FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



ミシェル・ルグラン
ミシェル・ルグラン

フランスの作曲家ミシュル・ルグランが1月26日に亡くなりました。86歳でした。
映画館で観たことはないのですが代表作の『シェルブールの雨傘』は映画も音楽も大好きで高校のときに観て以来、何回も観ています。
『ローラ』からの監督ジャック・ドゥミとのコンビ作は有名です。BSで昨年『シェルブールの雨傘』とともに放送された『ロシュフォールの恋人たち』も二人のコンビの代表作だと思います。『ロバと王女』や池田理代子の漫画の実写版の日本映画『ベルサイユのばら』もう一度観てみたい)の音楽も好きです。

ルグランはフランスだけでなくアメリカや他のヨーロッパの国々…と世界中で活躍していてゴダール監督の『女と男のいる舗道』(ゴダールの映画のなかで一番好きな映画です)、『女は女である』。ジョセフ・ロージー監督の『恋』、『エヴァの匂い』。ロバート・マリガン監督の『おもいでの夏』。主題曲『風のささやき』が有名な『華麗なる賭け』。ショーン・コネリーが別の会社でボンドに復帰した『007/ネバーセイ・ネバーアゲイン』がまず思い浮かびます。
それぞれヒロインのアンナ・カリーナ、ジュリー・クリスティ,ジャンヌ・モロー、ジェニファー・オニール。フェイ・ダナウェイ、キム・ベイシンガーとともに忘れられない映画・音楽です。
ドゥミ監督のアヌーク・エーメ、カトリーヌ・ドヌーブ、フランソワーズ・ドルレアック、ダニエル・ダリューも忘れられないです。
ショーン・コネリーやスティーブ・マックイーンと男優が主役の映画もありますがヒロインが印象的な映画が多いように思います。
音楽により、より映画をヒロインを輝かせた作曲家かもしれません。
私のなかでは『シェルブールの雨傘と』、『ロシュフォールの恋人たち』、『女と男のいる舗道』、『おもいでの夏』がベストになります

自伝が出版されたり『ジャック・ドゥミ+ミシェル・ルグラン シネマ・アンシャンテ』が一昨年に発売されたりと関連書籍も数冊出版されています。またコンサートなどで日本にもたびたび来日されていてファンも多かったと思います。昔『題名のない音楽会』に出演されていたのをみたことがあります。

ルグランは映画音楽だけでなくジャズやバレエ音楽やクラシックなど様々な音楽の分野で活動されていたと思いますがやはり『シェルブールの雨傘』をはじめとする映画音楽でルグランのことを知り好きになった人は私も含めて多いと思います。
86歳でしたがまだお元気でアズナブール同様、コンサートなども計画されていたと聞いていたので本当に残念です。
フランシス・レイ、そしてシャルル・アズナブールが相次いで亡くなりそして今回ルグランが亡くなったのはフランス映画、フランス映画音楽、世界の映画音楽にとって大きな損失だと思います
ご冥福をお祈りします

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/1025-4e405da7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)