FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



俵町カトリック教会/上佐世保駅跡 (佐世保市俵町)~サセボところどころ~
「俵町カトリック教会」

俵町カトリック教会

国道206号線沿いの高台に俵町教会はあります。
松浦鉄道の「北佐世保駅」、また路線バスの「俵町バス停」からもすぐ近くなります。
駐車場もありますし大変、便利な場所になります

俵町教会は1938年に俵町の近くになる松山町に教会ができたことが始まりのようです。
当時は平日は保育所として、日曜日は広間のなかで祭壇のカーテンを開けてミサを実施されていたようです。
地すべりの危険性があり1951年(昭和26年)に廃止になっていた上佐世保駅舎を買取して現在の場所に移転されました。
最初は駅舎をそのまま利用されていたようです
翌年に、新教会堂が完成して『俵町教会堂』と命名されました。
1969年(昭和44年)長崎教区直轄として編入されました
現在の教会の建物は平成7年に改装されています。
教会内に入ることはできませんでしたが中にはパルプオルガンが備えてあるそうです
1000人弱の信者さんがおられコーラスなど文化活動も盛んなようです

俵町カトリック教会その2

P1050354_640.jpg

P1050365_640.jpg

P1050361_640.jpg
P1050353_640.jpg
P1050357_640.jpg
P1050359_640.jpg


横には桜の聖母幼稚園があります。

俵町桜の聖母幼稚園
桜の聖母幼稚園カトリック教会側より

P1050364_640.jpg

P1050366_640.jpg

また少し離れた高台には『聖和女学院』や『善きサマリア人修道会佐世保修道院』(松山町)が併設されています



「上佐世保駅跡」

1920年(大正9年)10月7日開業  1943年(昭和18年)8月30日廃止

俵町カトリック教会碑

現在の『俵町カトリック教会』にはかつて「上佐世保駅」の駅舎がありました。

「上佐世保駅」は佐世保軽便鉄道(後に佐世保鉄道に改称)の佐世保市内のターミナル駅として1920年(大正9年)に現在の俵町カトリック教会付近に建設されました。

佐世保軽便鉄道は1918年に鉄道敷設願いが提出され、同年に認可された後まず柚木ー大野(現在の左石)-相浦間が開通しています。
翌年、この上佐世保と大野(左石)間も開通しています。
国鉄の佐世保駅(1898年に開業)との間の約3kmは連絡バスにより結ばれていたそうです。

佐世保軽便鉄道は人の輸送もですが佐世保や北松地区で産出される石炭の輸送に主眼をおいていました。.
その後,実盛谷(現在の本山ー上相浦間付近・現在は廃止)-臼ノ浦(現在は廃止)、四ツ指(その後、四ツ井樋に改称、佐々ー小浦間付近・現在は廃止)-佐々間、世知原ー吉井ー佐々間が順次、開通していきました。


軌間(レール幅)が国鉄の1067mmに対して762mmの軽便鉄道でしたがそのままで昭和11年に国に買収されました。
やがて佐世保からの延伸もはじまり軌間1067mmの路線が昭和18年に左石まで到達、やがて全ての軌間が1067mmに改良されました。
軽便鉄道の一部路線は、そのまま松浦鉄道の線路として利用され、その後、第3セクターの松浦鉄道になり現在に至っています。
線路の変遷により支線となっていた柚木線(左石ー柚木)、臼ノ浦線(佐々ー臼ノ浦)、世知原線(世知原ー吉井)は国鉄時代にすでに廃止されています。

佐世保軽便鉄道の佐世保のターミナル駅であった「上佐世保駅」は車庫も併設していたそうです。
国に買収された後、近くに「北佐世保駅」が出来た後も佐世保の玄関口として役割を果たしていましたが佐世保ー左石間の開通、軌間の変更もあり廃止となったようです。

駅の遺構などは殆ど残っていないようでここにかつて駅があったのはこのプレートでしか確認することはできないのかもしれません。

教会の裏にある道路、松浦鉄道の線路も見てみました。
「山の田駅」(北部側)から北佐世保駅駅に近づく際に列車は左にカーブしながらトンネルに入りやがて高台にある「北佐世保駅」に着きまますがカーブせずそのまま直進したのでしょうか?その先に教会があるのでそうではないかと推測できますがよくわかりません。

近くにの高台にある「北佐世保駅」よりは利便性は高くてわかりやすい場所なのでここから国道沿いに佐世保駅まで線路が延びていれば乗客ももっと多かったのでは…とは思います。
ただ資金、当時の土木技術、坂が多くこの場所が佐世保川沿いの谷底にあたり平地が少なく国道も隣接していること、既存の路線を利用しながら繋げたなど様々な事情がそれを許さなかったのでしょうか。

こうしてプレートで上佐世保駅のことが記載されていることだけでも良いことだと思います。
いろいろな遺産が消えつつありますがどのような形でもよいので可能な限り残していただけたらと思います

P1050362_640_20130824190638139.jpg
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/162-261b3d0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)