FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



左石駅なごみカフェオープン
左石駅なごみカフェオープン

松浦鉄道の左石駅(佐世保市田原町)構内に駅カフェ和(なごみ)』が4月25日にオープンしています

行ってみたい思っていましたがなかなか行けず5月に一度行ったのですが18時過ぎということもあり閉まっていて先週の
日曜日にようやく行ってきました。
佐世保駅を10時53分に出発する佐々行きで行ってみました。午前中にMRに乗るのは久しぶりでした。
12人で佐世保駅を出発し途中、佐世保中央と北佐世保、泉福寺からは乗車する人が、北佐世保、泉福寺では降りる人
がいました。部活動でしょうか高校生が多いですが佐世保中央―北佐世保のみ利用する人もいたり人数は多くないですが
地元の足として定着しているようです。左石駅では私を含め2人が降り3人が乗車しました。

左石駅はすぐ近くに支所や高校があります。また複数の病院や大きな商業施設もあります。
また住宅地でもあり松浦鉄道の中でも利用者の多い駅です。
2面2線の構造の駅ですが廃止となった柚木線がかつてここから分岐していたこともあり駅構内は広いです。
駅舎もしっかりしていて現在は無人駅ですが国鉄時代は有人駅で皿うどんやちゃんぽんや定食が評判のお食事処と
たこ焼き屋さんの2軒のお店が入っていました。
今回、新たにカフェ「駅カフェなごみ」がオープンして3軒のお店が同居している駅となりました。

「なごみ」は多機能型事業所が運営するお店で販売機で食券を購入して飲食するようになっています。
私は時間がなくてアイスコーヒー(300円)を飲んだだけですがドリンクの他、回転焼やカレーやホットサンド、モーニング
そして予約制ですが駅弁セットなどもあり一番高いのでも500円と〈昭和〉を意識したようなレトロなワンコインで高校生
など若い人でも気軽に飲食できるような値段に設定してあります。
また駅のホームには駅ピアノも置いてあります。

駅の活性化、障害のある人の働く場所として松浦鉄道は考えているようです。
朝夕の通勤通学だけでなく一日中、駅を交流拠点として多くの人に利用してもらいたいですね


※させぼ通信、長崎新聞など参考にしました



スポンサーサイト



高速バス「日田ー湯布院」線 停車地追加(亀の井バス・日田バス)
高速バス日田ー湯布院線 停車地追加(亀の井バス・日田バス)

昨年の12月より期間限定で湯布院駅前バスセンターと日田バスセンターを結んでいる高速バス「日田ー湯布院線」
(亀の井バス・日田バス)が今月(6月)22日より日田市内の観光地・豆田地区の入口にある「城内豆田入口」とサッポ
ロビールの九州日田工場への乗り入れが開始されました
日田から湯布院への第一便はこれまでのように日田バスセンターと湯布院駅前バスセンターのみの停車ですが残りの
2往復が停車となります

【運行経路】 
湯布院駅前BC-城内豆田入口ー日田バスセンターーサッポロビール九州日田工場

湯布院―日田間だけでなく日田市内のみの利用も可能で例えばビール工場から豆田入口までの利用もできるので
便数は少ないですが日田市内巡りにも利用できそうです
平日の乗車はどうなのかなぁと思いますが福岡ー日田、福岡ー湯布院は便数が多くて利用しやすいですが日田ー
湯布院となるとJRはありますがバスだと「ゆふいん号」や「サンライト号」を利用して日田はインターでの乗降となると
思うのでバスでの移動は不便だと思います
久大線沿線の二大観光地を結び街の中心まで直接行けるバスは便利だと思います

運行は今年の3月までの予定だったそうですが外国人観光客に好評(特に韓国人が多いそうです)で今年の9月まで
半年間運行が延長されています。好調が続けば再延長も検討するそうです
バス会社や地元では外国人だけでなく日本人観光客にも、そして地元の人にも路線バス感覚での利用も期待している
そうです。
土日祝日だけでも増便となり定期的に運行されるようになるとよいですね



米西日本新聞、亀の井バスホームページなどを参考にしました



『森きらら』 移設を検討へ
『森きらら』 移設を検討へ

現在、船越町にある『森きらら』(九十九島動植物園)を『つくも苑』跡地に計画されている観光公園に移設する計画が
進んでいることを6月6日の長崎新聞が報道しています

現在の動植物園は1961年に開園していて入園料も高くなく親子や友達、カップルで動物園、植物園として気軽に楽しめる
場所として長年、市民に親しまれてきました。
最近は大規模な改修はなくても入園者が旭山動物園のようにより動物を身近に見物できるよう工夫したり
夜の動物園の見学ツアー、ペンギンが来たりキリンの赤ちゃんが誕生したりといろいろ頑張っているなと思っていました。
ただ施設の老朽化、動物の高齢化が進んだりしたこともあり入園者は伸び悩んでいたようです

