FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



椛島と新「ソレイユ」号就航
椛島(五島市椛島)と新「ソレイユ」号の就航(福江港ー椛島・木口汽船)

『椛島』は長崎県・五島列島の玄関口で最大の島になる福江島の玄関口、福江港の沖合い、北東約16kmにあります。
離島の離島になります。
面積は10.41平方メートル、周囲約25kmと五島列島では8番目に大きい島になります

島の周りにはツブラ島、椎ノ木島、中ノ小島、二子島、草島などの小さい島が点在しています。
このなかでは一番大きな島になる椛島の西側にあるツブラ島にはかつて人が住んでいたそうですが今は無人島になっています。ほかの島もいずれも無人島です。
島の人口は180名たらず、島の約85%が山間地になります
島は2つの島が重なっているような蝶のような形をしていて中央部になる椛島港の狭い部分は200m足らずになります。
島の東側が本窯町に、西側が伊福貴町になります。
町のそれぞれに漁港がありそれぞれが福江港と連絡船で結ばれています

福江港と椛島の間は木口汽船の旅客船『ソレイユ』が運航されていました。
この航路は元々は桑原海運という会社が運航していましたが休止により木口汽船が引き続き運航しています。

木口汽船はこの椛島航路の他、福江ー久賀島の航路や半潜水型のグラスボードや五島を巡るクルージングなど観光船などを運航しているようです。

それまでの『ソレイユ』は観光船だった船を改造して旅客船として使用してきたことや進水より22年経ち老朽化してきたことなどから新船の誕生となりました。
新しい『ソレイユ』号は広島のツネイシクラスト&ファシリティーズ株式会社という広島の尾道にある造船所が建造しています
ホームページを見てみますとこの会社は建設事業や救命艇、アルミ合金製船舶などを主に手がけている会社となります
新ソレイユ号は全長21.4m、総トン数は19t、旅客定員は60名、最高速度24ノットになります。
建造費は1億4千万円になります。

新ソレイユ号は一日三往復、福江港は変更になっていなければ福江港の第二桟橋より発着して島の2ヶ所本窯港、伊福貴港へと足を伸ばします。料金は伊福貴まで800円、本窯まで820円のようです


福江港  ⇒     本窯港      ⇒   伊福貴港   
7時25分    7時48分 7時55分        8時      
13時15分       →             13時34分     
16時35分       →             16時54分      

伊福貴港  ⇒     本窯港      ⇒     福江港
8 時5分           →              8時24分
13時40分    13時45分 13時50分       14時13分
17時       17時05分 17時10分       17時33分


島に渡るにはこの定期路線の他にも人数が集まれば瀬渡し船の利用も可能なようです
また新ソレイユ号は時間が空くときは観光船としても活躍するようです。

『椛島』に人が住み始めたのは平家の落人が住んだのが始まりと伝えられています
その後、隠れキリシタンがやってきて島を開墾し畑を作り始めたといわれています
江戸時代は豊かな漁場や炭、塩の産地として知られていました。
年貢は塩で納められといわれています
明治時代になってからも漁業は盛んでかつてはマグロ網代、鰤飼付漁場、鰹節製造工場があっつたそうで昭和23年から数年間イワシが大量に採れたため島は漁業基地となり一時は島の人口は4000人近くに膨れ上がったそうです。
昭和25年を過ぎると漁獲量は減りイワシブームは去ったそうです。
その後も沿岸漁業の他、ハマチの養殖も行われたそうですが今は行われていません。
現在は半農半漁の静かな島となっています。

今、この島のことが全国的なニュースでとり上がられるのは椛島の沖合い1kmに設置されている〈海に浮かぶ発電所〉浮体式の洋上風力発電所だと思います
この発電所は環境省が2MW級日本最初の浮体式洋上風力発電実証機の設置を目指して平成22年から事業を始めています。椛島沖は年平均速度7.5m/sの風速が見込まれまた波高1m以下の出現頻度が年間89%と穏やかなため選定され2012年には発電能力が100KWの小型試験機が発電を開始し、2013年10月には2MWの大型風車(実証機)が運転を開始と認証実験が順調に続いています。

過疎化が進む島とその沖合いで進む日本のエネルギー政策の未来を託したプロジェクト,
日本の現在と未来の一部が映し出されています。
この風力発電所のプロジェクトは直接、椛島の人々の生活に影響はないでしょう。
このプロジェクトが成功・定着して少しでも五島の、椛島の人口の流出の歯止めや島の振興に何らかの力になればいいですが…
ただ五島という国境に近い島々で普通の生活が営まれ、大きなプロジェクトが行われることは海洋国家・日本の国にとって大切な事だと思います。

4月から就航している『ソレイユ号』がこれからも『椛島』の人々の生活を守り、これまでよりも少しでも快適に福江港まで買い物や通勤、通学、病院通いなど生活の足として利用されればいいな…と思います

収支面は厳しいでしょうが路線の維持。1日3本という便数は確保していただきたいです。
市・県・国ともにこれからも支えて欲しいと思います。
 
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/317-93c20a26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)