FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



追悼 2014年 (4)
追悼 2014年 (4)

品田雄吉さん
映画評論家の品田雄吉さんが亡くなりました。84歳でした。
著書を読んだことはありませんでしたが映画雑誌や週刊誌の映画記事を読んだりラジオなどで映画の話を何度か聞いたりしていました。

ウィキペディアをみてみると荻昌弘さんに学生時代に見い出され大学卒業後にキネマ旬報に入社されているのですね。
荻さん、品田さんともキネマ旬報出身だったとは恥ずかしながら今まで知りませんでした。

私が学生時代の頃から長年ずっとj活躍されていました。
品田さんの批評は、作品に対する評価はオーソドックスで映画批評の本流を歩まれている感じがしていました。
賛否両論分かれる作品が多々ありますがそういうときは品田さんはどう評価されているのだろうと思ったりすることがありました。
映画に対する知識と造詣そして愛情が作品評、ベスト10に出ている人でした。
年度末のキネマ旬報などのベスト10ではどういう作品を選ばれているかとても気になる評論家の一人でした。
ウィキペディアには辛口の部類に入るとされていると書かれていますがそんな感じは私はは全くしませんでした。
ラジオできいた声も穏やかな感じでしたし作品をけなされていることはなかったように思います。
1年ほど前からか週刊文春の新作映画評をされなくなっていたのが淋しかったですがご病気だったのですね。
奥様が映画評論家の田中千世子さんだったことも知りませんでした。
ご冥福をお祈りします。




安西水丸さん

イラストレーター、作家として活躍されていた安西水丸さんが3月19日に亡くなりました。 71歳でした。
安西水丸さんが亡くなったのもショックでした。
三谷幸喜さんが監督された『清須会議』の特集でキネマ旬報で水丸さんと三谷さんが対談されていましたが本当に楽しい対談でした。その対談を読んで数ヵ月後の訃報だったのでびっくりしました。
映画の話ももちろんですが歴史の話もたくさん出て、面白かったですね。
かなりカットしているそうなので本にしてほしいなあと思います。

亡くなった後出版された水丸さんの著書『ちいさな城下町』は水丸さんの歴史、お城、城下町にたいする愛情、知識にあふれている素晴らしい本だと思います。
九州や四国でも朝倉市(秋月城)、中津市(中津城) 大洲市(大洲城)が取り上げてあります。

水丸さんは歴史もですが映画にも造詣が深くキネマ旬報で連載をされたりしていました。
洋画はもちろん時代劇もすごく詳しい方のようです。
水丸さんはイラストも文章もわかりやすくて好きでした。

水丸さんというとなんといっても村上春樹さんの本のイラストが有名でした。
特に『村上朝日堂』シリーズは村上さんの文章と水丸さんのイラストとが絶妙で楽しかったです。

お母さんの故郷の千葉県の千倉の話とかとても印象的でした。
もう水丸さんの文章を読んだりイラストを見れないと思うと残念です。
ご冥福を心からお祈りします。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/401-067d0e88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)