FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



和田誠さん
和田誠さん

イラストレーターなどいろいろな分野で幅広く活躍されていた和田誠さんが10月7日に亡くなりました。
週刊文春の表紙がアンコール企画になっていたので体調を崩されているのかなと思っていたのですがまさか亡くなるとは思っていなくて本当に残念です。

週刊文春の表紙は勿論ですが星新一さんの本も和田誠さんのイラストしか考えられないし、ドリス・ディの曲と共に始まるサワコの朝のオープニングタイトルでもおなじみの人でしたが私にとっては和田さんの対談やイラスト、エッセイなど多くの本を通して映画の楽しさ、面白さ教えてくれた人でした。
そういう人は多いんじゃないかと思います

なかでも映画評論家の山田宏一さんとの対談集『たかが映画じゃないか』は中学の頃から何回も何回も繰り返し読んだ本でした。
山田さんとの『ヒッチコックに進路を取れ』も何回も読んだ本です。
ビリー・ワイルダーの映画も対談ししたいと書かれていましたが実現しなくて残念です。
ワイルダーだけでなくエメリック・プレスバーガー&マイケル・パウエルの映画とか他の監督の作品とかもっといろいろ対談してほしかったです
山田さんの本は和田さんのイラストが使われることが多く多くの本が二人の共著みたいな印象があります。
山田さんとの対談も含まれている『映画に乾杯』や三谷幸喜さんとの対談も楽しかったし川本さん、瀬戸川さんとの本も素晴らしかった。、
『シネマッドカクテルパーティー』をはじめとする和田さんの映画のエッセイとかたくさん読みました

和田さんの監督作品も映画が好きな人が作った映画!という感じの映画ばかりで『怪盗ルビイ』をはじめ好きでした。
新しい映画の監督作がずっと観たいと思っていましたがそれは叶いませんでしたね。

先日放送された『サワコの朝』は三谷さん、大竹しのぶさん、南伸坊さんが出演された和田さんの追悼番組でしたがみんな和田さんのことが好きだったのだなあと感動しました。文春もサワコの朝も三谷さんのエッセイもこれからも和田さんのイラストが使われるそうです。
本業のデザインや詳しかったジャズななどのことなどはわかりませんが本当にいろいろな方面に足跡を残した人でした。
もう新しい映画作品、イラスト、エッセイ、対談がないと思うと残念です。
ご冥福をお祈りします







スポンサーサイト



アンナ カリーナ
アンナ カリーナ

アンア・カリーナが12月14日に亡くなりました。79歳でした。
映画監督には尊敬する人、大好きな人、気になる人など私にとっていろいろな存在の人がいるけれどフランソワ・トリュフォーとジャン=リュック・ゴダールは今でも特別な存在です。

そのゴダールの映画の60年代の映画にヒロインとして主演していたアンナ・カリーナも特別な女優さんでした。
アンア・カリーナのことは映画評論家の山田宏一さんの『友よ映画よ〈わがヌーヴェルヴァーグ誌〉』を読んで知りました。

「友よ映画よ」の最初の3章「アンナ・カリーナに恋をした」、「アンデルセンのおとぎの国の少女」(カリーナはデンマークの出身)、「アルファヴィルのほうへ」(彼女が主演したゴダール映画の一つ)はゴダールとカリーナのことを中心に書かれていて私は当時、彼女が出演する映画は観ていませんでしたがこの本を読んでファンになりました。
(週刊新潮の今週号の墓碑銘は『アンナ・カリーナ』で山田さんへも取材されていました。)

彼女の映画で最初に観たのは高校の時でビデオでロジェ・ヴァディム監督の『輪舞」。
ゴダールの映画で最初にみたのはやはり高校のときで『女と男のいる舗道』。
この映画は今でも観ているゴダールの映画で、アンナ・カリーナの映画の中で一番好きな映画です
ゴダール=カリーナの映画『小さな兵隊』、『女は女である』、『女と男のいる舗道』、『はなればなれに』、『アルファヴィル』、『気狂いピエロ』、『メイド・イン・USA』、オムニバス映画『愛すべき女・女たち』 の『未来展望』しかないないんですね。
私は『はなればなれに』と『未来展望』は観ていないのですがなんかもっと二人の作品はあるような気がします。

フィルモグラフィ―をみると彼女の出演作はそんなに多くないようです。
私は他には『修道女』と『怪奇と幻想の島』、ジョナサン・ダミの『シャレード』しか観ていません。
ゴダールの映画のファンでアンア・カリーナ主演の映画を撮るのが夢だったというトニー・リチャードソン監督の『悪魔のような恋人』や一部の出演者とうまくいかず撮影が大変だったとインタビューで監督のジョージ・キューカーが答えていた『アレクサンドリア物語』、今年の9月にデジタルマスター版が公開された『アンナ』とか今年亡くなったマリーラフォレと共演した『国境は燃えている』、『修道女』のジャック・リヴェットの『パリでかくれんぼ』とかは彼女の映画は全部観たいなあと思います。

