FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



追悼 リチャード・ブル
追悼 リチャード・ブル

少し前になりますがテレビドラマ、映画で活躍したアメリカの俳優リチャード・ブルが2月3日に亡くなりました。
89歳でした。
テレビドラマ『大草原の小さな家』のなかで町の中の雑貨屋を営んでいたオルソン一家の主人ネルス・オルソン役でおなじみの方でした。

アメリカの西部開拓期に新天地を求めてミネソタ州の小さな町ウォルナットグローブに移住してきたインガルス一家の貧しいながらも家族全員で必死に頑張り生きぬいていくこの物語は何度も再放送されました。
またDVDも発売されているようですし多くの世代の方に親しまれたテレビドラマだと思います
私は主役の次女ローラ役のメリッサ・ギルバートや長女メアリー役のメリッサ・スー・アンダーソンとほぼ同じ世代なので一番、最初の放送のときから見ることができました。
毎週、土曜日の夜6時が楽しみでした。
特に初期の子ども達が小さかった頃の話は大好きで熱心にみていました。

強烈な個性を持った奥さんハリエットや生意気な娘ネリーに振り回されながらインガルス一家に親切でまた自分の家族を愛していたリチャード・ブル扮する雑貨屋さんのオルソンさんはとても印象的でした。
このオルソン一家の人たちはシリーズ通して登場していて、なくてはならない存在でした。

リチャード・ブルはお父さん役で製作者でもあったマイケル・ランドンと親交が深くマイケル・ランドンの他の主演ドラマや彼の遺作でも共演されているようです。
また『奥さまは魔女』や『スパイ大作戦』など数多くのドラマにゲスト出演されていました
映画でも脇役ですが『墓石と決闘』、『アンドロメダ…』、『荒野のストレンジャー』などにも出演されているようです。3本とも好きな映画ですがリチャード・ブルの出演シーンはよく覚えていません。
他にも未見ですがケネディー大統領の暗殺を描いた『ダラスの熱い日』などに出演されています。

現在は地上波、衛星、CS、DVD他いろいろな媒体で多くの国のドラマを見ることができ情報も溢れていますがこの『大草原の小さな家』や『奥さまは魔女』、『スパイ大作戦』、『刑事コロンボ』、『宇宙大作戦』(スター・トレック)…などの海外ドラマを地上波のみで観ていたときが主人公達が身近な存在に感じられ楽しくて共感できたように思います。

またこの頃の海外ドラマや現在、再放送を楽しみにしている『赤毛のアン』をはじめとする世界名作劇場のアニメとかが海外の国やそれぞれの国の文化へ目を向けさせてくれたように思います



リチャード・ブルは主役ではないけれどなくてはならない大切な脇役、そんな役柄が多かったように思います。
善人の役のイメージが強いですがもちろんそれだけではなくいろいろな役柄も演じられているようです

リチャード・ブルの名前は知らなくても『大草原の小さな家』の雑貨屋の親切なおじさんと言うと「ああ、あの人ね」と多くの人の記憶に残っていると思います。
またこれからも再放送があるかもしれませんしDVDとかでこれから観る若い人の記憶にも残ると思います。
幸福な俳優人生だったかもしれません。
ご冥福をお祈りいたします。


スポンサーサイト



「ひのくに号」深夜便運行開始(西鉄・九州産業交通)
「ひのくに号」深夜便運行開始

西日本鉄道と九州産業交通が共同運行しております熊本ー福岡間の高速乗合バス「ひのくに号」で4月4日より熊本方面への深夜便の運行が開始されています。
4月4日までは熊本行きの最終便が23時20分でしたが新しい深夜便は24時20分始発と40分遅く時間が設定されています。また運行は金曜日、土曜日、日曜日と祝日のみの運行になっています。

天神バスセンターを24時20分に出発後、筑紫野⇒高速基山⇒広川⇒八女インター⇒菊水インター⇒植木インター西合志⇒武蔵ヶ丘⇒松の本⇒西原⇒帯山中学前⇒熊本県庁前⇒水前寺公園前⇒味噌天神⇒通町筋⇒熊本交通センターに2時20分に到着と通常の植木インター経由のバスと同様に停車していきます。
なお運賃は通常運賃の倍に設定されています

運行が開始され2ヶ月近く経ちましたが利用はどうなのでしょうか
とても気になる便になります

この便の設定はおそらく福岡の夜をできるだけ満喫したいという利用者の要望と3月でのJRの特急「ありあけ」の熊本発着の廃止などをふまえて新しく設定されたのではないかと思います。
料金が倍になるのはちょっと気にはなりますが少しでも福岡に滞在できる時間が増えることは貴重だと思います。
また熊本ー福岡間で通常料金4120円とビジネスホテルに宿泊するよりはまず安いのではないかと思われるのでしかたないのかなとも思います。

ただ福岡市内の停車地が天神バスセンターだけというのはどうなのかなあと思います。
「ありあけ」の代役としての役割や在来線や新幹線からの乗り継ぐ人のこと、博多駅周辺の現在の発展を考えるとやはり博多バスターミナルも停車して欲しいと思います。
また時間帯のことを考えると天神バスセンター、博多バスターミナルどちらの始発でもいいですが天神郵便局前や中洲、蔵本などにも停車するのも面白いのでは…と思います
また福岡空港便が停車する久留米インターなど利用者が見込まれるような停留所は停車を検討してもよいのでは…と思います

