FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



水陸機動団創設・相浦駐屯地創設63周年記念行事(佐世保市大潟町)
★水陸機動団創設・相浦駐屯地創設63周年記念行事(佐世保市大潟町)

ゴールデンウィークが間もなく始まります。佐世保近辺でも陶器市やつつじ祭りなど様々なイベントが開催されます.
そのなかでも変わったというか佐世保らしい記念行事が今度の土曜日に相浦駐屯地で開催されます。

◎水陸機動団創設・相浦駐屯地創設63周年記念行事

【開催日時】  4月28日(土)( 9:00~15:00
【開催場所】  佐世保陸上自衛隊相浦駐屯地
【行事・催し物】
 記念式典 観閲行進、戦闘訓練展示、戦争備品展示、試乗コーナー、ちびっこコーナー、藤棚の開放…
 他にも いろいろなイベントが計画されているようです。



【無料シャトルバス】
駐屯地には一般向けの駐車場はありませんが当日は無料シャトルバスが運行されます。
路線バスだと日野経由の相浦方面行の『沖田自衛隊入口』が最寄りのバス停になると思います
●MR上相浦駅(西郵便局側)→駐屯地(所要時間10分) マイクロバス1台で運行
    9:00 9:20 9:40 10:00
●駐屯地→MR上相浦駅
    14:00 14:20 14:40 15:00
●佐世保駅(エスプラザビル前)→駐屯地『所要時間30分) 大型バス2台で運行
    8:30 9:00 9:30 10:00
●駐屯地→佐世保駅 
   14:00 14:30 15:00

佐世保の自衛隊は海上自衛隊が有名ですが陸上自衛隊の駐屯地も市の北西部になる相浦地区などにあります。
今年の春にこれまであった西部方面混成団(2013年に教育隊などが再編されていたそうです)が福岡の久留米駐屯地に移転して、新たに尖閣諸島など日本の離島の防衛を支える離島防衛部隊『水陸機動団』が発足と大きな変革が実施されています
毎年、年に1,2回、相浦の駐屯地は解放されていると思いますが今年は『水陸機動団』が新たに誕生した記念のイベントになります、
私はイベントにこれまで参加したことはなくイベントの具体的なことはわかりませんが普段は知ることがない自衛隊の活動の一端に触れることができる貴重な時間になると思います。



※佐世保市役所のホームページなど参考にしました


スポンサーサイト



口之津港ターミナルビル着工
口之津港ターミナルビル着工

南島原市口之津町の口之津港の新しいターミナルビルが着工されることになり安全祈願祭がとり行われたことが読売新聞の地方版(2018年4月15日版)に紹介されていました。
新しいターミナルビルはターミナルビルとしてだけでなくて老朽化した口之津支所や観光案内所なども集約させ南島原市の海の玄関口として整備されるようです。

計画では鉄筋2階建て、延べ床面積約2000平方メートルのビルになるようです。
1階にはこれまでのフェリーや路線バスの乗り場・待合室の他に南島原市口之津支所、観光案内所、食堂などが、2階には口之津歴史民俗資料館が移転する予定となっているようです。

ターミナルビルを含め周辺は緑地公園として拡張整備されていて、乗用車50台、バスなど大型車9台が停車できる駐車場や物産広場なども計画されていて、県が既に2015年から埋め立てや護岸工事を始めています。
総工費は約7億8500万円で来年(2019年)6月の完成、2020年3月までの供用を目指しています

昔ですが私も口之津港に行ったことがあります。何といってもターミナル前にある450年前にポルトガルから口之津に寄港した来たポルトガル船船のベイガ船長の巨大な人形が印象的なのですが口之津港ターミナルはフェリーと路線バスの共同のターミナルビルで売店もある便利で機能的なターミナルでした。2008年に廃止となった島原鉄道の南目線の口之津駅も近くにありました。ターミナルビルはそんなに老朽化しているとは思っていませんでしたが1966年の建物だったそうです。

