FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



追悼 エリノア・パーカー
追悼 エリノア・パーカー

訃報が続いています。アメリカの女優さん、エリノア・パーカーが12月9日に亡くなりました。91歳でした。

エリノア・パーカーというとまず忘れられない映画が『黒い絨毯』になります。
最初に観た彼女の映画にもなります。
この映画では彼女の美しさに圧倒されました。
大好きな女優さんはたくさんいますが最初にみてその魅力に圧倒される…
『カサブランカ』のイングリット・バーグマン、『魅惑の巴里』のケイ・ケンドール、『素晴らしき哉、人生!』のドナ・リード… と思い浮かぶまま書きましたがそういう経験はあまりありません。
彼女にはそういう気高い美しさ、魅力がありました。

アマゾン奥地での人食い蟻との戦いを描いたこの作品は昔はときどきテレビで放送されていました。
エリノア・パーカーは適役でしたしッチャールトン・ヘストンもぴったりの役でした。
ドキドキワクワクして面白かったです。
バイロン・ハスキン監督はこれと『宇宙戦争』が私にはベストです。『宇宙戦争』はリメイクのスピルバーグの映画より好きですし面白いと思います。

次に言及したいのは『探偵物語』。ニューヨークのある警察署の1日を描いたドラマでした。
ずいぶん昔に観ていて話はほとんど忘れてしまっていますが前半は割と淡々としていて刑事達の日常がいろいろと描かれていてそれが伏線にもなっていて後半になると緊迫感のあるドラマチックな展開に発展していく…という素晴らしい映画でしたね。
どうしてもエド・マクベインの87分署シリーズを想起させますが原作はシドニー・キングスレイの舞台劇になります。ウィリアム・ワイラー監督の作品になります。
≪ウィリアム・ワイラーに外れ無し≫私が勝手につくった映画の法則?ですがこの映画も見ごたえありましたね。
カーク・ダグラスの個性も生かされているし彼としてもベスト作の一つになるのではないでしょうか
エリノア・パーカーはダグラスの妻役で美しくて役柄も適役でとてもよかった記憶があります(アカデミー主演女優賞にノミネートされています。)
『007は殺しの番号(ドクターノオ)』でノオ博士を演じていたジョセフ・ワイズマンが強盗犯で出ていたりと脇役もよかったです。もう一度観たい映画になりますね

美しくて近寄りがたい印象や庶民的な感じがあまりしないことなどがあったりして役柄が限定されたりして作品に恵まれなかったことなどがあったのかもしれません。
今回、新聞で代表作として紹介されていた『サウンド・オブ・ミュージック』とそしてもう一つの代表作の一つ『黄金の腕』はどちらかと言うと観客の反感を買うような役柄でした。
『サウンド・オブ。ミュージック』ではジュリー・アンドリュースを、『黄金の腕』ではキム・ノヴァクを引き立てるような損な役柄だったような気もします。
ただ2本とも後で考えてみると演じる側としてはやりがいのある役柄でしょうし観るこちらがほうが年をとっていくとエリナア・パーカーが演じた役柄の方にも同情したり共感・肩入れしたりしたくなるような印象があります。
美しいだけではない演技派の一面もみせてくれます

ラオール・ウォルシュ監督の『壮烈第七騎兵隊』やアグネス・ムーアヘッド共演でヴェネツィア映画祭女優賞を受賞した『女囚の掟』、ジョージ・シドニー監督でジャネッツト・リーとも共演した『血闘(スカラムーシュ)』やジョン・スタージェス監督の『ブラボー砦の脱出』、フランク・キャプラ監督の『波も涙も暖かい』…とか一度みてみたい、もう一度みてみたい映画がたくさんあります。

『女囚の掟』『探偵物語』『わが愛に終わり無し』で主演女優賞にノミネートされましたが受賞は残念ながらできませんでした。1960年代後半からはテレビでも活躍されていたようです。


残念ながら亡くなってしまいましたが出演された作品のなかで彼女の美しさ、演技ともこれからも輝き続けると思います。
特に『サウンド・オブ・ミュージック』はいつまでも永遠に愛される映画と思うのでエリノア・パーカー演じる男爵夫人も見る人それぞれにいつの時代もそれぞれな印象を懐き感じることができる役と思います。
作品に恵まれなかった面もあったかもしれませんが多くの作品が歴史の闇の中に消えて行く中、こういう作品にめぐりあえていることはアカデミー賞はとれませんでしたが彼女が幸運でもあり実力があったからだと思います
ご冥福をお祈りします





スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/252-0d35d92d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)