FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



次の次の次の大河ドラマが楽しみ
次の次の次の大河ドラマが楽しみ

NHKが2022年の大河ドラマが三谷幸喜さんが脚本を担当する『鎌倉殿の13人』になることを発表しました。
Yahoo!ニュースのなかのOricon Newsからです。
源頼朝を支えた13人の家臣が頼朝の子、頼家の暴走をきっかけに合議制を定めパワーゲームを繰り広げ北条義時が権力者になるまでが描かれるそうです。
主人公の北条義時には小栗旬が決定していますが他のキャストは未定のようです。
三谷さんは大河ドラマでは『新選組!』、『真田丸』に続く3本目の脚本担当作となります。

これは楽しみ!ですね。
まず三谷さんの脚本が楽しみです。三谷さんは歴史に造詣が深くて大河ドラマの2作品のほかにもご自身で日本三大会議と言われている1945年の『御前会議』、征韓論の会議、清須会議のうちの『清須会議』を映画化されています。
以前ブログに書きましたが『清須会議』公開の時に雑誌での安西水丸さんとの対談は面白かったです。
三谷さんも安西さんもそうでしたが歴史でも主役より脇役的な存在が好き、群像劇が好きなんだだそうです。
三谷さんは頼朝の弟の源範頼とか好きなんじゃないかと思います
範頼を、義時を、謎多い頼朝の死を、御家人による権力闘争などを三谷さんがどう描くのか楽しみです。

もう一つは先日亡くなった中山仁さんを書いたときに書きましたが私は大河ドラマの『草燃える』が大好きなこともあってこの時代が好きなのでとても楽しみです。
あまり目立たないですが今度、主役となる北条義時はこの時代の主役だと思うのです。
父である時政を追放し、御家人たちとの権力闘争、朝廷との闘い・承久の乱を処理して摂家将軍(後には皇族将軍になりますが)を成立させ執権政治を確立させる礎を築いた大政治家です。

歴史上の2代目の人は表舞台に出ることはあまりありませんが藤原家の不比等、後北条の氏綱、そして義時・・と2代目がしっかりした家は長く続いて繁栄していると思います(徳川家の秀忠も入れてもいいかもしれません。足利義詮は違うと思いますが・・・)

この時代を描いた大河ドラマは私が知っているのは平将門の『風と雲と虹と』、『草燃える』、『炎立つ』、『義経』、『平清盛』と意外と少ないです。それぞれが描かれる時代・視点が違っていて面白いと思います。
この時代なら私が大好きな木曽義仲を主人公にした作品もいつか作って欲しいです。
(映画では未見ですが大河ドラマにもなっている吉川英治原作の『新平家物語 義仲をめぐる三人の女』があるようです。)

どんなキャストになるのか松平健さんには出演してほしいですね。どんな話になるか楽しみです



※Yahoo!ニュースの『Oricon News』を参考にしました

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/1109-59e7e0a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)