FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



現状
現状
仕事が忙しくなり時間が取りにくくなり、ブログの更新が遅くなり難しくなっています。
少しずつは進めていきたいと思ってはいます。
今後もよろしくお願いします
スポンサーサイト



路傍の男(1923年 ドイツ)~最初の監督作品~
路傍の男(1923年 ドイツ)~最初の監督作品~

ウィリアム・ディターレ(ドイツ名ヴィルヘルム・ディーテルレ)は1893年にドイツのルートヴィヒスハーフェン・アム・ライン(ドイツ帝国時代のラインハルト)で生まれています。
ウィキペディアによりますと家が貧しく物心つく頃から働き始めたそうです。
舞台へのあこがれがあり16歳でグループ劇団に入り俳優となり国内やスイスを巡業し舞台の他に1911年から1914年まで映画にたびたび出演したと書かれています
ただインターネットムービーデータベースによると俳優としての最初の映画は2013年の作品となっており違いがあります。
最初の頃はエキストラみたな役だったのかもしれません。
前も書きましたが1918年にマックス・ラインハルトの劇団に所属するようになり本格的に活動するようになり1920年から本格的に出演するようになり俳優として活躍・成功しています。
やがて監督にも興味を持つようになり1923年に最初の映画『路傍の男』を監督しているようです
この作品に関しては『オリンピアと嘆きの天使』(中川右介著、毎日新聞出版社)に記載があります。
この本はマレーネ・ディートリッヒとレニ・リーフェンシュタールの二人の女性の軌跡が描かれており、少しですがサイドストーリーとして原節子とオードリー・ヘップバーンも登場するとても興味深い面白い本です

この本にディターレの最初の監督作品が記載されているのはマレーネ・ディートリッヒがこの映画に出演しているからになります
ディートリッヒにとって『路傍の男』は『小さなナポレオン』、『愛の悲劇』(いずれも日本未公開のようです)につぐ3本目の作品になります(1919年に1本の映画に出演しているという資料もあるそうでその場合は4本目になります)
この3本とも1923年に本国で公開されているようで公開順としては『路傍の男』が最初の公開作品になるようです。
また他の2作品はエキストラのような作品になるようですが『路傍の男』では『オリンピアと嘆きの天使』によるとタイトルでは10番目の記載になるようです。(インターネットムービーベースでは7番目の記載になります)
撮影期間は本によると1923年4月末から5月中旬にかけて、ドイツでの公開は6月6日となっています。
なおデートリッヒは映画の撮影中か撮影終了後か定かではありませんが『愛の悲劇』の助監督であったルドルフ・ジーパーと1923年5月17日に結婚しています。


『路傍の男』Der Mensch am Wege (1923・ドイツ)
トルストイの民話が原作となっているようです。トルストイの民話というと『イワンの馬鹿』が有名というかそれしか知りません。
路傍の男も有名な話かもしれませんが私は知りません。大きな本屋に行くことがあれば探してみたいと思っています。
ディートリッヒは娘役で出演しているそうです またディターレ自身も出演しています。内容や上映時間や他のキャストなど詳しいことはよくわかりません。

監督    ヴィルヘルム・ディーテル(ウィリアム・ディターレ)
原作    レオ・トルストイ、 
シナリオ  ウィリアムディターレ
キャスト
Alexander Granach Emilia Unda Emilia Unda . ウィリアム・ディターレ Heinrich George Wilhelm Völcker Sophie Pagay
マレーネ・ディートリッヒ Wilhelm Diegelmann Liselotte Rolle

ディートリッヒですがハリウッドでスタンバーグは勿論ですがエルンスト・ルビッチ、ビリー・ワイルダー、フリッツ・ラングなどドイツ出身の監督の作品にも出演しています。
ディターレとも『路傍の男』から約20年後の1944年、今度は『キスメット』(未見です。DVDは発売されています)で主演女優と監督としてハリウッドでコンビを組んでいます。 『キスメット』は何回も映画化されている作品ですがディターレは1931年にもドイツで映画化しています。この作品はリメイクというか2度目の映画化になります。それ以前にも別の監督で映画化されていますし、その後も何度か映画化されているようです 。
(ディートリッヒに関する本は自伝とかも翻訳されています。スタンバーグのこともあるし自伝も含め読んでいない本が多いので.読んでみたいと思ってはいます。)

