の印籠=兄が刑事局長、寅さんがマドンナと結ばれないように浅見光彦もヒロインとの恋は実らない、そして全国各地の名所が登場する…この説をきいたときは本当にそうだなあと納得させられました。

今回は「天河伝説殺人事件」という、過去何度かドラマ化され唯一の映画化もされた名作の評判も高い,人気のある作品になりました。
(映画版「天河伝説殺人事件」はあまり評判良くなくて作者の内田康夫も気に入ってないようですが私は嫌いではありません。市川昆としたら勿論ベストではありませんがそこまで悪くないと思っています。金田一シリーズの大ヒット、なんでも作れる器用さなど、市川昆への信頼感、市川昆特有の様式美・映像美などを期待した…などなんとなくプロデューサー角川春樹の狙いもわかるし私でもそうしたかもしれないな等考えたりします。)
無難な作品を選んだなあ…とこちらも納得させられました。古典芸能の跡目相続…とこれも日本人が好きなテーマです。
「男はつらいよ」「水戸黄門」も残念ながら現在、新作は見ることができませんがこちらの国民的シリーズはまだまだ続きそうです 
旧作と比較できる楽しみもあります。
速水もこみちの「浅見光彦」が待ち遠しいです
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/5-ec53e56d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)