FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



新渡海船『うみさちひこ』就航~対馬の話題~
新渡海船『うみさちひこ』就航~対馬の話題~

対馬市営の新たな渡海船が就航した話題が読売新聞、NHKで紹介されました。
記事によりますと1987年より運航されている『ニューとよたま号』(19t。定員60名)が老朽化したため、市が平成26年より1億2000万円かけて新しい船を建造していました

新しい渡海船はトン数は19tと変わりませんが過疎化・少子化・高齢化の進行や近辺の道路整備などでの更なる利用者減少を考慮。
また観光船としての利用を考え一度に定期観光バス利用者を乗船できる48名となっています。
船は繊維強化プラスチック(FRP)製で、省エネ化されており高波にも強い構造になっています。
また段差を少なくしたり、通路に点字プレートを設置したりとバリアフリー化され高齢者に配慮されています。
船は公募により『うみさちひこ』と任命されています。

船は上対馬・豊島町の中心地で仁位浅茅湾の最深部に位置する仁位を出港地として仁位浅茅湾沿岸の各港を経由して新しく出来た『県対馬病院』(美津島町)の近くに移設された樽ヶ浜港までを結ぶ路線になります。
また樽ヶ浜港は対馬空港にも近い場所になります。

前述したように過疎化、道路整備等による利用者の減少もあり航路の廃止も検討されたそうですがバス会社(対馬交通)の新規路線への参入は経営的に難しいことや所要時間、運賃などで船がバス運行より有利な地域があったり、乗合タクシーでの運行も現状では難しいこともあり航路存続となったようです

定期航路(平成26年10月1日改定)
【平日】

      仁位  卯麦  貝口  佐志賀  嵯峨  貝鮒  水崎  加志々 樽ヶ浜
往路1便  7:00   7:08  7:20   7:30   7:35   7:45  8:00  8:05  8:30
往路2便  14:40  14:48  15:00  15:10  15:15 →  →   →  15:40

      樽ヶ浜  加志々  水崎  貝鮒   嵯峨  佐志賀  貝口  卯麦  仁位
復路1便  13:00  13:25   13:30  13:45  13:55  14:00   →  14:12  14:20
復路2便  16:00  16:25   16:30  16:45  16:55  17:00  17:10  17:22 17:30

【土曜日、日曜日、祝日】

       仁位  卯麦  貝口  佐志賀  嵯峨  貝鮒  水崎  加志々 樽ヶ浜
往路1便   7:00  7:08  7:20   7:30  7:35   7:45  8:00   8:05  8:30
      樽ヶ浜  加志々  水崎  貝鮒  嵯峨  佐志賀  貝口  卯麦  仁位
復路1便  16:00   16:25   16:30 16:45 16:55  17:00  17:10  17:22  17:30

各寄港地の状況(平成26年の長崎県離島航路対策協議会 樽ヶ浜~仁位航路分科会より)
仁位港:      豊島中心地より2km程度離れた場所にありバスの接続がない
           待合所、給油施設、マイカーの駐車施設あり
卯麦・貝口港   バス停より近いが接続していない
           待合所あり(貝口港の桟橋は階段あり老朽化している)
水崎 ・加志々港 2港間は約600mと近い
           バス停はどちらも近い、水崎のみ待合所あり
嵯峨  佐志賀港 桟橋老朽化して段差がある
           車でのアクセスが難しく待合所がない
貝鮒港       スクールバス(高齢者の乗降可能)のバス停が遠く徒歩でしかいけない場所にある
           岸壁に段差あり待合所もない
樽ヶ浜港     新病院の開院に伴い寄港地が移設しているようです

また市営渡海船は浅茅(あそう)湾観光の周遊観光船としても活躍しています。
新渡海船『うみさちひこ』もこれまでの『ニューとよたま』同様、定期航路の合間を縫って活躍するのではと思います。

Aコース
所要時間: 90分
樽ヶ浜~鋸割・城山~樽ヶ浜 樽ヶ浜~和多都美~樽ヶ浜
樽ヶ浜~仁位(貸切のみ) 仁位~樽ヶ浜(貸切のみ)
加志々~樽ヶ浜(貸切のみ) 樽ヶ浜~加志々(貸切のみ)
Bコース
所要時間:120分
樽ヶ浜~鋸割・城山~和多都美~樽ヶ浜
樽ヶ浜~万関~鋸割・城山~樽ヶ浜
樽ヶ浜~万関~和多都美~樽ヶ浜
仁位~和多都美~鋸割・城山~樽ヶ浜(貸切のみ)
Cコース
所要時間:150分
樽ヶ浜~鋸割・城山~和多都美~万関~樽ヶ浜
仁位~和多都美~鋸割・城山~万関~樽ヶ浜(貸切のみ)

航路改善計画をみてみますと定期航路の利用者が大きく減少し厳しい状況が続いているようです。
今回もA案(現状維持)、B案(3港廃止)、C案(仁位、水崎、加支々、樽ヶ浜)+曜日指定港)などの案も検討されています。
元々、病院利用者の利用が多かったそうですが新病院の開院によりこの渡海船を利用する人が少し増える可能性もあるのではと思います。
せめて現行の毎日運行がこれからも続けばよいなあ…と思います
近くになる対馬空港や対馬の中心地・厳原への交通アクセス改善なども取り組んで欲しいですね

計画書をみますと浅茅湾の周遊観光なども上記の3ルート以外の新クルージングコースの設定や浅茅湾内体験プログラムなどの開発も新船の導入を機に考えられているようです。

17日に仁位港で関係者が集まり就航式が開かれ、翌18日より就航しています。
これから住民の貴重な足として、また浅茅湾観光の足として貴重な戦力となると思います。
たくさんの人に乗船して欲しいです。


*『読売新聞』5月18日版、NHK長崎県のニュース、対馬市ホームページ、長崎県離島対策協議会 樽ヶ浜~仁位航路分科会の航路改善計画を参考にしました
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/463-7c3d1499
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)