FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



追悼 リチャード・キール
追悼 リチャード・キール

アメリカの俳優、リチャード・キールが9月10日に亡くなりました。74歳でした。

リチャード・キールというとやはり007の『私を愛したスパイ』と『ムーンレイカー』の鋼鉄の歯を持つ「ジョーズ」役が思い出されます。
007映画の面白さの一つは魅力的な悪役の存在だと思いますがリチャード・キールが演じた「ジョーズ」役はちょっと現実離れしていてどうなのかな…という印象も若干ありましたが不気味でそれでいて愛嬌があり不死身で…と独特の強烈なキャラクターで忘れられない悪役(後で善人になる)の一人です。
特に『ムーンレイカー』は悪役のマイケル・ロンズデールが少し地味だったこともありジョーズの大活躍とボンド・ガールのロイス・チャイルズの美しさがとても印象的でした。


2m18cm、体重143kの体型で役柄などがどうしても限られてしまい出演作の数はあまり多くなかったようです。
覚えているのは『恋のジーンズ大作戦/巨人の女に手を出すな』。
ライアン・オニールが主演でしたがリチャード・キールがジョーズ役で人気があったのでリチャード・キールを前面に出して宣伝していたように思います。
そして豪華なキャスティングだった『キャノンボール2』では三菱チームでジャッキー・チェンとコンビを組んでいましたね
香港関連では「Mr,Boo!」のサミュエル・ホイ主演の『皇帝密使』もありました
イーストウッド監督・主演の西部劇『ペイルライダー』の用心棒役も印象的でした。
『ナバロンの要塞』の後日譚で『007/ロシアより愛をこめて』で殺し屋だったロバート・ショウが主演した『ナバロンの嵐』もありました。ドイツ協力者役でした。(監督が007でお馴染みのガイ・ハミルトン、『私を愛したスパイ』で共演したバーバラ・バックも出演していました)

ウイッキペディアによりますと1992年に自動車事故で頭部を負傷され平衡感覚に影響が出たりして後遺症で苦しまれていたようです。
私が一番映画をみていた時期に活躍され、大きな役は少なかったかもしれませんがスクリーンにその大きな体で登場すると圧倒的な存在感で忘れられない印象を残す人でした。
ご冥福をお祈りします

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/364-e2820bdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)