FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



佐世保港万津ターミナルビル(旧市営万津桟橋ターミナル)~サセボところどころ~
佐世保港万津ターミナルビル(旧市営万津ターミナル)~サセボところどころ~



新みなとターミナルの手前にある万津ターミナルビルになります。
かつてはここを基点に離島や長崎各地に船が発着していました

P1040286_640.jpg
IMG_0138_640_20130902172723b5b.jpg
フェリーターミナルの変遷は佐世保港の発展とともにありました。

軍港として急速に発展してきた佐世保港は最初は定期船が停泊できる専用の岸壁や桟橋はなく沖合いに船を停泊させそこまで和船を何度も往復させて人や荷物を運搬していたそうです。
そこで大正4年(1915年)に佐世保川の河口に位置する万津町で護岸工事が開始されました。
そして大正13年(1924年)に『万津市営桟橋』(市営恵比須桟橋)が完成しました。

当時どのような航路があったのかは詳しくはわかりませんが現在のように鉄道や車が発達していない時代なので赤崎・俵ヶ浦など佐世保市内や県内各地はもちろん、北九州・瀬戸内・関西などと船で結ばれ人や物資の行き来が行われていたようです。
戦争中は商港の機能は相浦港に移ったりしたこともあるようですが戦後はそのまま戦前の施設を引き継いでいたようです。

その後、小規模な改造などはあったかもしれませんが昭和36年(1961年)に待合所がそれまでの木造から鉄筋コンクリート2階建ての建物に生まれ変わりました。

ただ輸送量の増大、船の大型化などに対応できる施設ではなかったようで埋め立て、岸壁の整備、浮き桟橋の新設、道路の建設、待合所の改築など抜本的な整備がはじまり、昭和47年11月に70mの桟橋と待合所が、昭和49年には22mのフェリー専用桟橋と28mの旅客船桟橋が竣工したそうです。
そのとき完成した待合所がこの『佐世保万津ターミナルビル』になると思います。
総面積が約3000平方メートルで鉄筋コンクリート3階建て3億2000万かかったそうです。
1階には待合所、切符売り場、売店、手荷物預かり所、観光案内所
2階には団体待合所、食堂、ロビー
3階には佐世保市の港湾部の事務室や会議室がありました。
私が知っている万津桟橋のターミナルになります。
今も佐世保港のターミナルと言うと私の中ではこのターミナルのことがまず思い浮かびます。


並行してかつて佐世保港の暗礁として船の運航の際に支障をきたしていた佐世保川の河口付近にあった「鯨瀬」は埋め立て工事が進み鯨瀬埠頭となり平成元年には展望室も兼ね備えた『鯨瀬フェリーターミナル』となり上五島などへの船の発着に現在も利用されています。
(『鯨瀬ターミナル』は別に取り上げることができたら…と思っています。)

その後もこの『万津ターミナル』はしばらくは利用されていたと記憶していますがポートルネサンス計画や駅前再開発の進行によりかつて桟橋があった付近も埋め立て工事が進み、平成15年にこのビルより先の埋め立てられた地区は『新港町』となり生まれ変わりました。

近くに大きなマンションが建ったり、目の前に以前記載した『新みなとターミナル』が整備されたり、すぐ横では今年11月に完成する『五番街』の工事が進んでいてこのビルは取り残された感じがします。

ただ少し佐世保川沿いに万津町の町を歩いてみると朝市の行われている場所や海運事務所や古くからのお店もありこのビルともども昔からの面影が残っていて少しほっとした気持ちにさせられます
(『万津町』は別に記載できたら…と思っています。)



IMG_0136_640.jpg

(前方にある建物が造成地につくられた「新みなとターミナル」になります)
IMG_0134_640.jpg

(横で工事が進んでいるのは『五番街』と呼ばれる商業施設になります)
IMG_0133_640.jpg

(横には新しいマンションが建っています)
IMG_0132_640.jpg

フェリーのターミナルビルとしての役割は終えたこのビルですが現在も『日本水先人会連合会』の事務所や『海事法事務所』『佐世保子ども劇場』の事務所などが入居しているようです
また佐世保市の『産業支援センター』というこれから新しく佐世保で起業しようとしている人を支援する事務所や貸し出している事務所などがあるようです。
古くなったビルですが今はこれから新しい佐世保の担い手になる人たちの活躍の場として第二の人生を歩んでいます。

IMG_0137_640.jpg
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/193-ca4a57ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)