観光公園の計画はこのブログでも以前取り上げたことがあります。
『つくも苑』跡地の約13ヘクタールに展望広場やレストラン、農園やグランピング施設(知りませんでしたがトイレや風呂
などホテル並みの設備があるテントやキャビンでバーベキューなどアウトドアを楽しめる宿泊施設だそうです)などが
計画されています。
その公園の中に動植物園の併設が可能かどうかをこれから市は調査関連費を計上し、調査・検討を進めるそうです。

市としては今後、動植物園の移転を観光公園の目玉と考えているようです。
観光公園の場所が現在の動植物園より俵ヶ浦半島の奥にあるので市民・観光客が訪れることにより過疎化の進んでいる
俵ヶ浦半島の活性化にもつながると考えているようです。

現在も俵ヶ浦半島の活性化として、
○観光公園の少し手前にある展海峰に『半島キッチン・ツッテホッテ』が出来たりと整備されている
○半島の魅力に歩いて触れることができるトレイルコースの設定
○地域の活性化を進める地元住民組織の結成
○道路の整備
などが取り組まれています。

今度、観光公園の中に動植物園が移転すると メリットとしては
1、施設が新しくなることにより動植物園の入場者、観光公園の利用者の増加が期待できる、
2、俵ヶ浦半島全体の活性化につながる(特に展海峰など俵ヶ浦半島の奥)
デメリットとしては
1、現在も発生しているという展海峰などを訪れる観光バスなどによる交通渋滞問題の深刻化
2、今より海きららとの距離が離れることにより一体感が薄まり連携がとりにくくなる可能性
3、現在の動植物園の跡地はどうなるのか(これは楽しみでもあります)
などが考えられるかと思います。
道路は道幅が狭くカーブが多く運転も大変なのですが改良もかなり進んでいます。
ただ中心部から遠く迂回できるような道も少なく秋の秋桜や春の菜の花や秋桜の時機には道路が渋滞したりするので
これから更なる道路の整備は必要かもしれません。


佐世保の中心部から少し離れていますが俵ヶ浦半島は自然豊かな場所で展海峰の他にも九十九島などを眺望できる
石岳や船越などの展望所や白浜海水浴場・キャンプ場、花の森公園、淡島神社などの神社、高後崎船番所跡や丸出山
観測所跡などの歴史遺産といろいろ見所がある半島です。

路線バスが好きな者にとっては現在、展海峰止まりのバスの観光公園までの延長、更にその先の俵ヶ浦や白浜までの
延長とかもあるかも…と夢が膨らみます(船の活用も出来るかもと思ったりします


今回、動植物園の移転が実現すれば俵ヶ浦半島振興の起爆剤になると思います
予算のことや跡地の利用法、アクセス、観光公園の他の施設と動植物園のバランス、海きららとの連携などいろいろと解決
すべき問題はあると思いますが是非、実現に向かって進んで欲しいです


麦焼酎『平成・令和』 』(霧氷酒造)
麦焼酎『平成・令和』

長崎市内にある「霧氷酒造」で『平成・令和』の名前の麦焼酎が販売されています。

「霧氷酒造」は明治時代に創業された100年以上の歴史がある酒造会社です。
以前は島原市に会社がありましたが平成3年の雲仙普賢岳の噴火による土石流で工場などが甚大な被害を受け休業、
その後平成22年に本社、工場を現在の長崎市に移転して焼酎の製造などを再開しています。
焼酎やリキュール、甘酒などを製造しており代表的銘柄に「ながさき満々」や「軍艦島」などがあります。

今回、販売の焼酎は「平成」最後の日4月30日の夜11時から「令和」最初の日5月1日の午前2時にかけて蒸留して
造られたことから今回の『平成・令和』の名前が付いています。
アルコール度数は40度で1本720mlで3500円。
(もう売りきれているかもしれませんが)1500本の限定販売で長崎市内の酒屋さんで販売されているそうです
味はまろやかで蒸留酒ということもありこれから保存しておくと熟成していき更においしくなるそうです。


「霧氷酒造」は明治に島原市で創業され大正そして戦争もあった昭和、災害に遭い長崎市に移転と大きな転機となった
平成と4つの時代を乗り越え令和という新しい時代を迎えています
令和時代の幕開けを飾るこの記念の焼酎がヒットして、これからも長崎市唯一の酒造会社として美味しい酒を造り続けて
ほしいです



※長崎新聞、霧氷酒造のホームページを参考にしました


ドリス・デイ
ドリス・デイ

アメリカの歌手で女優のドリス・ディが5月13日に亡くなりました。97歳でした。

私が映画を観始めた頃はもう引退状態で新作が製作、公開されることはありませんでしたがテレビやラジオの映画音楽や
ポピュラーソングの番組などでドリスディの歌声や彼女が歌った曲を日本の歌手が歌うのをよく耳にしていました。
一番最初に覚えた曲はやはり『ケ・セラ・セラ』でおなじみのペギー葉山さんの歌声でした。
最初に観た映画も彼女が主演して劇中でその『ケ・セラ・セラ』を歌った『知りすぎていた男』でした。

