FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



松浦鉄道の話題
松浦鉄道の話題

◯松浦鉄道、貨客混載開始
松浦鉄道と佐川急便は佐川急便の宅配貨物を松浦鉄道の旅客列車で輸送する客貨混載を昨年11月27日より開始していてます

宅配業者が集まった荷物を駅やバス停まで運ぶ→車両に載せる→運行→目的地の駅やバス停で荷物を降ろす→宅配業者が荷物を配達先へと配送するシステムです
宅配業者にとっては運転士の負担軽減や燃料費、CO2排出量の削減などのメリットがあります。
松浦鉄道にとっては荷物を運ぶことにより宅配業者から収入が得られることになります
このブログで宮崎交通によるバスを使った客貨混載を取り上げましたが鉄道を使った客貨混載は九州初の事例となるそうです。

松浦鉄道では1日1便伊万里発の佐世保行きを利用して松浦駅→潜龍ヶ滝駅の間で行われます。
この列車は伊万里駅12時40分発の佐世保行きで松浦駅に13時17分に到着し5分間停車して13時22分に出発します。
この5分を利用して荷物が積み込まれるようです。
列車は14時11分に潜龍ヶ滝駅に到着。ここで荷物を降ろしてここから配送するようです。
田平経由なので道路で運送するよりは時間はかかるのでしょうがその日に届けばよいわけでこれまでのように朝に営業所を出発した車が午後の荷物を受け取りに営業所に帰る必要がなくなったそうです。
また潜龍ヶ滝駅がある江迎町などでは短距離で配送できるメリットがあるようです。
対象となる列車がお昼の時間で松浦―江迎(潜龍ヶ滝)間なので利用客もそれほど多くないでしょうから運行に支障はないと思います。
松浦鉄道は距離が長いので他の区間でも客貨混載も検討できるところがあるかもしれません。
メリットが多い事業なのでこれからも継続して続けてほしいです。



◯鉄道むすめ「西浦ありさ」がデビューしました
松浦鉄道の期待の大物新入社員・「西浦ありさ」に令和2年1月9日、辞令が交付されています


※「西浦ありさ」のプロフィール
【生年月日など】
沿線の出身であることは確実ですがどこが地元か、出身校、兄弟などの情報はわかりません。
生年月日など年齢は秘密?不明ですが広告代理店に勤務経験があるので25、26歳? 
現在は松浦鉄道営業部営業課広報担当です
最初の仕事としてたびら平戸口駅の広報担当を任せられています
【身長、体重など】
身体的なことは公表されていないようでわかりません 
このあたりのデータの公表は今はセクハラになるのかもしれません
【好きなこと・マイブーム】 
沿線のスイーツの食べ歩きと酒蔵巡りだそうです。
松浦鉄道の沿線にあるお菓子屋さんは勿論ですがお酒も地元の酒を好み潜龍酒造や松浦一酒造や古伊万里酒造とか沿線にある酒蔵が好きでも蔵開きとかに参加したりとかしていたりしているかもしれません。
仕事での必要性もあり英会話勉強中だそうです。


彼女の容姿をみたい人は是非、松浦鉄道のホームページをご覧ください

「鉄道むすめ」とは株式会社トミーテックが展開している全国の鉄道事業者の制服を着たキャラクターだそうです
「ありさ」は有田の「あり」と佐世保の「さ」 西浦は西九州線の「西」と松浦鉄道の「浦」が由来となっています

松浦鉄道の社員、広報担当としておそらく先輩になるマックス君や先輩のみなさんと協力して松浦鉄道を盛り上げてほしいです


スポンサーサイト



プロ野球の話題
プロ野球
プロ野球もお正月があけて新人の合同自主トレやいろいろな場所での選手の自主トレが始まっています
そして今年のオフの間もいろいろな動きがありました。注目したい話題をいくつか書いてみました。

◯巨人 全県にスカウト構想
12月12日のスポニチからです。原監督は12月11日に球団OBに協力要請して全国にスカウトを置く構想があることをあきらかにしています。OBとのネットワークを強化して小中学校時代から町で注目されている選手の情報や埋もれた選手、一芸に秀でているような選手を発掘できるように考えているようです。

早ければ今年の開幕前にもOBを人選して、将来的には47都道府県全部にスカウトを置きたいそうです。
これまでもOBなどいろいろなパイプから選手の情報提供はあっていたと思いますが県に1人配置されると情報が集まりやすくなるでしょうしスカウトに選出された人も仕事となると選手のみかた等意気込みは違うと思います

現在、ジャイアンツには十数人のスカウト専任の方が在籍しています。
この人たちと関係、役割分担など将来的には大きな組織改革があるのかもしれませんが私はまずは従来からの地区担当のスカウトに情報を提供したりそのスカウトをサポートする仕事が中心になるのでは思います。