ゴダールは今も現役で映画を撮り続けています。
ただアンナ・カリーナが亡くなったことで二人の映画が作られることは永遠に亡くなってしまいました
昨年、来日したことが話題になってまだ元気で活躍されていると思っていただけに残念です。
ご冥福をお祈りします



※『友よ映画よ 〈わがヌーヴェルヴァーグ誌〉』(話の話集)、『ジョージ・キューカー、映画を語る』(国書刊行会)参考にしました



中村正さん
中村正さん

11月11日に声優・俳優として活躍された中村正さんが亡くなりました。89歳でした。

テレビの草創期から俳優さんとしても活躍されていたそうです。
私には洋画の吹き替えやテレビドラマの『チャーリーズ・エンジェル』のチャーリーの声、『奥様は魔女』のナレーションなどでおなじみの人でした。

私は『奥様は魔女』は大好きで妻も好きだったこともありテレビドラマ版はセットで購入しました。
DVDは冒頭のナレーションがない字幕スーパー版でも観れるのですが何か違和感がありいつも吹き替え版で観ていました。
映画版でもマイケル・ケインの吹き替えをされていたと思います
日本で作られた米倉涼子さん主演のドラマも中村さんのナレーションだったですし映画版の『チャーリーズ・エンジェル』も中村さんの吹き替えでした。

マイケル・ケインだけでなく洋画の吹き替えでもおなじみで中村さんの吹き替えでないときもあったかもしれませんがデビット・ニーブン、レックス・ハリソン、ピーター・オトール、フレッド・アステアとか担当されていてピッタリだったと思います。
優雅でどこかユーモアがあるイギリス紳士みたいな役がピッタリで一番似合っていたと思います
ほかにもいろいろなCMやアニメの吹き替えなどもされていました。
最近でも細田守監督の映画でも活躍されていお元気と思っていたので残念です。
ご冥福をお祈りします





マリー・ラフォレ
マリー・ラフォレ

フランスの女優マリーラフォレが11月2日に亡くなりました。80歳でした。
デビュー作が有名な『太陽がいっぱい』。
この映画のヒロインとして記憶に残っている女優さんです。
『太陽がいっぱい』はマリー・ラフォレにとってはもちろんですがアラン・ドロンとモーリス・ロネの代表作でもあると思います。
欲望、嫉妬、愛情など人間の様々な複雑な感情を描いた作品でサスペンス映画、青春映画、恋愛映画でもあり今見ても古さを感じない映画だと思います。
ニーノ・ロータの音楽も有名で映画を観ていない人でも一度は耳にしたことがある曲だと思います。

マリーラフォレは私は『太陽がいっぱい』しか観ていないと思っていましたがソフィー・マルソー主演の『恋にくちづけ』にベルモンドの妻役で出演していたのですね。すっかり忘れていてました。
この映画の監督のジョルジュ・ロートネルの映画や少し意外でしたがベルモンドとの共演作も多いようです

最初の結婚相手が監督のジャン=ガブリエル・アルビココで彼が監督した『金色の眼の女』に出演しています。
クロード・シャブロルの『ジャガーの眼』にも出演していますし確かに眼が印象的な女優さんです。
先日亡くなったアンア・カリーナも出演していた『国境は燃えている』もありますしこのあたりの映画は観てみたい映画です。

舞台でもまたシャンソン歌手として有名でも活躍していたそうです。
ご冥福をお祈りします

中山仁さん
中山仁さん

俳優の中山仁さんが10月12日に亡くなっていたことが11月12日に報道されました。77歳でした。
代表作と報道されている『サインはV』や『ウルトラマン80』や『七人の刑事』は私は残念ながらほとんどみていませんがいろいろなドラマや映画に出演されていました。

私がまず思い出すのは大河ドラマの『草燃える』です。
中山仁さんは北条義時の兄、宗時役でした。宗時は初代執権北条時政の嫡男で本当なら宗時が北条家を継ぐ存在だったのですが石橋山の闘いで戦死してしまう・・という1年間続くドラマのなかでは初期に登場する人物でした。
私はこのドラマで北条宗時という人を知りました。
宗時は北条家の嫡男として北条家の運命を切り開いていこうとする積極的で強い人物に描かれていてその反面、義時(松平健)はそんな兄を慕いながらも相手のことを考えるやさしい人物としてドラマでは描かれていました。
そんな義時が兄が死んだこともあり、武士として御家人として、権力闘争に打ち勝ち鎌倉幕府の権力者として成長というか変わっていく姿が描かれていました。松平健も素晴らしかったと思います。
宗時は早く亡くなったことにより義時の影に隠れてしまって今でもあまり知られていないと思います。
この人が生きていたらどうなっただろうとドラマをみながら思ったりしました。
私は歴史の表舞台に出てこない人物に興味があって北条宗時とか伊東孝雄が演じた義経の同母兄になる阿野全成とか初めてしり興味がわきました。阿野全成は政子の妹保子と結婚していて保子を演じたのが真野響子で私は好きな女優さんです。