ディターレのドイツ時代の監督作品はすべて日本未公開作品のようで本とか探したりしていますがよくわかりません。
俳優としての出演作品は私は観たことはありませんがF・W・ムルナウの『ファウスト』(未見です。DVDが発売されています)とか日本公開もされている有名な作品にもいくつか出演していているようです。



※ウィキペディア、インターネットムービーデータベース、オリンピアと嘆きの天使(中川右介著・毎日新聞出版)を参考にしました


有田波佐見乗合TAXI ー再びー(マユミタクシー、相互交通)
有田波佐見乗合TAXI ー再びー

以前、このブログで有田波佐見乗合タクシーのことを紹介しましたが、試験期間終了後、少なくとも1か月は延長運行もしていましたがその後、運休していたようです。
その後、やはり観光客の足として必要と判断されたのでしょうか。
2017年9月1日よりルートなどの変更はありましたが再び運行が開始されています

〈ルート・時刻表〉
有田駅前(KILN ARITA)-(8分)-波佐見有田IC-(6分)―波佐見町役場ー(7分)-陶芸の館ー(9分)-中尾山交流館
有田駅前発10:10、11:10、12;10、13:10、14:10、15:10、16:10、17:10

中尾山交流館ー(8分)-陶芸の館ー(6分)-波佐見町役場ー(7分)-波佐見有田IC-(9分)-有田駅前(KILN ARITA)
中尾山交流館発 10:25、11:25.12:25、13:25、14:25、15:25、16:25、17:25


以前停車していた有田町の有田陶磁の里プラザ、有田商工会議所前に停車しなくなり、波佐見町の波佐見町役場に新たに停車するようになりました。
JRやMRとの連絡駅である有田駅、高速バスに乗り換えることができる波佐見有田インターと波佐見町の観光地を結ぶ交通手段として重点が置かれるようになりました。
有田町を巡回しなくなるのは残念ですが有田を巡回する路線バスも運行されているので有田と波佐見を早く結ぶことができるこのルートの方がいいかもしれません。

1日乗車券は前と同じで大人1000円(子供500円)で乗り降り自由となっています。
チケットを提示すると陶芸の館で波佐見焼のスプーンが、西の原・南倉庫で波佐見焼のオリジナル小物プレゼント(以上陶芸の館)、中尾山・文化の陶・四季舎(中尾山交流館)でコーヒー1杯サービスの特典があります

運行が再開されたのは嬉しいです。私も以前、一度だけですが利用させていただきましたが利用者はやはり多くはなかったです。
今回のようにルートの見直しやPRなどテコ入れは随時、必要だと思いますが大切なことはとにかく続けることだと思います。
前にも書いているのであまり書きませんが中尾山は結構、坂道です。停留所がある伝習館は中尾山の奥になるので中尾山の途中かゲートあたりでの乗降は検討してもよいのではないかと思います。あと鬼木の棚田まで足を延ばすのはどうかなとか思ったりします。
再スタートしている『有田波佐見乗合TAXI 有田波佐見物語』です。
有田ー波佐見を結ぶ路線としてこの路線・有田波佐見物語が多くの方が利用して末永く、できればネバーエンディングストーリーとして続いていけば…と思います。


※波佐見町のホームページを参考にしました

湯けむり直行バス(雲仙観光)
湯けむり直行バス

2017年10月1日より2018年9月30日の1年間限定ですが空港、諫早を結ぶ「湯けむり直行バス」がスタートします
長崎空港からは島原までは連絡バスがありますが小浜。雲仙に行くには乗り換えが必要になります。
雲仙温泉、小浜温泉に宿泊する方がメインでしょうが宿泊以外の方も利用できるようです。
(雲仙温泉で10館、小浜温泉で3館が対象です)