『知りすぎていた男』でドリス・ディはジェームス・スチュアートと夫婦役でこのカップルはぴったりでした。
スチュアート主演のヒッチコックの映画は4本あります。『裏窓』のグレース・ケリー、『めまい』のキム・ノヴァクはそれぞれ
魅力的で圧倒的に素晴らしいですがカップルとしてうまくいく感じはあまりなかったと思います。
その点『知りすぎていた男』のドリス・ディは『グレンミラー物語』や『甦る熱球』のジューン・アリスンや『素晴らしき哉人生』
のドナ・リードとイメージが重なって例えばグレンミラ―夫妻が演奏旅行でモロッコに行って事件に巻き込まれたらこうなる
だろうな…といった雰囲気がありました。
夫婦の物語でありスチュアートとドリス・ディはお似合いで安心して観ることができそして何度も観たいと思う親しみやすい
映画でした。

『知りすぎていた男』以外では『情熱の狂想曲』、『二人でお茶を』、『カラミティ・ジェーン』、『パジャマゲーム』、
『先生のお気に入り』、『夜を楽しく』『ハッピーロブスター』、『恋人よ帰れ』をテレビやDVDなどで観ています。
ミュージカルとしてとても面白かった『パジャマゲーム』と『カラミティ・ジェーン』、クラーク・ケーブルの意外な魅力も堪能
できた『先生のお気に入り』の3本は特に見応えがあると思います。
ロック・ハドソンとのコンビ作品も楽しいですし(ロック・ハドソンはもっと評価してよい俳優さんだと思います)好きで面白い映画ばかりです。
ドリス・ディは絶世の美女ではないけれどちょっと勝ち気で親しみやすいキャラクターを演じていてこういうタイプの女優
さんは男女問わず好きではなくても嫌いという人はあまりいないんじゃないかと思います。

今では女優としてよりもスタンダードナンバーとなっている曲を歌った歌手として知られていたと思います
毎週観ているわけではないのですが『サワコの朝』の冒頭で『でドリス・ディの『二人でお茶を』の曲が流れ和田誠さん
のタイトルデザインをみると一瞬ですがいつも何か懐かしい不思議な空間に誘い込まれるような気持ちになっていました。
97歳なので大往生なのでしょうが古き良き豊かな時代のアメリカの人々を歌い演じていた人が亡くなったことはとても
残念で寂しいです。ご冥福をお祈りします




阿蘇山ロープウェイ再建へ(九州産交ツーシズム)
阿蘇山ロープウェイ再建へ(九州産交ツーシズム)

熊本地震や阿蘇山の噴火の影響で運行を中止していた阿蘇山ロープウェイが再建されるそうです。
阿蘇ロープウェイのホームページや熊本日日新聞によりますと九州産業交通は2020年中に国や県が
被災企業を支援する補助金を活用して2020年度中の運行開始を目指すことを5月29日にを発表しています


阿蘇山ロープウェイは九州産業交通が1958年に開業したロープウェイです。
阿蘇中岳の火口近くにある『火口西駅』と麓にある『阿蘇山西駅』を結び年間40~50万の観光客が利用していました。
ところが3年前の熊本地震とその後の阿蘇中岳の噴火などで駅舎や施設が被災して運行が中止。
その後、昨年10月より全面的に解体が進められてきました。

ホームページによりますと麓の駅(阿蘇山西駅)は鉄筋コンクリート2階建て延べ床面積2020平方メートルでイメージ図に
よりますと駅の正面にバスが横付け出来て駐車場も広く整備されているようです。
火口の駅(火口西駅)は鉄筋コンクリート2階建て1350平方メートルでイメージ図では周囲を一望できるデッキスペースや
カフェスペースが設けられます。
また噴火や地震など震災に備えて避難待機場所を設置したり噴石の落下などを想定して駅舎の屋根の強度を強化、
ガスの侵入を軽減するため火口駅にはエアーカーテンを設けたりと防災面が強化されるようです。

これまでゴンドラは1両(91名定員)で運行されていましたが新しいロープウェイでは2両連結(56名定員)のゴンドラとなり
これまでより運行回数を増やすそうです。

ホームページにも書いてありましたが阿蘇は熊本県を代表する観光地でロープウェイも阿蘇観光の目玉の一つです
活火山なので噴火活動が再開するリスクはありますがその反面、雄大で活動的な自然を身近にみることができると思います。
熊本城の再建も進んでいるようですし新しいロープウェイが早く完成、運行されるとよいですね。