FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



追悼 ジェームズ・ガーナー
追悼 ジェームズ・ガーナー

アメリカの俳優、ジェームズ・ガーナーが7月19日に亡くなりました。86歳でした。

ジェームズ・ガーナーというとまず『大脱走』と『墓石と決闘』のジョン・スタージェス監督の2本の映画が思い浮かびます

オールスターキャストの映画は時間だけが長くて大味になりあまり面白くないことが多いですが『大脱走』は緊迫感そしてユーモアがあり3時間近い大作ですが長さを全く感じさせない何回でも観たいと思う映画です。
ジェームズ・ガーナーは調達屋のアメリカ人・ベントリーを演じてました。
マックイーンはじめみんな登場人物は良かったと思いますがガーナーのこの役柄はユーモアもありとても良かったと思います。
ガーナーの映画はその後、例えば『夕陽に立つ保安官』とかコメディタッチの映画が多いですがこの映画が出発点かもしれません。

『大脱走』。そして『荒野の七人』もそうでしたがジョン・スタージェス監督は複数の主要人物の個性を魅力的にシャープに演出するのに長けていたと思います
インディアンの描き方など異色の西部劇が増えていく中で西部劇自体は面白さ・楽しさが失われていった思いますが『OK牧場の決闘』、『シノーラ』、『ガンヒルの決闘』そして『ゴーストタウンの決闘』…など西部劇やアクション映画で心意気のある面白い映画をつくった人としてスタージェスはもっと評価していい人だと思います

そういう映画のなかにジェームズ・ガーナーが主演したスタージェスの映画が『墓石と決闘』があります。
『OK牧場の決闘』の続編になり、ワイアット・アープ、ドク・ホリディとクラントン一家の生き残りの抗争を描いた映画です。
ガーナーがワイアット・アープ、ドク・ホリディがジェイソン・ロバーズ、悪役のクラントンにロバート・ライアンとこれも魅力的なキャスティングでなかなか見ごたえのある面白い映画でした。
もう一度観てみたい好きな映画です。



ジェームズ・ガーナーは西部劇やアクション映画のイメージが強い人ですが私がフィルモグラフィーをみて最初に記憶しているのがウィリアム・ワイラー監督の『噂の二人』(1961)になります。

この映画はアメリカの女性劇作家リリアン・ヘルマンの戯曲の映画でワイラー自身1936年に一度、映画化しています。
私は学生時代に観たきりですが同性愛を背景にした心理劇でとても重たいテーマを扱っていますが感動しました。
オードリー・ヘップバーンとシャーリー・マクレーンも頑張っていますが脇のミリアム・ホプキンスとかガーナーとか良かったと思います。そして子どもの演技がすごかったですね
最初の映画作『この三人』はフィルムコードに引っかかり大幅に内容を変更して映画化しているようでそのこともありワイラーは再映画化を考えたようです。

ただ私は良い映画と思いますが『噂の二人』はあまり評判はよくないようです。
私は原作も読んでなくて『この三人』も未見なのでなんとも言えないのですが『この3人』は内容の変更があっても素晴らしかったようです。
『噂の二人』にも出演していたミリアム・ホプキンス。そしてマール・オベロンが主演になります。
この話では一人の男性をめぐる二人の女性の話になっているようでこの男性役はジョエル・マクリーが演じています。

『噂の二人』ではジェームズ・ガーナーはヘップバーンを支える婚約者という役柄でした。
二人の関係に疑いを少し抱くようなシーンもあったり(記憶違いかもしれません)難しい役柄でしたが抑えた演技で良かった思いました。


ガーナーはテレビのドラマシリーズの1957年から始まった『マーベリック』などで有名になり、映画出演も続きますがその後、代表作の一つに挙げられていた『ロックフォード氏の事件メモ』などテレビの世界でも活躍されています。
観ていない作品が多いのですが映画では『夕陽に立つ保安官』、『グラン・プリ』や『ビクター/ビクトリア』は観ています
自身の主演したドラマの映画化でメル・ギブソンが主演した『マーベリック』もありました。
未見のなかで特に観てみたい映画にフィリップ・マーロウを演じた『かわいい女』があります。
私は原作が好きなので私の中ではフィリップ・マーロウとは若干イメージが違うのですがどう演じているのか興味があります。

2000年にイーストウッドの『スペースカウボーイ』に宇宙飛行士役で出演していました。これはとても良かったです。
この映画はもう10年以上前の映画になるのですね。
日本公開作の最後の作品が『きみに読む物語』『2004年)これは残念ながら観ていません。

熱心なファンというわけではありませんでしたが観ることが出来た映画ではいい味を出していた方でした。
主役も脇役も、コメディタッチな役もシリアスな役もできる人で甘いマスクで女性には人気があったのでは…と思います
アメリカの俳優さん!という感じで爽やかでユーモアのある人でした。
観ていない映画も多いので特に西部劇とか探偵物とか機会があれば観てみたいですね!
また素敵な俳優さんが亡くなりました。ご冥福をお祈りします。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/342-6b22c2f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)