FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



ジェームス・スチュアートのこと
 今日「スミス都へ行く」昨日「グレンミラー物語」一昨日「ハーヴェイ」と3本のジェームス・スチュアート主演の映画が3本BSNHKで放送されました。残念ながら今回は観ていませんが3本とも素晴らしい作品でスチュアートの魅力が溢れている作品です

「スミス都へ行く」は高校時代にテレビで観ました。初めてみたフランク・キャプラ監督の映画、スチュアートの映画でした。あんなに映画を見て感激したのは初めてで私には忘れられない映画です。脇役の人も素晴らしくキャプラ特有のヒューマニズムがスチュアートの誠実さ・生真面目な感じとうまくマッチして「素晴らしき哉、人生!」と並ぶ二人の代表作です。

「素晴らしき哉、人生!」のドナ・リードとスチュアートのコンビも素晴らしかったですがスチュアートといえば私にはジューン・アリソン!といった感じでその最高のコンビの代表作がアンソニー・マン監督の「グレンミラー物語」です。

 二人のコンビ作品は他は私は「甦る熱球」しか観ていませんが私にとっては理想の夫婦像です(注)。伝記映画になりますが物語りとしてもとてもよく出来ています。グレンミラーの有名な曲も効果的に使われています。

 スチュアートの魅力は何か、一言でいうのは非常に難しいですが、かつてのハリウッドがアメリカの理想を様々な型で映し出した鏡だったらスチュアートの映画は私たちにもっとも手が届くような、共感しやすい、一番馴染み深いと思わせた理想の鏡だったかもしれません。

 スチュアートは西部劇、現代劇でいろいろな役を演じていましたがそのひとつに理想主義者、空想主義者がありました。その代表作の一つに「ハーヴェイ」があります。

 巨大なウサギをめぐる不思議なこの物語は主人公はスチュアート以外考えられませんし、スチュアートが演じたからこそ物語と成り立っているように思えます。「聖衣」よりは「オーケストラの少女」「気まぐれ天使」が代表作と思われるドイツ生まれのヘンリー・コスター監督の気質にも合っているこの作品はなんともいえない魅力があります。

 スチュアートはもう15年以上前に亡くなりましたが我々はDVD、テレビなどで彼の足跡を辿ることができます。彼は私とって最も好きな俳優さんの一人です。まだ観ていない映画もいっぱいあるのでこれからまだいろいろな発見ができる楽しみもありますし、まだまだいろいろな魅力をもった人です。折にふれ紹介できたらと思います。

注 「グレンミラー物語」、「甦る熱球」(サム・ウッド監督)「戦略空軍命令」(アンソニー・マン監督)の3本
スポンサーサイト



伊万里地区の交通事情(2013年春のJRダイヤ改正より)
 3月16日にJRのダイヤ改正が予定されています。長崎地区は長崎本線の(肥前山口ー諫早間)で普通列車が湯江始発が小長井始発へと延長されたり今まで季節列車扱いだった便が定期便に変更などが予定されている他は佐世保線も含めて大きな動きはないようです。
ただお隣の佐賀県と福岡県の間で運行されている筑肥線(姪浜ー唐津ー伊万里)のうち西側の唐津ー伊万里間がの運行本数が13本から10本へとかなり大幅な減便と運行時間の変更が予定されているようです。

 伊万里地区ではここ数年、路線バスの伊万里市内路線便などの廃止、コミュニティーバスの運行、伊万里バスセンターの廃止、松浦鉄道の伊万里ー松浦間の減便、西肥バスの佐世保ー伊万里間の大幅な減便…と残念な状況が続いています。

 伊万里焼という世界的にも有名なブランドがあり大川内山など観光地、名村造船所など大きな会社や久原の辺りにはポリテクセンターなど先端の工業団地もある…傍からみると頑張っている印象がある街ですがやはり人口減少、過疎化が進んでいるのでしょうか
西九州自動車道の延伸もあり人の流れが更に唐津や佐世保から直接、福岡へ移っているのかも知れません。

 筑肥線は福岡の地下鉄開業時にそれまでの博多ー姪浜間の廃止、地下鉄一号線との相互乗り入れの開始、唐津地区の高架、東唐津駅の移動など大幅なルート変更もあって東と西で全く別の路線になってしまい直接、福岡の中心部(天神・博多)へと乗り入れるようになった東側の発展とは対照的に西側の方は取り残された印象を受けます。

 JRも快速を走らせたり増便したりと利用客増加を目指していましたが元々の沿線人口が少ないこと、沿線に有名な観光地などがあまりなく(コスモスでも知られている佐里温泉や昨年公開された映画『A列車で行こう』の撮影で使われた駒鳴駅がありますが…)人を呼び込める要素が少ないこと、道路も整備され車での移動が容易であること、福岡から行くときは乗り換えが必要なこと、などいろいろと原因はあるのでしょうがなかなかうまくいかなかったようです。

 筑肥線、路線バス、松浦線とも根本的な解決策は現在のところ見当たらないように思えますが鉄道、バスとも住民の足としてせめて今ある路線の存続、便数の維持をしていただけたらと思います。


P.S.鉄道ジャーナルNo551(2012年9月号)の地方鉄道レポート91で筑肥線は唐津線(西唐津-久保田間)とともに紹介されています
 また同じく鉄道ジャーナルNo550(2012年8月号)では松浦鉄道が紹介されています。


