FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



『太古フェリー』の進水式 (野母商船)
『太古フェリー』の進水式

1月27日のローカルニュースによりますと「野母商船」が運航しています博多ー五島航路の『太古フェリー』の新しいフェリーの進水式が大分県の臼杵造船所で行われたそうです。
進水式には関係者が約200名出席して新しい船は現行船と同じ『太古』と命名されたそうです。

現行の『太古』は1992年に就役しており総トン数は1272トン、航海速度は17.5ノットでしたが新しい『太古』は総トン数が1500トンと一回り大きくなり、航海速度も19ノットと早くなり所要時間も現行の9時間から1時間程度の時間短縮が見込まれているそうです。
積載できる車両も現行の44台より11台多い55台になっているようです。


この航路を運航している「野母商船」は長崎市に本社を置く海運会社になります。
子会社に長崎汽船、津吉商船、野母商事、北松通運などがあり子会社も含めて博多ー五島航路の他は長崎港ー香焼航路(三菱造船の通勤専用航路)、長崎港ー伊王島・高島航路、佐世保ー相浦ー前津吉航路を運航しています

博多と五島列島を結ぶ航路は1930年に博多ー上五島航路が開設されたようです。
そして1965年に博多ー上五島ー福江間で初代の貨客船『太古丸』が就航し、1979年に2代目の旅客フェリー『太古』が就航、そして1992年に現在の三代目『太古フェリー』が就航して現在まで活躍しています。
今回進水式が行われた新しい『太古』は4代目になるようです。


現在のこの航路は
《下り便》は博多港23時30分→宇久4時10分着、4時20分発→小値賀4時50分着、5時00分発→青方6時00分着、6時20分発→若松7時10分着、7時20分発→奈留8時10分着、8時20分発→福江9時00分着

《上り便》は福江港10時40分→(奈留、若松は停泊せず)→青方12時20分着、12時30分発→小値賀着13時30分着、13時40分発→宇久14時10分着、14時20分発→博多18時55分着
のダイヤで運航されています。

現在の3代目フェリー『太古』も部屋はスイートルームや特別和室、グリーン寝台、ペッド同伴ルーム、2等などいろいろなタイプが用意されているようです。
浴室やレストランはないですがシャワールームや売店、自販機、ゲームコーナー、ラウンジなども用意されていて船の中の設備はかなり充実しているように思います。


進水した新しい『太古』は個人旅行や小グループ旅行の増加に対応するため個室を増やしバリヤフリー化を進めているそうでより充実した船内構造になっているようで楽しみですし乗船してみたいです。

以前ブログで『RORO船』を紹介し補助制度が活用されたことを書きましたが今回も長崎県の離島航路補助制度が活用され建造費の22億円は県が負担しているようです。
また航路運賃も引き下げが予定されているようです。


九州の中心地の「福岡」(博多港)と直接結ばれる航路が存続し新しい船が就航するのは本当に嬉しいことです。
欲を言えば
本当は2艘、フェリーがあれば博多、五島とも朝、夜の便と2便運航でき船による日帰りも可能になりよりいろいろな旅の可能性が広がると思うのですがそこまでは難しいのかもしれません。

新しいフェリーは6月に完成して、7月に就航する予定だそうです
五島には世界遺産登録を目指している島々に点在する教会やそれにまつわる歴史、豊かな自然、美味しい料理などたくさんの魅力があります。
この新しいフェリーが観光客の増加や島で生活する人々の移動時間短縮など生活向上などに役立てばと思います。
期待したいです。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/278-b905277b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)