この制度が確立し軌道に乗れば現在のソフトバンクのように育成枠の選手から1軍で活躍する選手が増えるかもしれません
ジャイアンツは2023年に現在のジャイアンツ球場の近くに新しいファーム球場を作る予定です。
現在のジャイアンツ球場も存続するので施設面は今より充実し育成枠の指名は増え選手の人数も増えるかもしれません。
このスカウト構想も新球場建設のこの流れに沿ったものかもしれません。
また退団したOBも野球とかかわりのある仕事ができる人が増えたり球団もOBとの交流が増える機会が増えたりとプラスになる面が多いと思います
多くの夢のある選手を獲得できるようにスカウト網を充実させてほしいです。

◯オリックスに女性スカウト誕生
毎日新聞12月26日号の記事からです。
オリックスは2020年1月1日付でソフトボール女子元日本代表の乾絵美氏がオリックスバファローズのアマチュアスカウトにスカウトに就任することを発表しています。
乾氏は関西(兵庫県)出身で現役時代は捕手として活躍、北京オリンピックにも出場しています
引退後に2010年にオリックス球団に入社。これまでは球団の事業運営部で少年野球の指導や野球大会の運営に関わっていたそうです。オリックスの球団本部長は「これまで培ってきたアマチュア野球の指導者、選手たちとの人脈を、またアスリートとしての経験を生かしてほしい」と期待を寄せています。

プロ野球のスカウトは担当地区の試合や練習を観たりと各地を駆け巡るとても体力がいるきつい仕事のイメージがあったので女性が就任したことはびっくりしました。
ただ近年は乾さんが関わっていた子どもたちに野球に基本的な技術や楽しみを教える野球塾みたいな部署が各球団に出来ていてそこでは女性も採用されたりと女性の活躍の場も増えてているようです。
乾さんはこれまで少年たちに野球を教える仕事をされていたのでその中でスカウトへの適性を上司の方が感じたのかもしれません。

スカウトはプロ野球OBが多いですがアマチュア野球出身の方や野球経験がない人もいたりします。
乾さんはソフトボールで頂点を極めた人ですしアスリート出身者として、また女性として男性と違う視点で選手をみることができるかもしれません。
日本ハムに在籍した大嶋選手のようにソフトボール出身の選手もいました。
これからはソフトボール出身の選手や軟式野球など硬式野球以外の選手もスカウトの対象になったりするかもしれません。
初めてのことで何かと大変な面が多いかと思いますが頑張っていただきたいです。



◯沖縄に『琉球ブルーオーシャン』誕生
琉球新報、full-Countnoの記事を参考にしています
日本プロ野球機構NABへの参入を目指す野球チーム『『琉球ブルーオーシャン』が発足して活動を始めています
東京のスポーツマネジメント会社が運営し宜野湾市に本社、宜野湾と浦添に本拠地、宮古島を準本拠地を置いています。
球団社長に小林太志氏、エグゼクティブアドバイザーに楽天の初代監督だった田尾氏。監督にはロッテなどで活躍した清水直行氏などスタッフ・コーチにプロ野球のOBも就任したりしています。
肝心の選手ですが昨年11月に実施されたトライアウトで合格した新人や独立リーグ出身者やプロ野球に在籍した選手も入団してているなど陣容も整いつつあります。

当初は所属するリーグがないので独立リーグのチームやプロ野球の2軍や3軍、台湾のチームなどとの試合を計画しているようです。
本土から離れているので選手の移動、交通費そして何より経営的にうまくいくのかなどたくさんの問題があるかと思います。
また1球だけの参加は考えられないのでNPBへの参入することができるのかなどとても大きな壁があると思います。

ただ沖縄では春には多くのプロ野球チームがキャンプを実施されています。また高校野球も強豪校が出場したりドラフトで指名される選手も多いです。沖縄には野球ファンは多いと思います。
次に書いていますソフトバンクの王球団会長の発言など追い風になるような話もあるので可能性はあると思います。
今年は試行錯誤の一年になると思います。
大変でしょうが夢がある試みなので経営的なことはありますが長期戦を見据えて頑張ってもらいたいです。


◯プロ野球16球団にと王さん発言
西日本スポーツ1月11日号からです。1月11日、TNCの報道番組内のインタビューで「選手、子供、高校、大学で野球をやっている人のために受け皿はあったほうがいい。野球界発展のためにできるものなら16球団」と発言されています・
今までもプロ野球の再編などいろいろな動き、発言がありましたが球団数の増加、拡張の発言は現在プロ野球に実際に関わっている人からはあまりなかったのではないかと思います。プロ野球を代表するONの一人で球団会長である王さんの発言はインタビューでの発言ではありますが大きいと思いますし、大きくなってもらいたいです
スポーツの多様化、人口減少、野球人口の減少、大リーグへの実績のあるスター選手の移籍などありプロ野球は地上波放送も減っています。
4球団増やすなど無謀なことという考え方もあるかもしれませんが実際増えることが決定すればニュースとして大きな話題になり注目されると思います。
今より地域に密着した球団が増え少なくとも新しい球団が出来た町は野球ファン、野球人口も増えるでしょうし、将来的には全国的に野球人口も増えていくと思います