(時刻表)
長崎空港14:00→諫早駅西口・ロータリー14:40→小浜15:30→雲仙16:00

雲仙11:00→小浜11:30→諫早駅西口・ロータリー12:20→長崎空港13:00

往復3000円、片道2000円(小浜ー諫早2000円、片道1500円)
予約制で2日前までは予約しないといけないようです。
宿泊する方は宿泊する施設へ連絡、今回参加していない宿泊施設を利用する方等は運行を担当する雲仙観光に連絡するようです。

時間はどうなのでしょうか、16時にチェックインとして長崎空港発の14時はいいとして、雲仙の11時は少し遅い感じがするのですがバス1台でやり繰りするのでしょうから仕方がないかもしれませんが理想では空港1を4時、17時、雲仙を9時、13時(宿泊後に観光する時間を考えて)とか2便あったら…とか勝手に思ったりします。
長崎県は縦に長い県で高速道路なども福岡などとのことが優先されるので県内の都市間や観光地と観光地、空港や港と観光地を結ぶ交通網などが整備されていないところもあるのでこの試験的な運行が定着し、できれば増便などの動きがあれば…と思います。


※ながさき旅ネットを参考にしました

かわたな映画祭
かわたな映画祭

明日(9月16日)から18日まで佐賀市富士町で『第三十四回古湯映画祭』が計画されています
『矢口史靖監督とさす木さんたち』として矢口史靖監督の特集が予定されていてたくさんのゲストも参加するようです
昨年も台風の影響があり中止となってしまいましたが今年も?…ですが何とか予報が外れて開催されるとよいですが

その1週間後には長崎県の川棚町で『かわたな映画祭』が参加されます
地域文化活動の一つとして計画されていて今度で3回目になるそうです。

≪プログラム≫
二日間で4作品の日本映画が上映されます
『あすなろ物語』(1955年 堀川弘通監督)
原作は井上靖の自伝的な小説として有名です。監督は黒澤明監督の助監督を務めこの作品がデビュー作の堀川弘通。
黒澤明は脚本を担当しています。この映画は観たことがありません。

『次郎物語』(1987年 森川時久監督)
原作は佐賀県出身の下村湖人の有名な小説。未完の物語になりますが私は大好きな小説です。
映像化は何度かされているようです。
1941年(島耕二監督)、1955年(清水宏監督)、1960年「次郎物語」「続次郎物語 若き日の怒り」(野崎次郎監督)
この映画は私は見ています。1955年の映画は子供の世界を描くのが上手な監督として有名な清水宏監督の作品なので観てみたいと前から思っています。

『風の又三郎 ガラスのマント』(1989年 伊藤俊也監督)
1940年(島耕二監督)、1957年(村山新治監督)、1988年(アニメ りんたろう監督)
宮沢賢治の有名な短編小説です。この映画も観ています。テレビドラマ化や舞台化などもされているようです。

『少年時代』(1990年 篠田正浩監督)
柏原兵三の小説「長い道」を原作とした藤子不二雄Aのマンガ「少年時代」が原作です。
藤子不二雄さんは昔、和田誠さんと『映画に乾杯2』で対談されていてものすごく映画に詳しいのにびっくりしました。楽しい面白い対談でした。『少年時代』は映画も有名ですが今は井上陽水の主題曲が一番有名で親しまれていると思います

9月23日(土)
9:00~   『あすなろ物語』
11:00~  『次郎物語』
13:30~  風の又三郎 ガラスのマント』
15:30~  『少年時代』
9月24日(日)
9:00~   『風の又三郎 ガラスのマント』
11:00~  『少年時代』
13:30~  『あすなろ物語』
15:30~  『次郎物語』