『長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産』の構成資産である原城跡も近くにあり、天草との航路もあり観光客の増加も期待できます。また支所も同ビル内に移転するので地域の住民の方も便利になり路線バスの利用も増えるかもしれません。
路線バスで島原や小浜・諫早などと結ばれています。

戦国時代にはキリスト教布教や南蛮貿易で、また近代でも石炭が口之津の港の使い輸出され栄えていた時期もあり口之津港は歴史的にも重要な港町なので2階に歴史民俗資料館も2階にできるのは経由地として口之津港を訪れる観光客にも口之津の歴史に触れる機会が増えていいのでは…と思います。
また口之津港はイルカクオッチングの観光客も多いので港が整備されると観光客の口之津での滞在時間も増えるかもしれません。
世界遺産登録には間に合わないかもしれませんが新しい南島原市の玄関口として整備されるとよいですね。


※読売新聞、長崎新聞を参考にしました

追悼 衣笠祥雄さん
追悼 衣笠祥雄さん

広島東洋カープで活躍した野球評論家の衣笠祥雄さんが4月23日に亡くなりました。71歳でした。

先日の巨人戦の野球中継で衣笠さんが槇原さんと解説をされていましたが衣笠さんの声がとてもかすれていて体調がよくないのかなぁ…と思ってはいたのですが突然の訃報で驚きました。

私がプロ野球を見始めたのは1970年代半ばでした。
最近、カープは優勝するなどまた強くなっていますがその時代も古葉監督の下でバッターでは山本浩二、衣笠祥雄、水谷実雄、高橋慶彦、大下剛史、ギャレット、ライトル…、そしてピッチャーでは外木場義郎、池谷公二郎、北別府学、江夏豊…と思いつくまま名前を書いて活躍した時期が重ならない人もいるかもしれませんがいろいろな個性的な選手がいてとても手強いチームでした。

衣笠さんは身長は175cmとそれほど大きくなかったのですが三塁の守備もダイナミックで実際の身長よりプレーする時は大きく見えました。バッターとしては5番が多かったと思いますがフルスイングが多く三振も多くもろい一面もあったと思いますが本塁打など長打も多く風貌からも豪快な強打者のイメージのある選手でした。
衣笠さんには連続試合出場というとてつもない大記録があり、いつも鉄人・衣笠と紹介されてそのことにスポットライトが当たることが多いのですが実績でも通算安打2543本、本塁打504本、打点1448とものすごい通算成績を残していて打点王と盗塁王!も獲得しています。
ONの全盛期を知らない私には山本浩二、衣笠祥雄のYK砲はチームを引っ張りお互いに刺激しあう王・張本や秋山・清原などと並ぶ最強の二人だったと思います

野球解説もわかりやすかったですね。選手のことを思いやるようなやさしい温かい言葉が多く選手や監督を批判したり厳しい叱責はほとんどなかったと思います。人格者だったと思います。
大選手なのに引退後、コーチや監督の経験をしていない人が何人かいます。衣笠さんもその一人なのですが衣笠さん以外の人は私なりに勝手にですが理由を想像できるのですが衣笠さんは理由が想像できなくてよくわかりません。
おそらく本人はコーチや監督としても野球を続けったかったのでは…と思います。やはり広島の監督をしてほしかったです。残念です。

長崎市内には『衣笠球場』とう衣笠さんの名前を冠した野球場があります。衣笠さんの名前を冠したソフフトボール大会は現在も行われているそうです。長崎半島の先端、野母崎に行く途中の旧三和町にあるそうです。野球場を見るのは好きだし野母崎は久しぶりに行ってみたいのでチャンスがあったら行ってみたい野球場です
亡くなりましたが衣笠さんが残した記録も記憶もこれからも残っていくと思います。
ご冥福をお祈りします