義時は後で実の父である時政(金田龍之介)とその後妻である牧の方を伊豆に追放しますが牧の方を演じた大谷直子がヒロインを演じた古谷一行さんの金田一耕助シリーズの『真珠郎』に中山仁さんは出演していました。
原作では金田一は登場しないのですが怪しげな魅力があり見応えがありました。
その後、田中美里さんがヒロインを演じ同じ古谷一行さんが金田一を演じた『神隠し真珠郎』は期待が大きかった分、ちょっとがっかりした記憶があります。

映画では『伊豆の踊子』と『愛の讃歌』が好きでした。
『伊豆の踊子』は何度も映画化されています。吉永小百合の伊豆の踊子も好きですがやはり山口百恵主演の映画が最初に観たこともあり思い出します
吉永小百合版は回送形式で学生の後年の姿・教授役を宇野重吉が演じていたのですが山口百恵版では宇野重吉がナレーションを担当していてつながりを感じました。
中山さんは踊子の兄役で母親役の女優さんとかと脇で映画を支えていたと思います。

『愛の讃歌』は『男はつらいよ』の山田洋次監督作品で倍賞千恵子が主演ですがあまり知られていないと思いますがマルセル・パニョールの『ファニー』が原作なのです。
『ファニー』はレスリー・キャロン主演の映画(よかった!)がありますが有名な『シェルブールの雨傘』も『ファニー』『が下敷きになっていますし『男はつらいよ』もそうだそうです。
山田洋次の人情喜劇とジャック・ドゥミ=ミシェル・ルグランのフランスミュージカルが同じ原作から出発しているのは不思議ですが両方とも人間の悲しみや喜びが綴られている普遍的な人間ドラマになっていると思います。古今東西同じですね。
中山仁さんは倍賞千恵子の相手役となります。伴淳三郎、千秋実、有島一郎や寅さんでもおなじみの太宰久雄とか芸達者な人たちが脇を固めている映画です。脚本に森崎東が参加しています

最近減っていると思いますがサスペンスの2時間ドラマとかドラマでは脇役で割と最近まで悪役から善人役までいろいろな役で活躍されていました。昔から知っている俳優さんが亡くなるのは寂しいです。ご冥福をお祈りします




スー・リオン
スー・リオン

アメリカの女優さん、スー・リオンが12月26日に亡くなりました。73歳でした
私が観ている映画は『ロリータ』、『イグアナの夜』、『荒野の女たち』、の3本で彼女のフィルモグラフィ―をみるとこの3本が映画のデビュー作、2作目、3作目となるようです。
それぞれスタンリー・キューブリック、ジョン・ヒューストン、ジョン・フォードと有名な監督の作品ですがそれぞれその監督の作品のなかでは今ではあまり知られていないマイナーな作品だと思います。
『ロリータ』は有名なキューブリックの映画で彼の作品としては『スパルタカス』と『博士の異常な愛情』の間の作品になります。
ナボコフの原作は読んでなくて映画も私は大学時代に一度観ただけです。題名から刺激的な作品と想像していましたが白黒映画でそういう描写はなくて長い映画であまり印象に残っていません。スー・リオンも多分タイプではではなくてあまり印象に残っていません。
キューブリックは『2001年』より前の作品ですし1960年代前半ということもあり考えていたことができず不満があったかもしれません。その後キューブリックはいろいろな映画を作っていますが『ロリータ』への不満から最後の作品『アイズワイドシャット』が生まれたのかもしれません。
1962年の映画なのですね。私はなんとなく1960年代後半の映画と思っていてちょっとびっくりしました。
ヒロイン(ドロレス)の愛称ロリータは今は言葉としてロリコン(ロリータコンプレックス)とかごく普通に使われていますがこの映画のことは忘れらていると思います。

『荒野の女たち』もジョン・フォードの映画なんですがジョン・フォードの映画とは思えないような映画で今観ると絶対違う印象とは思いますが当時はかなり違和感があり面食らいました。
西部劇ではなく中国が舞台だし何かにスタンバーグが撮ったような映画と書いてありましたが今思うと本当にそんな感じがする不思議な映画です。ジョン・フォードの遺作になるそうですがあまり知られていないと思います

