FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



追悼 ルイーゼ・ライナー
追悼 ルイーゼ・ライナー

ドイツ出身の女優さんで主に1930年代にハリウッドで活躍されたルイーゼ・ライナーが亡くなりました。 104歳でした。
ルイーゼ・ライナーは昨年の7月にジュリアン・デュヴィヴィエ監督の『グレートワルツ』のことで取り上げた女優さんでした。
ブログに書いた時は存命かどうか確証が持てなかったのですが書いた時期はご存命だったんですね。
残念ながら昨年の12月30日にウィキペディアに書いてありました晩年を過ごされていたロンドンで亡くなったようです。

そのときにルイーゼ・ライナーのことは自分なりに調べて書いていて重複するのであまり書きませんが1930年代に渡米して短い期間ですがハリウッドで活躍しています。
『巨星ジークフェルド』(1936)、『大地』(1937)と2年連続アカデミー主演女優賞を受賞した女優さん(演技部門で初の快挙!)であること。
その重責などもありハリウッドから活動の場をニューヨークやロンドンに移して舞台を中心に活動されていたようです。
彼女の栄光と悲劇はオスカーをめぐるエピソードとして割と有名でアカデミー賞に関する本とかに取り上げたりされています。
手に入りやすく読みやすい本として前回も紹介しましたが川本三郎さんの『アカデミー賞 オスカーをめぐる26のエピソード』(中公文庫)があり一つのエピソードとして取り上げてあります。

ハリウッドで活躍されていた時期は短いですが代表作の3本『大地』、『巨星ジークフェルド』、『グレートワルツ』は廉価でDVDが発売されていますしレンタルで借りれるお店も結構あると思います。
彼女の若かりし頃の姿を見れるのは不思議ですし幸せなことだと思います。
また『コンバット』にもゲスト出演されているエピソードもあるようです。
ハリウッド全盛期の一時期ですがハリウッド史に足跡を残した女優さんです。
前回も書きましたが劇作家・脚本として有名なクリフォード・オデッツと一時期、結婚していたことも記憶しておきたいです。
それにしても1930年代に映画界で活躍されてご存命の方は本当に少ないのではないでしょうか
自伝とか、評伝とか発売されると面白い事実が出てくるかもしれません。
〈本当にお疲れ様でした〉と言いたいです。ご冥福をお祈りします。


*何年かかるかわかりませんが『グレートワルツ』、《J・V・スタンバーグ》、《クルト・ワイル》は中断していますが今年、少しずつでも書き進めたら…と思っております。今年の目標?の一つです。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/403-45a9b05b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)