FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



追悼 2014年 (3)
追悼 2014年 (3)

山口淑子さん
女優、国会議員として活躍された山口淑子(李香蘭)さんが9月7日に亡くなりました。94歳でした
私は詳しくは知らないのですが戦前、戦時中、戦後と波乱万丈の人生を送られていてその半生はドラマ化されたりもしています。
私は映画作品はほとんど観た事がなくて参議院の議員として活躍されていたことを断片的にしか知りません。

旧満州で1920年に生まれ満州映画協会の専属俳優として李香蘭名で活躍され、歌手としても「夜来曲」「蘇州夜曲」などのポピュラーな曲を残されています。
終戦時に中国人と誤解され処罰されそうになったエピソードは有名です。
戦後は山口淑子として女優活動をされています。
引退後、テレビの司会者などを経て参議院議員として活躍されいます。

戦前の作品は全く観ていませんし戦後の黒澤明の『醜聞(スキャンダル)』しか観ていないと思います。
たくさん作品を残されていますが豊田四郎、稲垣浩、マキノ正博、市川昆や八千草薫さんのご主人だった谷口千吉監督の作品に出演されたりしています。
なかなか観ることはできないと思いますが機会があれば観てみたいですね!
特にキング・ヴィダー監督の『東は東』とサミュエル・フラー監督の『東京暗黒街・竹の家』は観てみたい映画です。
詳しいことはわかりませんが日本映画史に残る女優さんだと思います
ご冥福をお祈りします。

川北紘一さん
映画やテレビで特撮監督として活躍された川北紘一さんが亡くなりました。 72歳でした
私が川北さんの名前を初めて知ったのは『ゴジラVSビオランテ』でした。
ゴジラ映画はこどもの頃は大好きでしたがこの『ゴジラVSビオランテ』は私はゴジラ映画というよりは大森一樹監督の最新作を観ることができる!ということで映画館に足を運びました。
私は大森一樹監督の映画が大好きでその当時、大森監督は吉川晃司主演の映画を3本、そして斉藤由貴主演の映画を3本撮り、快進撃といった感じでした。特に斉藤由貴主演の映画は素晴らしかったと思います。
ゴジラ映画をどう大森一樹が撮るかとワクワクした思い出があります。
大森一樹監督は次の『ゴジラVSキングキドラ』も撮り、その後は大河原孝夫監督に引き継がれ6本の作品がつくられています。その〈平成のゴジラ〉を特技監督として支えたのが川北紘一さんでした。

フィルモグラフィーをみてみるとテレビではウルトラマンシリーズなど特撮ものばかりでなく大晦日などに放送されていた『五稜郭』や『奇兵隊』の大型時代劇も手がけれています。また映画では『ガンヘッド』や『ヤマトタケル』など特撮技術が前面に出る作品以外でも『蛍川』〈良かった!)や『愛・旅立ち』や大森監督&斉藤由貴の『さよならの女たち』なども手がけられています。
俳優や監督などに比べるとどういう仕事なのか監督や美術監督とどう仕事が違うのかなど素人にはわかりにくい地道な仕事ですがSFや怪獣映画など特撮が必要な作品にはなくてはならない必要な仕事です。
知らないうちにいろいろな作品をみて楽しんでいたと思います。
ありがとうございました。ご冥福をお祈りします。



スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/400-d38605e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)