公会堂は私は行ったことはありませんが川棚駅、川棚バスセンターより徒歩約7分、役場の近くになるようです。
もちろん駐車場もあります。
映画は子供が主人公の映画がそろっていて4本続けてみるとそれぞれの作品での子供の描き方、捉え方の違いとかわかり面白いかもしれません。『あすなろ物語』はなかなか観る機会がないと思います。他の作品は封切り時に観たり、テレビで観たりした映画ですがもう子供を描いた古典?になっているのかもしれません。
古典といえばヨハンナ・スピりの『アルプスの少女』も今年の夏、『ハイジ アルプスの物語』としてまた映画化され公開されましたしカップヌードルのCMでは青春アニメ化されて放映されるようです。
古今東西関わらず、良い作品は時間が経っても残っていくのでしょうね…
私は観に行くことができませんが多くの人が観に行って映画やその原作とか映画や本が好きな人が増えると良いですね。
映画祭も4回、5回…とこれからも続いてほしいです。


※ライフさせぼ(No1924)を参考にしました



天山酒造 秋の蔵開き(佐賀県小城市)
天山酒造 秋の蔵開き

佐賀県は米どころということもあるのでしょうか、鹿島をはじめとしてたくさんの酒造会社があります。
その中の一つ、天山酒造は小城市にある酒造会社になります。
小城市は佐賀県の中央部に位置しており佐賀市の隣になります。平成14年に平成の大合併により三日月町、牛津町、芦刈町、小城町が合併して出来た人口約4万5千人の街です。
佐賀県はお菓子で有名ですが小城市は小城羊羹で全国的に有名かはわかりませんがこの近辺では有名です。
またローカル番組でレポーターをしていた女性が小城出身で地元のサイダーメーカーに勤めていたとのことで訪問する企画がありそのサイダーもとてもおいしそうでした。

天山酒造は明治初期に創業され日本酒を中心に焼酎やリキュールなども生産している酒造会社になります
名前の由来となっている天山は佐賀県でおそらく一番有名な山になります。
天山からの伏流水が酒造りに利用されています。
近年では海外輸出や酵母の開発などいろいろ新しい取り組みもされているようです。
蔵や精米所、水車、水路などが国の登録有形文化財に3件登録されています。


秋の蔵開き
【日時】  平成29年9月16日(土)   10:00~16:00
【会場】  天山酒造
【主なイベント内容】
○一日限りのKENSUKY’SBARがオープン
マスターおすすめの日本酒の飲み比べがワンコインで出来るそうです

○レンガ蔵での音楽ライブ
登録文化財の蔵でミニライブが開催されます

○蔵開き限定の日本酒、クリームチーズの販売
樽酒や当日限定のお酒、奈良漬、有名なのでしょうかクリームチーズの販売がされます

○屋台コーナーも出店
おでん、牛すじ煮込み、地鶏炭焼き、からあげなどの屋台が出店されます

○ゲームコーナー
景品もでいろいろなゲームも用意されています。

他にもいろいろあるようです。
【アクセス】
唐津線の小城駅(バスセンターも割と近くにあります)より約10分、当日は二つの臨時駐車場 
○天山神社駐車場(天山酒造の近くです)、○岩松小学校が用意されています

JR小城駅~天山酒造      シャトルバス     
9:10~12:00    約20分間隔          
12:00~14:00   約40分間隔
14:00~17:00   約20分間隔
岩松小学校(臨時駐車場)~天山酒造    シャトルバス
 約10~15分間隔

台風の影響が心配ですが有田同様こちらも多くの人が訪れるとよいですね

※天山酒造のホームページを参考にしました

ウィリアム・ディターレの簡単な経歴
ウィリアム・ディターレの簡単な経歴
 
1893年 ドイツで生まれる
1909年前後    劇団に入り俳優として巡業
1911年       最初の映画に出演(~1914年)
1918年       マックス・ラインハルトの劇団に所属
1920年       映画に再び出演
1923年       最初の映画監督作品
  以降 俳優、監督として活躍する
1930年       渡米 ワーナーと契約
1931年       最初の作品?『最後の偵察』(日本公開作)
1935年       亡命してきたマックス・ラインハルトと共同監督作品『真夏の夜の夢』を撮る
1942年頃     破産?
1950年代後半  アメリカを離れ西ドイツに帰国(イタリア経由?)
  映画、テレビドラマを監督する
1972年      西ドイツで死去
以上ディターレの簡単なプロフィールです。

