FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



再放送の番組から
再放送の番組から

仕事で帰宅が遅くなることもあり、どうしても見たい番組は録画してみています。
衛星放送で放送されていて毎回楽しみにしている番組が4作品あります。

日曜日にBS日テレで放送中の「立花陽介シリーズ」
この作品については何度か書いていますので言及しませんが見ごたえがあり好きなドラマです。このシリーズの脚本を担当されていた岡本克己さんについて「岡本克己の仕事」として取り上げています。
現在、時間が取れなくて更新ができない状態が続いていますがまた折を触れてできたらと思っております。
夫婦役の主演の水谷豊と森口瑤子がお似合いでいいです。

2本目はBS朝日でに金曜日の夕方放送の「バビル2世」、
これはすっかり忘れていますが懐かしいです
途中で登場人物の大幅な変更があり舞台も変わって以前出ていた登場人物はどうなったの?などいろいろな?はありますがなかなか楽しいです。

3番目は「鬼平犯科帳」
BSフジで月~金まで毎日、放送されています。
月曜日が中村吉衛門版、火曜から金曜までは萬屋錦之助版の「鬼平犯科帳」が現在、放送されています。
私は時代劇が好きで、「鬼平犯科帳」も好きです。長谷川平蔵は4人の俳優が演じています。
やはり私には中村吉衛門が馴染み深いですが4人ともそれぞれ素晴らしいですし面白いです。
「鬼平犯科帳」は基本的に池波正太郎の原作以外の作品は作ることができないのですがそれぞれの俳優がどのように鬼平を演じているのか、毎回どのようなドラマになっているのか楽しみにしています。脇役の俳優さんたちも素晴らしいです。
この番組のことや原作者の池波正太郎のこともいつか書くことができたらと思っています
池波さんは映画にも造詣の深い方で映画に関係ある本もいくつかあります。また大河ドラマにもなりましたが私が好きな真田一族を主人公にした小説も数多く執筆されています。
最近、映画に関する本を購入しました。ほかにも映画の本を購入していますので書くことができれば…と思っています

4番目はBSのNHKで水曜日に放送されています『アルプスの少女ハイジ』
あまりにも有名な作品で今をときめく宮崎駿や高畑勲がスタッフとして参加していることでも知られています。
私も昔、何度か見たことがありますし、ダイジェスト版(映画版)とかも見ていますが細部は忘れていますね。
何回観てもいいものはいいといった感じで毎回の放送が待ち遠しいです、
今回見ていて思うのは私が年を取ったせいでしょうがハイジや、クララ、ペーターはもちろんですが彼らを見守る大人にも目が行きます。
これはやはり素晴らしい作品ですね。
『第三の男』の中でオーソン・ウェルズ扮するハリー・ライムが観覧車のなかで『スイスは鳩時計しか生み出せなかった』とか言う結構、有名なシーン・台詞があります。
私の中でのスイスのイメージはこのアニメのドラマの影響に負うところが大きいです。

最近、1952年に映画化された実写版のイタリアのルイジ・コメンチーニが監督した「アルプスの少女ハイジ」を観ることができました。なかなかよく出来ている作品です。
またよく見させてもらっているブログで『アルプスの少女ハイジ展』などが開催されていることも知りました。

アニメ化自体かなり前の作品ですがこの作品はこれからも愛されて残っていくでしょうし、もちろんヨハンナ・スピリの原作も読み継がれていくことでしょう。
考えてみましたら私は原作者のヨハンナ・スピリのこともほとんど知りませんし、映像化された作品のことも知りません。
簡単にですがヨハンナ・スピリのことやハイジの映像化された作品や作品に係わった俳優さんや監督などを調べてみてわかる範囲で記載できたら…と思います。


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/172-29afeea5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)