FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



岡本克己の仕事
現在,BS日テレにて岡本克己さんが脚本を担当された「地方記者立花陽介」のシリーズが再放送されています。
私はこのシリーズが大好きで以前簡単にフェイスブックにも書いたことがあります
現在は15作目の「能登輪島通信局」まで放送されています。初放送の頃からいつも初期の作品を見逃してしまっていて未だに未見の作品も何本かあります。
このシリーズは全部で20作品ありますが岡本さんはそのなかの18作まで脚本を担当されています。
いろいろ、作品により出来不出来はあるとは思いますが全て面白く興味深いシリーズであることだけは確かです。
フェイスブックに昨年の11月24日に記載したのをそのまま転載します。

BS日テレで「地方記者・立花陽介」が再放送されています。火曜サスペンス劇場で10年近く続いたシリーズです。水谷豊は代表作がたくさんある人ですがこのシリーズは大好きなシリーズの一つです。あまり知られていないと思いますので少しご紹介させていただきます。物語は大手新聞記者の地方通信局の記者夫婦が転勤する度に事件に遭遇して…という「秘密のケンミンSHOW」の人気シリーズみたいなパターンでいつも進行していきます。各地方の名物・観光地・伝説・過去の出来事(それが伏線になったりします)の紹介などいろいろな魅力のある作品ですが大きな魅力の一つは出演者にあると思います。水谷豊が素晴らしいのはもちろんですが奥さん役の森口瑤子が可愛らしくて素晴らしいです、彼女の代表作の一つに挙げていいと思います。もう一人のレギュラー、相棒でも共演している片桐竜次、主役をやる人ではありませんが脇で作品を支えていていつもとてもいいと思います。そして最大の魅力はの脚本の力だと思います。岡本克己という方が脚本を書かれていますが、この方は水谷豊版の浅見光彦シリーズ(浅見光彦は水谷豊版が一番いいと思います)なども脚本も書いている方で「過去」から逃れようとして罪を犯し、ますます「過去」に引きずり込まれていく人間の姿(悲しみ・葛藤)を描くのが得意な方で深い人生ドラマになっていて作品に重みを与えています。また浅見光彦役の後の作品なので水谷版浅見光彦が結婚して家を出た後日談とみても興味深いです。また随所に相棒や佐文字進の原点みたいなものがみられるのも楽しみです。色あせていないシリーズと思いますのでお時間があられたらお勧めします (フェイスブックより転載)

私が岡本克己さんの名前を意識し出したのは1980年代でこのシリーズやその前になりますが同じ水谷豊が主演した浅見光彦、朝比奈周平シリーズが「火曜サスペンス劇場」などで放送されていた頃だったと思います。

少し調べてみたのですが岡本さんはテレビの創設期のころから活躍されていて、連続ドラマ、単発ドラマ、2時間ドラマ、アニメなど様々な脚本を執筆されています。映画の脚本や本の執筆もされているようです。

2002年に他界されており残念ながら新作をみることはできません。
また現在あまり語られることもないのではないかと思います。
これまでの作品歴を書き記したりして少しでもこれまでの足跡を辿っていくことができれば…と考え

ております。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/38-0f34843f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)