FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



長崎県の島々 日本遺産登録と世界文化遺産登録へ
長崎県の島々 日本遺産登録と世界文化遺産登録へ

文化庁が新たに創設した『日本遺産』に4月24日、長崎県内から『国境の島 対馬・壱岐~古代からの架け橋~』が認定されました。
『日本遺産』とは聞き慣れない言葉ですが今回、新たに創設されたものだそうです。
特定の文化財そのものが対象ではなくて各地域に残る建造物、遺跡、名勝地、お祭りなどを整備、活用してその地域の歴史的・文化的な魅力・特徴を通して日本の文化・伝統を語るストーリーを国内外に発信するのを目的にしているそうです。

長崎県では「『国境の島 対馬・壱岐~古代からの架け橋~』というテーマで対馬、壱岐市、五島市、新上五島町が選定されています。

五島市では明星院本堂、三井楽(みいらくのしま)、白石のともづな石。
対馬市では金田城跡、対馬の亀卜習俗、豆酘の赤米行事、対馬藩主宗家墓所、 万松院の三具足、銅造如来坐像、清水山城跡、金石城跡、.旧金石城庭園、朝鮮国信使絵巻、.対馬藩お船江跡。
壱岐市では原の辻遺跡、原の辻遺跡出土品、壱岐古墳群、笹塚古墳出土品、双六古墳出土品、勝本城跡、内海湾、岳ノ辻、カラカミ遺跡、生地」城跡。 
新上五島では3件(場所は確認できませんでした)が構成資産となっています。


やはりどうしても現在は『世界遺産』が注目されますし、『日本遺産』は今回が最初の選定ということもあり知名度不足で、あまり注目も浴びずマスコミでも取り上げられることも少なかったように思います。
特に長崎県では『明治日本の産業革命遺産』と『キリスト教関連遺産』の二つが世界遺産登録を目指していることもあってどうしても陰に隠れた感じになっていると思います。

ただ『日本遺産』は今後の『世界遺産』への登録を支援する側面や数多くある自称〈日本遺産〉を国の基準できちんと『日本遺産』と認定して支援する側面があるようなので今回の選定は大変重要で意義ある事と思います。
(今回は83箇所のうち18箇所しか選定されていません。またストーリーと文化財との関連が難しく設定ができず今回は応募できなかった地域もあったようです)
国からは多言語のホームページ・パンフレットの作成、ボランティア解説員の育成、国内外でのPR活動に助成が得られるなどの支援が受けられるようです。
今後の観光客の誘致、文化財の保護などに大きな力になることと思います。

『キリスト教関連遺産』が世界遺産候補にリストアップされている五島もですが対馬や壱岐には私達があまり知らない豊かな歴史・文化を背景に様々な見所があるようです。
『日本遺産』登録を契機にホームページなどいろいろな手段を使い島の魅力を更に発信してまず私達、日本人の観光客を増やして欲しいです。
前のブログにも書きましたがフランス船籍の豪華客船がゴールデンウィーク期間中に対馬・厳原に寄港しています。
国の助成で多言語での情報発信ができるので近隣の国だけでなく東南アジアや豪州・欧米など全世界に情報を発信してPRして欲しいです
また仏像など文化財も保存にも力を入れて欲しいです

九州では他に太宰府市と人吉市とその周辺の球磨地方が選定されています
18箇所の選ばれた地域、次回以降に登録を目指す地域でも『日本遺産』をそれぞれ地域の振興や有形・無形の文化財の保存・伝承に活用して欲しいですしマスコミももっと取り上げて欲しいですね。




新聞の第一面やテレビのニュースなどで大きく報じられていますがユネスコの世界文化遺産への登録を目指している『明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域』についてユネスコの諮問機関「国際記念物遺跡会議(イコモス)が登録を勧告したことが発表されました。

とてもとても嬉しいですね。大きな話題になっているので詳しくは書きませんが『明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域』はこれまで日本で登録された世界遺産とは異なり8県11市という日本各地・広範囲に点在する23件の遺産から構成されています。
そして遺産といっても三菱重工長崎造船所のクレーンのように現在も稼動しているものや端島のように無人島で廃墟となっている島そのものが遺産・保存の対象になっているユニークなところもあります。
そのうち長崎県では長崎市のみ県としては最多の8件(小菅修船場跡、三菱長崎造船所第三船渠、三菱長崎造船所ジャイアント・カンチレバークレーン、三菱長崎造船所旧木型場、三菱長崎造船所占勝閣、高島炭鉱、端島炭鉱、旧グラバー住宅)になります。
やはり長崎県民として長崎が日本の近代化のために大きな役割を果たして、その遺産が残っているのは嬉しいですし誇らしいです。

そして遺産のなかに高島と端島(軍艦島)と二つの長崎市の小さな島が入っているのもとても嬉しいです。
『端島』では軍艦島クルーズは大変な人気となっています。
またこのブログでも紹介しました『高島』は炭鉱が廃坑になり過疎化が進みましたが現在は炭鉱遺産の他にもトマト栽培や海水浴場、磯釣り公園など島興しで頑張っていています。そういう島が選ばれて良かったと思います。
『端島』は現在の廃墟の状態を維持して更に活用するというお金のかかる難しいことをしなければいけませんし『高島』はこの登録を契機に知名度が上がり多くの人が訪れ、過疎化に歯止めがかかり島が活性化して定住する人が増えれば…と思います。
イコモスは名称を『明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域』から『明治日本の産業革命遺産 製鉄・鉄鋼・造船・石炭産業』への変更に求めていますが岩手・静岡が含まれているので私もこちらの方がふさわしいと思います。
イコモスでの決議は最も評価の高い《登録》でした。
これまでほぼ《登録》された遺産候補はほぼ登録されているようなので間違いなく登録されると思いますが今のままの構成資産で『世界遺産』として登録して欲しいです。
一部の国が反対していますが日本人のみならず世界中の人々にも訪れてもらい日本の近代化の歴史をに触れて理解して欲しいと思います。
多くの人に認知され観光客が増え地域が活性化することも大切な事ですが身近であるためでしょうか今回は長崎県民としてはこの遺産を守っていくことがより大切だと思います。


来年以降に『長崎の教会群とキリスト教関連遺産』や『宗像・沖ノ島と関連遺産群』と世界遺産を目指す動きがありますのでこれらも是非、実現して欲しいです。






スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/454-d865e624
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)