追悼 ステファーヌ・オードラン
追悼 ステファーヌ・オードラン

フランスの女優のステファーヌ・オードランが3月27日に亡くなりました。85歳でした。
購読している読売新聞には見落としたかもしれませんが死亡記事は掲載されなかったんじゃないかと思います。
ネットは毎日のようにみてはいるのですが亡くなったことに気づかなくて先週、ある方のブログの追悼記事で亡くなったことを知りました。残念で悲しいことです


allcinemによるフィルモグラフィーによるとたくさんの映画に出演されていますが日本未公開作や脇役での出演も多いようで日本ではあまり知られていない女優さんだと思います。
私が最初に観ている映画はテレビで観た(月曜ロードショーだったと思います)『刑事キャレラ/10+1の追撃』 になります。
この映画ではドミニク・サンダのことは覚えていますが話はほとんど忘れていてオードランのことは全く記憶にありません。
黒澤明の『天国と地獄』や渡辺謙主演の2時間ドラマシリーズ『わが町』のエド・マクベインが原作でジャン=ルイ・トランティニャンが主演でした。
ステファーヌ・オードランは1954年から56年の2年間、ジャン=ルイ・トランティニャンと結婚していましたのでこの映画は元夫との共演作だったことになります。
彼女のデビューはウィキペディアでは1957年と書いてあるのでトランティニャンと離婚後に映画デビューしているようです。
トランティニャンが『素直な悪女』で共演したブリジッド・バルドーと浮気したことが原因で離婚してその後にヌーヴェルヴァーグを代表する監督の一人、クロード・シャブロルと結婚しています。

その後、シャブロルの多くの映画や他の監督の映画にも出演しています。
シャブロルの映画は1960年代、70年代と日本で公開されていない作品が多く1988年製作の『主婦マリーがしたこと』くらいから日本で公開される作品が出てきてそれからビデオやDVDが発売されたり、旧作が公開されたりと少しずつ観ることができるようになったと思います。
ただ1980年にシャブロルとオードランは離婚していて、離婚後もオードランはシャブロルの映画にも出演していますがイザベル・ユペールとか別の女優さんが主演することが多くなっていたのでオードラン主演のシャブロルの映画はあまり知られていないんじゃないかと思います。
私自身もシャブロルの映画はあまり観ていなくてオードラン時代の映画では学生時代に『殺意』と『女鹿』(ベルリン国際映画祭主演女優賞受賞、この映画でもトランティニャンと共演)をテレビやビデオで観ているだけです。両方とも内容は覚えていないのですが日本公開されていることもありなかなか面白かったと記憶しています。

彼女のおそらく一番有名な映画はもう30年も前の映画になりますが『バベットの晩餐会』だと思います。
デンマークの映画でデンマークの小さな漁村が舞台でほのぼのとしたタッチの映画でアカデミー賞外国映画賞を受賞しています。
彼女が主演でフランスから亡命した女性を演じていました。映画も彼女も素晴らしかったと思います。
私はこの映画ではじめてステファーヌ・オードランという女優さんをきちんと知ったと思います。

フランスの女優さんはいろいろな魅力をもった女優さんが多いですがステファーヌ・・オードランも美しいだけでない不可思議な魅力のある女優さんだったと思います。
1960~70年代に日本で公開されている作品が多かったらもっと評価されていた女優さんではないかと思います。
これから少しでも作品が紹介されたらと思います。
ご冥福をお祈りします

≪フィルモグラフィー≫

暴力組織 (1957)
いとこ同志 (1959)
獅子座 (1959)  
赤と青のブルース (1960)  
気のいい女たち (1960)<未>
ダンディ (1961)<未>  
青髭 (1963)<未>  
世界詐欺物語 (1964)
虎は新鮮な肉を好む (1965)  
ジャガーの眼 (1965)  
パリところどころ (1965)  
殺意 (1966)
女鹿 (1968)
不貞の女 (1968)<未>  
肉屋 (1969)<未>  
殺意の週末 (1970)
刑事キャレラ/10+1の追撃 (1972)
ブルジョワジーの秘かな愉しみ (1972)  
殺人代理人 (1972)<未>
そして誰もいなくなった (1974)
友情 (1974) 出演  
ブルース・ダーンの ザ・ツイスト (1976)<未>  
シルバー・ベアーズ (1977)<未>
刑事キャレラ/血の絆 (1977)<未>
チェイサー (1978)  
ヴィオレット・ノジエール (1978)<未>
イーグルス・ウィング (1979)<未>  
最前線物語 (1980)  
華麗なる貴族 (1981)
最後の標的 (1982)<未>
死への逃避行 (1983)  
  ミストラルの娘 (1984)
他人の血 (1984)<未>
ナイト・マジック/幻想夜曲 (1985)<未>
ウエディングベル/Mr.レディ Mr.マダム3 (1986)
彼女はジタン (1986)<未>
バベットの晩餐会 (1987)
プア・リトル・リッチ・ガール (1987)
呪いの迷宮/ラビリンス・イン・ザ・ダーク (1988)
フェイスレス (1988)  
シャンペンチャーリー (1988)
父の恋人 (1989)
マニカの不思議な旅 (1989)
クリシーの静かな日々 (1990)
ホワイト・ナイトメア (1992)<未>
パリのレストラン (1995)  
マキシマム・リスク (1996)  
アルレット (1997)
マドレーヌ (1998)<未>
青い自転車 (2000)


