FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



ジュリー・アダムス
追悼 ジュリー・アダムス

アメリカの女優 ジュリー・アダムスが2月3日に亡くなりました。92歳でした。

海外ドラマboardのなかざわ ひでゆきさんの記事などを参考にしていますがジュリー・アダムスは1926年生まれになります。
最初は映画やテレビに端役として出演、その後1949年にユニバーサルにスカウトされています。
1951年にジェームス・スチュワート主演の『怒りの河』に、続いて『決斗!一対三』、『征服されざる西部』、『ミシシッピーの賭博師』、『平原の待伏せ』と西部劇のヒロインとして活躍しています。
そのうち私が観ているのは『怒りの河』、』、『平原の待伏せ』だけで『征服されざる西部』は題名も知りませんでした。
知らなかった『征服されざる西部』も『平原の待伏せ』と同じ有名なバット・ベティカー監督作品でした。
他の映画もラオール・ウオルシュ、アンソニー・マン、ルドルフ・マチと有名な監督の作品ですし主演もスチュワート、ロック・ハドソン、ロバート・ライアン、グレン・フォードと当時のスターになります。
『怒りの河』、』、『平原の待伏せ』はそれぞれ大好きで素晴らしい映画です。
ジュリー・アダムスも清潔感があって印象的なヒロインを演じていたと思います

そして1954年に有名な『大アマゾンの半魚人』でヒロインを演じています。
この映画を私は残念ながら観ていないのですがDVDも発売されていますしジュリー・アダムスが出演していない続編の『半魚人の逆襲』も含めて観てみようと思っています。
ただこの映画が有名になってしまったこともあり「どんなに頑張っても『大アマゾンの半魚人』のジュリー・アダムスとみられてしまう」と本人が語っているようにフィルモグラフィーをみてみると知らない作品が多くなっていき間隔が空くことが多くなります。
その後は私が観ている映画は『マックQ』(1973)、『ハートに火をつけて』(1989)、『ワールド・トレード・センター』(2006年)になります
映画と並行して端役のころからテレビドラマへの出演もしており50年代後半からはテレビドラマへの出演が多くなり日本でも放送されているような有名なドラマシリーズに何本も出演しています。
2010年代に入っても映画、ドラマへの出演があり、最後の作品は2018年の自身の自叙伝を映像化した短編だそうです。
息の長い女優さんでした。

本人は『大アマゾンの半魚人』の印象があまりに強くてその後の女優活動は大変だったようですが長く活躍できたのも『大アマゾンの半魚人』のイメージを打ち破ろうとする気持ちや起用する側の記憶などいろいろな面で『大アマゾンの半魚人』などの影響も大きかったかもしれません。

これからもSF、特撮、モンスター、怪獣映画、西部劇など映画が好きな人の記憶に残っていく女優さんだと思います。
『大アマゾンの半魚人』、『決斗!一対三』、『征服されざる西部』、『ミシシッピーの賭博師』は何とかして観たいと思っています。
ご冥福をお祈りします


※シネマトゥデイ、海外ドラマboardなど参考にしました
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/1037-ddf5c09a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)