4球団、地区としては上記の沖縄はもちろんですがこれまでも誘致の話などがあった新潟、静岡、愛媛が考えられるのではないかと思います。
長野や岡山、熊本か鹿児島とか他にも候補地はたくさんあると思います。
NPBは加入条件などを緩和して是非、球団数、野球をする人の受け皿を増やす方向で考えてほしいです



次の次の次の大河ドラマが楽しみ
次の次の次の大河ドラマが楽しみ

NHKが2022年の大河ドラマが三谷幸喜さんが脚本を担当する『鎌倉殿の13人』になることを発表しました。
Yahoo!ニュースのなかのOricon Newsからです。
源頼朝を支えた13人の家臣が頼朝の子、頼家の暴走をきっかけに合議制を定めパワーゲームを繰り広げ北条義時が権力者になるまでが描かれるそうです。
主人公の北条義時には小栗旬が決定していますが他のキャストは未定のようです。
三谷さんは大河ドラマでは『新選組!』、『真田丸』に続く3本目の脚本担当作となります。

これは楽しみ!ですね。
まず三谷さんの脚本が楽しみです。三谷さんは歴史に造詣が深くて大河ドラマの2作品のほかにもご自身で日本三大会議と言われている1945年の『御前会議』、征韓論の会議、清須会議のうちの『清須会議』を映画化されています。
以前ブログに書きましたが『清須会議』公開の時に雑誌での安西水丸さんとの対談は面白かったです。
三谷さんも安西さんもそうでしたが歴史でも主役より脇役的な存在が好き、群像劇が好きなんだだそうです。
三谷さんは頼朝の弟の源範頼とか好きなんじゃないかと思います
範頼を、義時を、謎多い頼朝の死を、御家人による権力闘争などを三谷さんがどう描くのか楽しみです。

もう一つは先日亡くなった中山仁さんを書いたときに書きましたが私は大河ドラマの『草燃える』が大好きなこともあってこの時代が好きなのでとても楽しみです。
あまり目立たないですが今度、主役となる北条義時はこの時代の主役だと思うのです。
父である時政を追放し、御家人たちとの権力闘争、朝廷との闘い・承久の乱を処理して摂家将軍(後には皇族将軍になりますが)を成立させ執権政治を確立させる礎を築いた大政治家です。

歴史上の2代目の人は表舞台に出ることはあまりありませんが藤原家の不比等、後北条の氏綱、そして義時・・と2代目がしっかりした家は長く続いて繁栄していると思います(徳川家の秀忠も入れてもいいかもしれません。足利義詮は違うと思いますが・・・)

この時代を描いた大河ドラマは私が知っているのは平将門の『風と雲と虹と』、『草燃える』、『炎立つ』、『義経』、『平清盛』と意外と少ないです。それぞれが描かれる時代・視点が違っていて面白いと思います。
この時代なら私が大好きな木曽義仲を主人公にした作品もいつか作って欲しいです。
(映画では未見ですが大河ドラマにもなっている吉川英治原作の『新平家物語 義仲をめぐる三人の女』があるようです。)

どんなキャストになるのか松平健さんには出演してほしいですね。どんな話になるか楽しみです



※Yahoo!ニュースの『Oricon News』を参考にしました


魚固島(松浦市星鹿町)
魚固島(松浦市星鹿町)

松浦市の沖合にある小さな島が角度によってですが今年の干支のネズミのようにみえることが西日本新聞(1月4日号)で紹介されていました。
小島は鷹島の西・船唐津沖にある魚固島。
松浦市の有人島・鷹島から約600メートル、同じく有人島の青島からは東に約2km離れている面積約0.1平方キロメートルの小さな無人島です。
魚固島と書いて「おごのしま」と読むそうです。

魚固島の沖はアワビやウニなどの漁場になっているそうです。
近くの青島は人口の減少は進んでいますが、島民全員が社員となった社団法人「青島○」を発足させて島でとれた鮮魚や水産加工品を売りんで島を活性化させています。
その青島や鷹島、本土の漁師さんも魚固島周辺でも漁をしていることと思います。
魚固島には高さ約12mの白い塔の形をした魚固島灯台があり漁船が操業するときなどは目安となり周囲の海の安全を守っています。

西日本新聞によると本土の国土204号線からも角度によると横ばいになっているネズミの姿にみえる魚固島がみえるそうです
新聞記事で島影を見に来る観光客が出るかもしれません。
魚固島がなぜ「おごのしま」と呼ばれるようになったのか?どこか不思議な島ですが干支の島?としてまた海の安全を見守る灯台のある島として少しでも存在が知られたら…と思います


※西日本新聞の記事を参考にしました