FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



年末年始の高速バスの予約状況から~西鉄バス~
年末年始の高速バスの予約状況から~西鉄バス~

12月18日の読売新聞に西日本鉄道が年末年始(12月20日から1月5日まで)の長距離高速バスの6路線の予約状況を発表した記事が掲載されていました。

ここで掲載されている長距離高速路線バスとは福岡ー東京線、福岡ー横浜・池袋・大宮線、福岡ー名古屋、福岡ー大阪・京都,福岡ー倉敷・岡山、福岡ー丸亀・高松の6路線になります。この6路線は西鉄が単独運行かもしくは共同運行している路線になります。
全て夜行便となります。

新聞によりますと年末年始は増便などして提供座席を増やしていますが8割がすでに予約済みとなっていて16日時点で平均で前年同期比で予約数は31.1%と大幅に伸びているそうです
顕著な例として大宮線が79.1%、高松線48.8%、東京線31.2%増と延びていると掲載されております。

この予約率、前年比は西鉄のホームページにも【長距離高速バス 年末年始の予約状況と臨時便増発について】ということで記載されております

福岡ー東京線 予約率54.4% 前年比131.2%
福岡ー横浜・池袋・大宮線 予約率80.5% 前年比179.1% 西武バスとの共同運行
福岡ー名古屋線 予約率61.5% 前年比108.9% 名鉄バスとの共同運行
福岡ー倉敷・岡山線 予約率71.5% 前年比96.3% 両備バス・下津井電鉄との共同運行
福岡ー丸亀・高松線 予約率75.3% 前年比148.2% 四国高速バスとの共同運行
福岡ー京都・大阪線 予約率66.7% 前年比138.1% 阪急バスとの共同運行
このほかに臨時便増発について大阪・京都便を除く5路線と福岡ー鹿児島線、福岡ー宮崎便の合計7路線で臨時便(臨時設定台数)の増加が計画されているようです
(ツアーバスから移管したバス事業者との多く競合が厳しい福岡ー大阪・京都は現在は増便は予定されていないようです。)
この便数についてもホームページ上で詳しく掲載されています

大幅に増加した要因として8月1日より導入された「新高速乗合バス制度」の導入によりツアーバス事業者の撤退が相次いだこと、今年の正月休みが日並びが良くて長く休みを取りやすく帰省やレジャーで利用する人が増えていることが挙げられています。
また景気に回復の兆しがみられることも影響していると思います

高速無料化、ツアーバスの台頭などによりかつてはドル箱だった高速バスが打撃をうけいていたバス会社としては少しホッとしているかもしれません。
低価格だけでなく何よりも大事な安全性にも配慮した新制度は現在のところあまり問題点など話は聞きませんしある程度、機能しているのではないでしょうか

ただ廃止になった路線なども多いのは事実ですので現在も運行しているバス会社は利用者の足を守る使命もあると思います。利用者が多い路線は増便、要望のある新路線の検討、乗継割引の発売など利用者の要望をある程度汲み取ってほしいです



またホームページ上では【年末年始 長距離高速バスの空席状況】ということで12月20日より1月5日までの6路線の空席状況が表にまとめられ掲載されています。18日現在では満席はまだなくて10席未満がちらほらといった状況になっています。ホームページ上にこういう形で紹介されるのはいいことだと思います

ただ天神や博多のバスターミナルなどには6路線以外の長距離高速バスも運行されています
福岡ー高知(土佐電気鉄道、高知県交通が運行)、福岡ー道後温泉・松山(伊予鉄道が運行)、福岡ー米子・鳥取(一畑バス、JR中国バスが運行)、福岡ー出雲・松江、福岡ー三重(三重交通が運行。1月5日で廃止)でこれらはかつて西鉄が運行していたバスで現在は運行からは撤退して現在は窓口の取次ぎ業務を担当している路線になります

できることならこれらの福岡乗り入れの長距離高速路線バスも一緒に予約状況を記載したらと思います。
大多数の利用者は自分が乗るバスがどこの会社のバスかというのはあまり関係なくて乗車地がどこでいくらかかり時間がどれくらいかかりどこで降車するのかが問題だと思います。
天神や博多から乗る、降りるということは西鉄というイメージが強いと思います。
直接、西鉄が運行してなくても天神を経由するバスとして掲載していればお客さんにわかりやすいと思います

バス会社どうしはあまり連携がよくないと思います。
同じバス停名であってもバス停の場所が違ったり乗継を考慮していなかったり…
それぞれ利害関係があるのは仕方がないことですがなるべく乗客の立場にたち乗客が利用しやすい次もまたバスを利用しようと思えてもらえるようにできるだけ細かい配慮、サービスを考えていただきたいです

予約状況などによりバスの便数の再検討なども考えてあるようですし九州内の高速路線バスも大幅な増便が行われお客さんのニーズに合わせるようにしてあるようです。高速路線バスは一年中頑張っています。
安全運転で新制度初のお正月休みを事故や問題などなく運行していただきたいです
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/257-db881206
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)