FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



ウィリアム・ゴールドマン
ウィリアム・ゴールドマン

アメリカの脚本家であり小説家でもあったウィリアム・ゴールドマンが11月16日に亡くなりました。87歳でした。

イリノイ州出身で大学卒業後、軍隊に入隊、除隊後再びコロンビア、オベリン大学で学んだあと、五つの小説と、三つの戯曲を発表。その後も小説の執筆も続けながら脚本家としても活動をスタートさせています。
インターネット・ムービーデータベースによると脚本家として2作目の作品がロス・マクドナルド原作でポールニューマンが主演した『動く標的』(ジャック・スマイト監督)になるようです。

有名なジョージ・ロイ・ヒル監督の『明日に向かって撃て!』は3作目になるようです。
実在した人物たちを主人公にしたこの物語をゴールドマンは8年かけて書き上げたそうですから実際は『動く標的』の前から書いていたのかもしれません。
8年かけて書いた成果かもしれませんが『明日に向かって撃て!』は監督のロイ・ヒル、音楽のバート・バカラック、主題曲を歌ったB・J・トーマス、主演のニューマン、レッドフォード、キャサリン・ロスそして脚本家のウィリアム・ゴールドマンの代表作そして映画史に残る作品となっていると思います。
『明日に向かって撃て』に主演したころのレッドフォードはまだあまり有名でなかったようですがこの後、ゴールドマンが脚本を担当した『華麗なるヒコーキ野郎』、『ホットロック』、『大統領の陰謀』、『遠すぎた橋』に出演しています。
『大統領の陰謀』でレッドフォードの相棒を演じたダスティン・ホフマンとは『マラソンマン』でも組んでいます。
ニューマン、レッドフォード、ホフマンのそれぞれの代表作だと思います。

監督ともジョージ・ロイ・ヒルとは『明日に向かって撃て』、『華麗なるヒコーキ野郎』とでリチャード・アッテンボローとは『遠すぎた橋』、『チャーリー』で組んでいます。

またとても面白かった『ホットロック』(ピーター・イエーツ監督)。スティーヴン・キング原作でキャシウー・ベイツが怖かった『ミザリー』(ロブ・ライナー監督)。ジョディ・フォスター、メル・ギブソン、ジェームズ・ガーナー、ジェームズ・コバーンと豪華なキャスティングで楽しかった『マーベリック』(リチャード・ドナー監督)、イーストウッドが監督・主演した『目撃』と私が好きな監督の脚本も担当しています

私が観ている映画はフィルモグラフィーをみると『目撃』が最後になるようですが2014年の『ワイルドカード』までその後もいろいろな映画の脚本を担当していたようです

『大統領の陰謀』など社会派に分類されるような作品も手掛けていますが『大統領の陰謀』も含めて映画として単純に面白い見ごたえのある作品が多かったように思います。
脚本家の人はどうしても裏方になって私も名前だけは知っていましたが具体的な作品とかわからなくて今回亡くなって経歴とかこういう作品を担当していたなど初めて知ったことが多かったです
面白い作品をありがとうございました。ご冥福をお祈りします



※インターネット・ムービーデータベース、シネマトゥデイなど参考にしました


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shiomi116.blog.fc2.com/tb.php/1004-aad2baea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)