FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



オズ三部作
ディズニーの新作「オズ たたかいの始まり」(サム・ライミ監督)が公開されています
小説や映画の「オズの魔法使い」の中で少し触れられていた奇術師だったオズがどのような戦い(冒険)を経て『オズの魔法使い』になったかの前日譚が3Dで描かれているようです。

このようなことは例えば「赤毛のアン」のアン・シャーリーがプリンス・エドワード島のグリーンゲイブルズに来る前の物語が新しくバッジ・ウィルソンという女性児童文学作家により2008年に「こんにちはアン」(新潮文庫)で描かれたりとしばしばあることなのでしょうがディズニーがここに着眼したのはやはり素晴らしいと思います。

思えばライマン・フランク・ボームが小説「オズの魔法使い」を発表したのが1900年
そして映画の決定版!といえるジュディ・ガーランド主演のMGMのミュージカル映画「オズの魔法使」が公開されたのが1939年(サイレント時代に何度か映画化されているようですしブロードウェイで舞台化されたミュージカルを映画化した「ウイズ」などもありますが…)
そしておよそ50年後にディズニーで続編ともいうべきボーム原作の2作目「オズの虹の国」と3作目「オズのオズマ姫」をベースにつくられた「オズ」がつくられたのが1986年、そして今回の「オズ たたかいの始まり」とスターウォーズもびっくり?75年をかけて作られた壮大な3部作とも?言えるのではないでしょうか
スターウォーズ風に言えば今度の作品がエピソード1、39年の作品がエピソード2,86年の作品がエピソード3になります

ライマン・フランク・ボームの原作は全部で14作ありハヤカワ文庫から出版されていました。私は好きで10作品読んでいます。他に『オズ』ものではありませんが「魔法がいっぱい」もハヤカワから出ていました。
ボームの死去、別の作家が書いたオズの物語もあるようです。
ヒットすれば新たにエピソード4,5…とまたオズの国での物語をスクリーンで見ることができるかもしれませんね

「オズ はじまりの戦い」の監督はサム・ライミ。「スパイダーマン」シリーズが有名ですがあのシリーズも決して明るい話ではありませんし、私のなかでは「ダークマン」とか「死霊のはらわた」などのイメージが強い人です。
ただライミ本人へのインタビューを読んでいると「白雪姫」など昔のディズニーの大ファンで今回、「脚本を読んで前向きなメッセージがあり見て幸せになれそうだった」と語っているのをみるとディズニーのファミリー映画としてもかなり期待していいような気がします。

児童文学の名作として、MGMの不朽の名作ミュージカルとして、またスタンダードな名曲として本や映画よりもおそらく有名な『虹の彼方へ』…全世界の人々に親しまれた『オズのまた新しいはじまり』がはじまります。

『オズの魔法使』(The Wizard of Oz)1939年 ヴィクター・フレミング監督 MGM 
   ジュディー・ガーランド主演 レイ・ボルジャー ジャック・ヘイリー
『オズ』(Return To Oz)1986年 ウォルター・マーチ監督 ディズニー
   フェアルザ・バルグ主演 ニコール・ウィリアムソン ジーン・マーシュ
『オズ はじまりの戦い』(Oz:The Great and Powerful) サム・ライミ監督 ディズニー
   ジェームズ・フランコ主演 ミラ・クニス レイチェル・ワイズ
『ウイズ』(The Wiz) 1979年 シドニー・ルメット監督 ユニバーサル
   ダイアナ・ロス主演 マイケル・ジャクソン レナ・ホーン

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/32-b25e29bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)