FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



ペニー・マーシャル
ペニー・マーシャル

アメリカの映画監督でプロデューサー・俳優としても活躍していたペニー・マーシャルが12月17日に亡くなりました。75歳でした。

大学卒業後にテレビ女優としてデビューし。女優として三度、ゴールデングローブ賞にノミネートされています。
自身が出演していた『ラバーン&シャリー』というテレビドラマのいくつかのエピソードの演出を担当した後、『天使にラブソングを…』のウーピー・ゴールドバーグ主演の『ジャンピン・ジャック・フラッシュ』で監督デビューしています。
2作目がトム・ハンクス主演の有名な『ビッグ』。日本でも話題となりましたが世界での累計興行収入が1億5000万ドルとなり初めて1億ドルを超えた女性監督となったそうです。
その後、監督作品としては『レナードの朝』、『プリティ・リーグ』『製作総指揮も)、『勇気あるもの』(製作総指揮も)、『天使の贈りもの』(製作総指揮も)、『サンキュー・ボーイズ』などを、プロデューサーとしては『シンデレラマン』、『奥様は魔女』などの作品に関わっています。。
監督作品では私は『ビッグ』、『レナードの朝』、『プりティ・リーグ』しかみていませんが3本とも見応えのある素晴らしい映画だったと思います。

アメリカで活躍している女性監督は今はたくさんいるのでしょうが私が思い浮かぶのはこの人とノーラ・エフロン、キャスリン・ビグローくらいだったですがノーラ・エフロンに次いでペニー・マーシャルも故人となってしまいました。

ノーラ・エフロンの監督作品『奥様は魔女』はペニー・マーシャルが製作総指揮をしています。
『ビッグ』、『プリティ・リーグ』はトム・ハンクスが主演でしたがノーラ・エフロンの代表作の『めぐり逢えたら』、『ユー・ガット・メール』はトム・ハンクス主演でした。
トム・ハンクスは大スターでたくさんの代表作がありますがこの二人の女性監督の作品はトム・ハンクスの初期の代表作になるのではないかと思います。
またノーラ・エフロンが脚本を担当していた『恋人たちの予感』の監督がロブ・ライナーでロブ・ライナーとペイリー・マーシャルは一時期結婚しています。みんな仲間で交友関係があったのかもしれません。

近年はドラマシリーズの女優さんとして活躍していたそうです
2019年1月アメリカ公開予定のバスケット選手デニス・ロッドマンに迫ったドキュメンタリー映画『Rodman』が遺作となったそうです。お兄さんのゲイリー・マーシャル(『プリティ・ウーマン』などの監督)も2016年に他界しています
ご冥福をお祈りします


※映画ナタリー・映画.comなどを参考にしました
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/1016-7cc30a47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)