最初の映画出演が1911年というのはですので第一次世界大戦より前でありアメリカ映画の父と言われているD・W・グリフィスの有名な『国民の創生』が1915年の作品なのでそれより前の映画の創成期の頃から映画に関わっていたのは驚きです
マックス・ラインハルトとの出会いも大きかったようです。まず俳優として、そして監督としてもドイツでも認められていきアメリカ映画界から誘われて渡米しています。
DVDで観ることができる『ゾラの生涯』、『科学者への道』など伝記映画の名手として知られていますが、恋愛映画やファンタジー、西部劇、サスペンスなどいろいろなジャンルの映画を撮っているようです。
またかつての師匠、マックス・ラインハルトが亡命してきた際は尽力し一緒に映画を撮ったりと仲間意識が強い人ではないかと思います。
未公開作品は結構ありますが思ったほどは多くはありません。ただ現在、DVDなどで観ることが出来る映画はかなり少ないです。

ディターレが共産党員だったかどうかは現時点ではわかりませんが左翼的な人だったことは確かでブラックリストにはのらなかったようですが赤狩りの影響や映画界の変化などもあり1950年代になると30年~40年代に比べると話題になるような作品が少なくなっていきます。、はっきりした経緯はわかりませんが50年代後半にはアメリカを離れイタリアを経由して最終的に西ドイツに帰国しているようです。
母国で再び映画、テレビドラマを撮っていますがあまり話題になることはなくその後しばらくして引退しているようです。


ドイツからアメリカに渡った映画人は多いですがその中ではそこそこ有名な人だと思いますが観ることができる作品は少なく実像はよくわからな人です
私が現時点で知っている限りでは専門的に取り上げている本はほとんど
ありません。ドイツ映画・ハリウッド映画に関する本やネットの検索などでわかる範囲で調べていきたいと思っています
※ウィキペデイア、『ハリウッド・レッドパージ』などを参考にしました。




鉄道ひろばIN有田・炎の博記念堂
鉄道ひろばIN有田・炎の博記念堂

平成8年に開催された世界・炎の博覧会の主会場としてテーマ館などパビリオンが設けられた有田会場は『歴史と文化の森公園』として生まれ変わり、広大な公園の中にある『炎の博記念堂』は地上2階地下一階の鉄筋コンクリートの建物で現在も音楽など様々なイベントが開かれています。

映画の上映会とかも開催されていて、昔ですが私も何度か観に行ったことがあります。
上映会は今も開催されているようで8月20日には≪文学喜劇の魅力≫として『駅前旅館』(1958)、『本日休診』(1952年)、『大誘拐』(1991年)、『喜劇 女は男のふるさとョ』(1971)と魅力的なプログラムが開催されています。
その炎博記念堂で『鉄道ひろばin 有田・炎の博記念堂2017年』というイベントが開催されます


『鉄道ひろばin 有田・炎の博記念堂2017年』
【開催日時】 9月16日(土)、9月17日(日)、9月18日(月)、9月23日(土)、9月24日(日)
         9:30~16:30
【会場】    炎の博記念堂
【料金】    大人800円、子供(3歳以上)600円  前売り大人700円、子供500円

【イベント内容】
〈乗れる、さわれる、運転できる〉と家族全員で楽しめるアトラクションが用意されています

○ロードトレイン      
新幹線の検査車両ドクターイエローのロードトレインに乗車できます(乗車記念プレゼントもあり)
○新幹線スタンプラリー  
5種類のスタンプを集めてゴールを目指す〈新幹線スタンプラリー〉
○ちびっこ電動新幹線:   
700系を模した電動新幹線を自分で運転・乗ることができます(2歳から乗れます)
○Nゲージ体験運転:   
 モニターを使い、山あり谷あり街ありのNゲージを運転できます
○新幹線N700Aフアフア
新幹線のフアフアの中で跳んだり跳ねたりできます 
○ゲーム            
くるくる鉄道ゲーム パイプボールゲーム イライラ棒鉄道ゲーム 鉄道迷路の4つのゲームが用意してあります
○撮影会
運転士の制服を着て撮影ができます
○グッズの販売
鉄道に関するものなどいろいろなグッズが販売されます  
○飲食コーナー
飲食コーナーもあり「富士宮やきそば」、「ソフトクリーム」、「たこやき」、「からあげ」などを食べることができます。