佐世保どろんこ収穫祭(佐世保市島瀬公園)
佐世保どろんこ収穫祭(佐世保市島瀬公園)

佐世保市内にある5カ所の直売所が島瀬公園に二日間、集まる恒例のイベントが開催されます

【日時】  4月14日(土) 4月15日(日)  10:00~16:00
【会場】  島瀬公園(佐世保市島ノ瀬町)
【参加する直売所】
 わくわくふれあい市(重尾町)、柚木よかもん市(柚木町)、国見の郷(世知原町)、ソレイユ吉井(吉井町)、ひう花菜市(日宇町)
【会場での主なイベント】  
○ガラポン抽選会
  一店舗500円以上お買い上げ毎に抽選券が1枚、
  抽選券2枚(1000円)でガラポン抽選会が1回可能に
○スタンプラリー
当日の会場ではなく直売所の5店舗を回ると景品がもらえるようです
実施期間: 4月15日~9月10日(月)

集結する直売所は
メロンで有名で農業が盛んな柚木地区の『柚木よかもん市』
海産物&農産物が集まる茶市が5月に開催される早岐地区の重尾にある『わくわくふれあい市』
お茶の産地である世知原地区にある『国見の郷』
イチゴやメロンなどで有名な吉井地区にある『ソレイユ吉井』
佐世保の花生産発祥の地であるという日宇地区にある『ひう花菜市』 
と佐世保の北から南までの5カ所になります

『ひう花菜市』は行ったことはありませんがそれぞれ多くの人が訪れる直売所です
市の中心部にあるので買い物のついでにちょっと立ち寄って5店舗回ってみて、それぞれのお店の魅力に触れてみるのも楽しいかもしれません

なお4月21日(土)に佐世保市光月町にある中部地区公民館で郷土料理の料理教室が開かれそうですが収穫祭の会場で受付が行われます
料理教室 【日時】 4月21日 10:00~13:00     【参加費】 無料     【参加人数】 20名


※佐世保市役所のホームページ、させぼ通信を参考にさせていただきました

松浦市・不老山総合公園花と光のフェスタ(長崎県松浦市)
松浦市不老山総合公園花と光のフェスタ(長崎県松浦市)

松浦市の標高288mの不老山。展望台や公園が整備されており春には約11万のツツジが咲き誇ります。また展望台からは松浦市の市街地や伊万里湾などが一望でき松浦市の観光スポットとなっています

今年も22回目になるそうですが『不老山 花と光のフェスタ』が開かれます

【開催日時】  フェスタは4月16日~5月8日まで
         イベントは16日と17日に予定されています
  
★4月15日(日)
○ステージイベント 10:00~16:00
   YOSAKOIダンス、松浦ウインドオーケストラライブ、猶興館ダンス同好会、つな引き大会、皿回しのパフォーマンス
   松高歌自慢、SATOYAステージ、ビンゴ大会
○ウォークラリー  スタート10:00(受付9:30)  参加費無料 
   コース 市役所南玄関~不老山総合公園展望台
○ミニ四駆コーナー 
   〈午前中〉 販売・組み立て   〈午後〉 レース
○ものづくり&砂絵コーナー  10:00~15:00  1回100円
○お楽しみミニゲーム(射的・輪投げ)      10:00~15:00  1回100円
○凧作り体験           10:00~15:00  1回100円
○デジタル写真コンテスト   テーマ:つつじ不老山のながめ
   応募締め切り 5月11日 表彰・参加賞
○BBQコーナー