運行する側は運転士さんの確保やバスターミナルの管理など深夜なので維持していくのは大変だと思いますが利用者のことを考えた試みと思うので頑張ってほしいです
深夜便対象の回数券や割引などもできれば検討してもらいたいです。
試行錯誤の面もあるかと思いますが利用者の意見を聞き入れて改良できる点があれば改良して新しい足として多くの人に利用されるようになって定着して欲しいですね。
『剣客商売』73
『剣客商売』73

BSフジで朝から月曜日から金曜日まで1973年に製作・放送された『剣客商売』73が放送されていましたが終わってしまいましたね。

『鬼平犯科帳』 『木枯し紋次郎』の時代劇、連続ドラマ『花子とアン』そして『刑事コロンボ』 『シャーロック・ホームズの冒険』、『SHERLOCK』そしてアニメの『赤毛のアン』と録画しています。
家に帰るのが遅くなるのでなかなか見る事ができなくてたまっていく一方なのですがこの『剣客商売』と『赤毛のアン』は帰ってすぐに必ずみていました。本当に楽しみでした。

『剣客商売』は若い嫁をもらった老剣客・秋山小兵衛とその息子でまじめ一本やりの息子大治郎の親子を中心に二人にかかわる人々・事件を描いた池波正太郎さん原作の有名な時代小説をドラマ化したものです。
賄賂政治家として描かれることの多い田沼意次の描き方が面白く、魅力的な登場人物達の生き方、様々な人間関係が絡み合いながら物語が展開していきます。 とても見ごたえ・読み応えがあります 
新潮文庫jから原作が出版されています。

何度かドラマ化されており私は藤田まことが父・秋山小兵衛を演じたシリーズ、そしてその後の北大路欣也が小兵衛を演じたスペシャル版しか知りませんでした。

今回最初のドラマ化をはじめて見ましたが本当にいいですね
(途中で放送されているのに気づいたので最初の数回を見逃してしまい心残りです。)
加藤剛の秋山大治郎もまさに適役でとても素晴らしいですがなんといっても山形勲が圧倒的に素晴らしいです。

山形勲と言えば『水戸黄門』の柳沢吉保役がまず思い浮かびます。
シリーズの最初と最後に出演することが多く出番は少なかったですが黄門役の東野英治郎や西村晃との対決・心理戦が見物でした。
現代劇、時代劇と様々なドラマ・映画で活躍した人でしたが主役で作品を引っ張る俳優さんではなく脇で作品を支えるそんな感じの俳優さんでしたね。
この『間隔商売』も加藤剛の秋山大治郎が主役で山形勲は藤田まことや北小路欣也の小兵衛に比べると出演場面は少ないのですが圧倒的な存在感がありますね。
藤田さんも北大路さんもそれぞれ良いと思いますが私はこの山形勲の小兵衛が好きです。

他の俳優も田沼意次の妾腹の子で女剣士でもある佐々木三冬役の音無美紀子も出番は少なかったですがとても良かったですね。
私はこの佐々木三冬という人物は原作でも大好きです
ほかも田沼意次役の松村達夫、御用聞き役の山田吾一、町医者小川宗哲役の永井智雄、そして関根惠子、うつみみどり…と脇を固めている俳優さんもそれぞれ良いと思います


それにしてもこの『剣客商売』73が1シーズンで終わってしまい続編ができなかったのは本当に残念です。
人気がなかったのかしょうか?不思議です。
最終回で大治郎は再び修行の旅に出ます。
かなわぬことですがこの配役で修行から帰ってきた大治郎の物語を見たかったです。

原作ではお互いに剣一筋だった大治郎と三冬は結婚します。
せめてそこまでは見たかったですね。

今度はどんな話が展開されるのか毎日楽しみでした。
ずっとずっとみていたい…そういう思いにさせてくれるそんな時代劇でした


歌舞伎役者の2代目中村又五郎が秋山小兵衛のモデルだったそうです。
(『鬼平犯科帳』などに出演されていました)
その後、その中村又五郎が秋山小兵衛を演じたドラマもあるそうですが私は残念ながらみていません
新井春美さんが佐々木三冬役ということで私は新井春美さんは好きな女優さんなので是非見てみたい作品です。
(今をときめく杏さんも北大路版で三冬を演じています)
ブログの再開について
長い間、ブログを休止していましたがようやく再開することができました

認証用コードがわからなくなり自分のブログに入れない状態になっていました。
『認証用コードはメールしています』とのことだったのですがメールが入るパソコンが昨年の秋から電源が入らなくなっていてメールを見ることができなくなっていました。
(仕事で使っているレセコンでもブログはできるように設定してもらっていたのでそちらでブログは書いていたのですがメールは入らないため見る事ができなくてどうしていいのかわからくなっていました)
知り合いの方に相談してようやく解決できました。

ただ昨年から仕事や家庭のことでバタバタしている状態は続いていて、仕事は更に忙しくなりそうで問題が解決できる見通しはなく、日曜日に休みがとれなくて本来、一番に考えていた佐世保のバス停や駅、ターミナルなどや史跡、建物などは掲載できなくなっています。平日もあまり時間がとれなくて書く時間がなくて更新が滞ることも多くなるのでは…と思います。

また私が機械に弱いのはそのままなのでブログの機能をよく理解していなくてコメントをいただいても返信が出来ないことなども多いかもしれません。
コメントはありがたく思っています。
また書く内容もなるべく自分なりに調べて書いているのですが間違いや言葉足らずもあるかと思います
(文責は勿論私にあります)
こういう状態でいつまでできるかわかりませんが少しずつでも以前のように更新できたらと思っています。
またよろしくお願いします