これらのイベントとともにテレビで放送されている『チャギントン ウィルソンMINIトレイン』もやってきて有料ですが乗車できます。
他にもつりざおを使い欲しいトミカを釣り上げることができる「トミカ釣り」(参加料500円)、好きなレール選んでプラレールを走らせる「プラレールあみだくじ」(参加料500円)、プラレールで自由に遊べる広場「プレイランド」(無料)、プラレールが走るジオラマ「プラレールジオラマ」など『トミカ・プラレールわくわくパーク』も開催されます

小さい子供さんがいる家族は楽しめるイベントではないでしょうか。大人も楽しめるのではないかと思います。
また記念堂の周りは広大な公園となっていてそこでも天気が良ければ楽しめる思います。
公園には駐車場はありますが松浦鉄道の黒川(くろごう)も歩いて10分ちょっとくらいの場所にあります。
せっかく松浦鉄道の沿線で鉄道に関係するイベントがあるので松浦鉄道もイベントの期間中、運賃の割引とか何かやっても良かったのではないか…とも思います
多くの人が(できれば松浦鉄道を利用して)参加されるとよいですね


※詳しくは鉄道ひろばin有田で検索ください

二つの棚田まつり
二つの棚田まつり

1997年7月に農林水産省によって117市町村、134地区の棚田が『日本の棚田百選』が選定されています
(その後、平成の大合併とかで変更があっているかもしれません)
長崎県からは波佐見町の鬼木、松浦市福島の土谷、川棚町の日向、長崎市外海の大中尾、南島原市南有馬の谷水、雲仙市千々i石の清水が選ばれています。また佐賀県になりますが有田(西有田)の岳のの棚田も近くになります。

そのうちの波佐見町の鬼木と福島町の土谷の棚田で今月(9月)にイベントが開かれます


◎2017年土谷棚田の火祭り
今回で12回目のイベントとなるそうです。
あぜ道に約3000本、設置された灯篭に火が灯されます。

日時: 9月17日(日)  15時~   点火は18時より   少雨決行
会場:  福島町土谷棚田周辺
iイベント
   15:00~オープニング    
   15:05~15:30  民謡
   15:30~15:40  舞踊
   15:50~15:50  フラダンス
   15:50~17:00  俵投げ大会
(点火式)
   18:00~19:00  日舞
   19:10~19:30  津軽三味線
   19:30~20:00  和太鼓
棚田付近にはほとんど駐車するスペースはないようで福島総合運動公園隣にある福島港仏崎荷揚場駐車場
1000台(500円の協力金)
駐車場⇔土谷棚田  無料シャトルバス(13:00~21:00随時運行)

土谷のイベントはお昼も開催されますが灯篭に灯が点火され幻想的な光景をみることができる夜がメインなら鬼木は昼に楽しめるイベントです。田んぼの個性的な案山子に出迎えられ、グランドで家族で楽しめるイベントがメインとなっています。


◎鬼木棚田まつり
日時:    9月23日(土・祝日)  10:00~15:00
会場     波佐見町鬼木郷 鬼木グランド周辺
イベント   
         9:30~   受付開始
        10:00     開会
        10:20~   枝豆収穫祭   参加費500円 (先着200組)
        12:00~   田舎汁大鍋無料サービス    限定500食など
        14:50~   棚田感謝餅まき

 会場では 『青空農産物市場』が開かれ地元の農産物の販売が行われます
  他にも『棚田米のすくい取り』や『卵のつかみ取り』などいろいろなイベントが開かれます

こちらも会場周辺は駐車場は少ないようで駐車場もある『やきもの公園』からシャトルバスが運行されます