【アクセス】 9:00~17:00  無料シャトルバス 15日のみ運行  15日は公園駐車場利用は駐車場整理協力金必要
文化会館(30分毎)・松浦駅(30分毎)―市役所(15分毎)ー高野地区(2カ所・15分毎)-不老山(帰り最終便17:00)

★4月16日(月)
グランドゴルフ大会が9時30分より開催されます  
申し込みは終了しているようです

※松浦市のホームページ参考にしました
        
 
   



今里酒造蔵開き(長崎県波佐見町)
このブログでもイベントなどで何度か取り上げています波佐見焼の産地として有名な波佐見町。
町の中心部にある創業1772年の歴史がある今里酒造は長崎県のなかでも大きな蔵元になります。
『六十餘洲』の銘柄はこの辺りでは有名で酒屋さんは勿論ですがスーパーでもよくみかけます。
今年も恒例の蔵開きが開催されます

【日時】  4月14日(土)、4月15日(土)  10:00~15:00
【会場】  今里酒造
【スケジュール】
  10:00~   開場
  10:00~   餅まき
  10:30~   雷神太鼓
  12:30~   餅まき
会場ではスケジュールにも書いていますが餅まきがあったり、酒蔵の粕汁が無料で振る舞われます。(千食限定)
また無料の試飲やしぼりたて生酒、純米酒、山田錦生酒など蔵開き限定酒の販売が行われます
またお楽しみ抽選会も行われます

【アクセス】 当日は駐車場もありますが無料シャトルバスが運行されます
川棚駅前→今里酒造 9:10~(30分毎)    今里酒造→川棚駅前13:00~(30分毎)
有田駅前→今里酒造 10:05~(1時間毎)   今里酒造→有田駅前13:30~(30分毎)


1月下旬から始まった春の蔵開きも長崎・佐賀県では佐賀市大和町の大和酒造が今里酒造と同じ15日(10:00~15:00)にに開催されます
当日は試飲と直売、木工用ボンドで画を描くアーチストがみえてボンドアート体験や地元の特産物の販売など予定されているそうです。『インターや佐賀駅から約10分だそうです)
そして五島列島の五島灘酒造と五島列島酒造が4月29日に、
平戸の南部にある福田酒造が5月12日、平戸中心部の森酒造で5月13日に蔵開きが予定されていて春の蔵開きもようやく?終わるようです。


※今里酒造、大和酒造のホームページを参考にしました 

  
諫早つつじ祭り(諫早公園)
i諫早つつじ祭り(諫早公園)

佐賀鍋島藩の家臣諫早市の居城であった諫早城の城跡で諫早の中心部タレントの松本明さん子、森尾由美さんの女性二人旅が放送されました。途中下車した「諫早駅」ではうなぎで有名な『魚荘』、県の天然記念物に指定されている大木のクスノキがある『諫早神社』とともに本明川に架かる眼鏡橋がある「諫早公園」の3カ所が登録されました。
その諫早公園で『2018年諫早つつじ祭り』が開催されます
今年は眼鏡橋が国指定の

『諫早つつじ祭り~眼鏡橋還暦祝い~』
【日時】      4月14日(土)、4月15日(日) 10:00~16:00
【開催場所】   諫早公園一帯 (雨天時は諫早市体育館)

