FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



国境の二つの島の出来事(与那国島(沖縄県)&竹島(島根県))
国境の二つの島の出来事(与那国島(沖縄県)&竹島(島根県))

2月22日、偶然なのかどうかわかりませんが今日は日本の二つの島のことで大きな出来事が行われています。
この二つの日本の大切な島のことは書きたいこと、言いたいことはたくさんありますが政治的な事柄などは極力控えたいと思っています.
ごく簡単に書きます

今日は沖縄県の与那国島で自衛隊配置の是非を問う住民投票があります。
与那国島は沖縄県の八重山諸島の西端、日本の最西端に位置する人口約1700人の島になります

島へはフェリーと飛行機で行くことができます。
フェリーは石垣港から週に2往復、那覇港からは不定期で運行
飛行機が那覇から1日1便、石垣から1日3便運航されているようです
便数からしても飛行機での移動が多いのでしょうか
漫画でテレビドラマ化された『Dr.コトー診療所』のロケ地として有名ですし海底遺跡ではないかと言われている海底地形などが有名です。
私は与那国島には行ったことはありませんが一度訪れたい島です。

今回の住民投票はもう工事が始まっているなかで議会では反対派が多数を占めるという状況で実施されています。
また15歳以上、永住外国人にも投票権があるという投票形式になっています。

工事が始まっている段階でも半数近くの人が反対していること、住民投票が実施されてしまったことは重く受け止めなければいけませんが結果がどうであれこれまでどおり計画は進めて欲しいです。

反対派の方が主張されている電磁波の影響は、携帯などでも様々電磁波が出ていると思うのでおかしいと思いますが健康診断が簡単に出来るようにしたり配慮することで対応できるのではと思います。
また自衛隊の基地の有無にかかわらず国境の島がターゲットになるのは当然だと思うのでそれならば普通は警備を厳重にするのが当たり前だと思うので環境には注意を払いながら配置して欲しいです。
海上保安庁や海洋調査の施設など他の施設も検討して欲しいです
また台湾などとの交流は基地の有無に関わらず可能ではないかと思います

現在、那覇と石垣便のみ運航されている航空便の路線を福岡発着便などを作り利用促進を国や自治体、民間一体で図り赤字は国が補填するなどいろいろな面で島に観光客を誘致して欲しいです
自衛隊基地が出来た際は日常品など可能な限りは極力、地元の業者を優先させるなど地元にも恩恵を実感できるようにしてもらいたいです。
雇用面でもできるだけ地元の人も採用して欲しいです
島で誘致問題がまだ二分していることは悲しいことですが自衛隊の方も地元の方と交流する機会をたくさん設けて共存共栄できる環境をつくって欲しいです。
また防衛省も可能な限り基地の情報公開をして同じ島の一員として協調していけるようになって欲しいです




今日2月22日は竹島の日でもあります。
1905年2月22日に島根県に竹島が編入された事を記念して2005年に制定された日になります
竹島は一つの島ではなく男島と女島の二つの島やその他の岩礁の総称になります。
日韓両国が自国の領土と主張している島で現在は韓国が占拠している島になります。
それぞれに主張があるわけですがそもそも主張している出発点が違う感じがします。

詳しい経緯を把握しているわけでなくそして私は日本人なので客観的に考えることはできないかもしれませんが歴史的経緯も含め日本の領土であることは間違いないのではないか…と思っています。

ただそれぞれに主張があるわけで一方的に相手を批判せず相手国にも主張があることを認め話し合いが出来る環境になっていけば…と思います。

様々な圧力があったのではないかと思いますが記念日を制定して資料を集めたり会を開催など様々な努力している島根県は素晴らしいと思います。
いろいろな考えの人がいることは民主主義の国では当たり前ですが国が主催して様々な考えの方が意見を述べれるような竹島の日を考える会が東京でも開かれるようになって欲しいです。

日本政府としては島根県の隠岐諸島の北、日本海に竹島という無人島があり、江戸時代より日本人が島で漁業活動をしていたこと。その後のこと、その島をどういう経緯で韓国が占拠しているのか、日本は現在どういう考えでどういう返還運動をしているのか、など情報を国民に知らせて欲しいです。
国外でもいろいろな場所で情報を発信し主張して欲しいです。




スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/428-4e08a87f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)