『イグアナの夜』はテネシー・ウィリアムズ原作の映画でデボラ・カー、エヴァ・ガードナー、リチャード・バートン主演の映画です。
ヒューストンは『黄金』とか野望とその挫折をテーマにした作品が多くて魅力的な作品が多いのですが有名な原作者の作家に脚本を依頼したり、映画したりとかいろいろな作品があります。『イグアナの夜』はウィリアムズらしい映画で人間の内面が徐々にさらけ出されえぐり出されるような映画で好き嫌いは分かれるかもしれませんが私は好きな映画です

4度の結婚と私生活は波乱万丈だったようで殺人罪で服役中の男性と結婚したりして女優としての経歴は1980年の作品が最後の作品になったようです。
私が観ている作品は一般的ではないかもしれませんが映画史には残っていく作品だと思います。
ご冥福をお祈りします


ユタカライナー佐世保ー長崎線新設(ユタカ交通)
ユタカライナー佐世保ー長崎線新設

大阪の池田市に本社があり高速バスでは東京と関西(京都・大阪・神戸)や関西と福岡、佐賀、長崎を結ぶ夜行便や長崎ー福岡、佐世保―福岡の昼行便路を運行しているユタカ交通ですが令和2年1月1日より佐世保―長崎間でも高速バスが運行を開始されます

《佐世保ー長崎》
  佐世保→長崎
    6時20分、7時20分、11時20分、12時20分、13時20分
  長崎→佐世保
    15時00分、16時00分、20時00分、21時00分、22時00分
停留所は他のユタカライナーと同じで佐世保は佐世保駅のみなと口のバス停、長崎は長崎駅から近い大黒町の大村ボート行きのバス乗り場になります

バスの時刻表をみてみると佐世保から長崎に仕事や観光など日帰りで行く利用者の視点に立った時間設定になっています
(逆に言えば長崎からの始発便が15時なので長崎からの利用者は利用しにくいかと思います)

料金は1月は限定でうweb割引で片道600円『通常1500円)、2月以降はweb割引で片道1000円(通常1500円)となっています。料金は西肥、県営の10枚つづりのウルトラ回数券が10500円なのでそれよりも安く設定してあります。

長崎からの佐世保行きの最終便が西肥・県営が21時30分なのに対してユタカライナーが22時00分と30分遅く設定してあります。JRは22時03分発の早岐行き普通便(早岐駅で乗り換えとなります)がありますが普通で乗り換えなので時間がかかるので利用は多いかもしれません。
またJRは佐世保ー長崎は本数が減り快速便は佐世保ー竹松間が各駅停車便が増えていて不便になっていることもあり利用者はいるのではないかと思います。

選択肢が増えることは利用者としては嬉しいですが西肥バスや県営バスが赤字の路線バスも運行していることを考えると複雑な気持ちになります。
ユタカライナーも頑張って欲しいですが西肥・県営の方を心情的には応援したいし(21時30分に乗り遅れたら利用するかもしれませんが)西肥・県営を優先して利用したいなとは思います。
西肥・県営も路線バスと組み合わせた割引とかweb割引きとかいろいろな割引便も考えてほしいですし夜間をのぞけばできれば30分間隔で運行して欲しいです。
また難しいとは思いますが高速木場や大村インターに停車する便の運行や波佐見有田インター停車便とか西山バイパス経由の復活とか夜間以外は30分間隔での運行とか早岐地区と長崎を連絡するバスとか考えてほしいと思います。

佐世保―長崎は県内第一と第二の街を結ぶ路線ですがそれぞれ福岡との結びつきが強いと思います。
ユタカライナー便の運行で佐世保―長崎の交通が便利となり交流が今より盛んになればと思います
西肥・県営の高速バス、ユタカライナーの高速バスとも頑張って欲しいです

梅ヶ枝酒造感謝祭(佐世保市城間町)
梅ヶ枝感謝祭

年二回、蔵開きが開催されている佐世保の酒造会社『梅ヶ枝酒造』(城間町)。
明日、明後日の二日間、初めての試みになるそうですがイベント『梅ヶ枝感謝祭』が開催されます

      梅ヶ枝酒造感謝祭

◎日時:  12月14日(土)、12月15日(日)10:00~15:00
◎会場   梅ヶ枝酒造(佐世保市城間町)
◎内容   
春の蔵開きで人気がある『今朝しぼり』がグレートアップした『吟醸今朝しぼり』(720ml・17度・生酒原酒)が限定販売       されるそうです。他にも純米酒、スパークリング酒,お土産としても購入されるのもよいかもしれません。
チラシには販売のことしか書いてありませんが多く人が訪れて好評なら来年以降も継続され蔵開きのように販売の他にも地域も巻き込んだイベントに成長するかもしれません

※梅ヶ枝酒造のホームページ、佐世保ナビを参考にしました