【主なイベント】
★土曜
○9:30~12:00      市民ウォーキング大会      ≪集合場所:高城公園≫
             本明川沿いの櫻つづみ6・5kmを歩くウォーキング 飛び入り参加も可(無料)
○10:00~16:00     着物deお写真           ≪眼鏡橋裏≫      
             大人から子供までつつじや眼鏡橋をバックに約30分間、記念撮影  着物レンタル撮影プリント代込
○10:00~          諫早公園クイズラリー      ≪本部でクイズラリーマップ配布≫
             諫早公園に隠されたクイズ10問を捜しまわるクイズラリー 本部でパーフェクト賞、参加賞も
○10:00~15:00     自然体験ビンゴ          ≪本部でビンゴ用紙配布≫
            諫早公園で用紙に書かれた宝物を捜しビンゴを完成させる、プレゼントあり
○10:00~  15:00~  眼鏡橋散策ガイド         ≪本部に集合≫
           ガイドさんの案内による眼鏡橋・諫早公園周辺の史跡を約60分で散策する
○10:00~12:00     太鼓の競演             ≪芝生広場≫
    地元で活躍する太鼓の4団体が最初はそれぞれ単独で、そして最後は4団体で競演 
○10:00~無くなり次第終了  旬の長田タマネギ詰め放題   ≪うまかもん市テント内≫
   諫早の長田地区でとれたタマネギの詰め放題(有料)  
○10:00~15:00         自然クラスト体験         ≪芝生広場≫ 
   「諫早青少年自然の家」の協力で丸太や廃材を利用したコースターづくり、紙トンボ作りが楽しめます(無料)
○11:00~14:00        ミニ動物園              ≪眼鏡橋裏≫
   うさぎ、ひつじ、やぎ、ハムスターなどの動物と触れ合えます
○11:00~14:00       アエル100円マルシエ       ≪アエル諫早中央商店街≫
   諫早公園ではありませんが中央商店街で同時開催されます
○12:00~   15:00~   ウエスタン ジャズアンサンブル  ≪芝生広場≫
   ウエスレヤン大学のサークルによるジャズアンサンブル
○13:00~           伊藤静雄 朗読会           ≪諫早公園中腹の石碑前≫
   諫早出身の詩人伊藤静雄の朗読会
○13:30~            ゆるキャラじゃんけんバトル!   ≪芝生広場≫
   諫早のゆるキャラたちのよるじゃんけんバトル  終了後撮影会

★日曜日
○10:00~           新日本歩く道紀行100選ウォーキング (受付10:00スタート10:15~) ≪本部に集合≫
  平成28年11月認定の新日本歩く道寄港00選の諫早生まれの詩人伊藤静雄ゆかりのコースを約85分ウォーキング
  飛び入り参加可
○10:00~15:00      YOSAKOI in諫早           ≪芝生公園、眼鏡橋前≫
  YOSAKOIチームによる演舞 
○10:00~          諫早公園クイズラリー          ≪本部でクイズラリーマップ配布≫
   土曜日と同じ内容
○10:00~16:00     60歳全員集合              ≪本部≫
   眼鏡橋還暦を記念して先着200名に本部席で60歳の方にプレゼントを贈呈(年齢証明するもの必要)
○10:00~15:00     自然体験ビンゴ          ≪本部でビンゴ用紙配布≫
  土曜日と同じ内容
○10:00~  15:00~  眼鏡橋散策ガイド         ≪本部に集合≫
  土曜日と同じ内容
○11:00~14:00     春の茶会               ≪諫早市美術・歴史館≫
 諫早公園近くの諫早市美術・歴史館で裏千家の青年部の方の御手前で抹茶を楽しみます    参加費500円
○10:00~         囲碁フェスタ              ≪諫早商工会館≫

他にもいろいろと楽しいイベントが予定されているようですし14日、15日の両日とも芝生公園を中心にウナギ蒲を使った「うなぎまんじゅう」、手打ちそばの「高来そば」、「かりんとうまんじゅう」など諫早のおみやげや郷土料理の出店や露店などが出店します。
 
秋の「のんのこ祭り」と並んで諫早の街がにぎわうお祭・イベントではないかと思います。
期間中はライトアップもされます。
佐世保からは同じ県内でも大村の先になりちょっとだけですが遠いイメージがある(私だけかもしれませんが)諫早市ですが大村と並び交通の要衝であり歴史やおいしい食べ物もある街です。久しぶりに訪れたい街です。

※諫早つつじ祭りのホームページ参考にしました