浅見光彦
BS系の2時間ドラマ枠で放送されている浅見光彦役が澤村一樹から速水もこみちに変更が発表されました。今日の夜、オンエアされますね
速水もこみちは私は料理を作っているところしか知らなくて、あくまでイメージですが少し合わない気がしていて「どうなのだろうか?」と一抹の不安?があります。ただこれは私の勝手な思い込みなのでいい意味で私の考えが打ち消されたらなあと思っています。

私のなかでは小泉孝太郎もありかなあ…など思っていました。

いろいろな俳優が「浅見光彦」を演じていてそれぞれ悪くないと思いますが①はじめに見たこと②岡本克己の脚本がすきなこと③水谷豊はじめ俳優が素晴らしいこと…などもあり私の中では今でも水谷豊版がベストです。
順番でいうと水谷豊、榎木孝明、辰巳琢郎、澤村一樹、中村俊介の順になります
(高島政伸の「貴賓室の怪人」もありましたが一作しか知らないので除外しています。)
国広富之もかつて演じているそうでこれも観てみたいですね


浅見光彦シリーズには日本人が好きな「水戸黄門」と「男はつらいよ」の要素があるから支持されるといわれています。。水戸黄門の印籠=兄が刑事局長、寅さんがマドンナと結ばれないように浅見光彦もヒロインとの恋は実らない、そして全国各地の名所が登場する…この説をきいたときは本当にそうだなあと納得させられました。

今回は「天河伝説殺人事件」という、過去何度かドラマ化され唯一の映画化もされた名作の評判も高い,人気のある作品になりました。
(映画版「天河伝説殺人事件」はあまり評判良くなくて作者の内田康夫も気に入ってないようですが私は嫌いではありません。市川昆としたら勿論ベストではありませんがそこまで悪くないと思っています。金田一シリーズの大ヒット、なんでも作れる器用さなど、市川昆への信頼感、市川昆特有の様式美・映像美などを期待した…などなんとなくプロデューサー角川春樹の狙いもわかるし私でもそうしたかもしれないな等考えたりします。)
無難な作品を選んだなあ…とこちらも納得させられました。古典芸能の跡目相続…とこれも日本人が好きなテーマです。
「男はつらいよ」「水戸黄門」も残念ながら現在、新作は見ることができませんがこちらの国民的シリーズはまだまだ続きそうです 
旧作と比較できる楽しみもあります。
速水もこみちの「浅見光彦」が待ち遠しいです
西鉄の二つの話題
 
 西鉄が本年度中に西日本の都市(本州)との間に3,4本の高速バスの開通を検討しているとの記事が産経新聞に掲載されました。
 格安航空便(LCC)や高速ツアーバス・JRへの対抗策として、また天神への集客力を高めるため2012年の高速乗合バス制度により「早割」制度など柔軟な料金の設定が容易になったことを利用して買い物客や観光客の獲得を目指して地方都市にルート開設を進めているようです。

 西鉄が昼夜便どちらを、またどういう路線を想定しているのかよくわからない面はありますが三重ルートを毎日運行に戻すことを発表していることなどを考えると中国地方だけではなくもっと広く西日本の都市なども考えているかもしれません。

 廃止になった奈良・金沢便などの復活や例えば福井、尾道・三原、岩国などの路線も考えられるかも知れません。
 現在は九州内は主に西鉄が、中国地方との都市とは山陰の夜行バスと岡山・倉敷以外はJRが高速バスを運行していることが多いですが、これから状況が変わってくる可能性があります。(広島線の再開、従来のJRとの2路線もあるかも…?しれません)
  西鉄としては西武観光バスとの共同運行の横浜・池袋・大宮ルート以来の高速バスになります。
  最近はいままでの路線の運行本数の見直しや割引切符や早割制度導入やパーク&ライドの開設等どちらというとソフト・施設面に力をいれてきたように思いますが今後は積極的に新規路線開拓、定着を目指していくかもしれません。
  どんな路線ができるか楽しみです。
 
 「日本の私鉄・西日本鉄道」(広岡友紀著・毎日新聞社)が刊行されました。
 まだ拾い読みの段階ですが構成は鉄道が主体にはなっているようですがバス・流通業等も含めて個別の観点からだけではなく西鉄グループとして歴史・現状・展望なども記載されているようです。(ただもう少しバスの話題や廃止になった津屋崎線などにも触れて欲しかったです。) 物流事業やホテル事業、不動産業などにも触れられておりコンパクトにまとまっていると思います。一読の価値はあると思います。
  西鉄紹介の本・雑誌としてはたくさんあるのでしょうが私が知っている範囲なら【バス】としては少し古い本になりますが「西鉄バス 最強経営の秘密」(中央書院・鈴木文彦著)がお勧めです。(改訂されている版があるかもしれません。反対に絶版になっている可能性もあります)著者のバスに対する愛情も感じられてまた西鉄の経営陣へのインタビューやバスの乗務員の日常・研修など社員教育なども綴られていて非常に面白いです。

 鉄道としては「まるごと西鉄,ぶらり沿線の旅 西日本鉄道」(河出書房・徳田耕一著)と「鉄道ビクトリアル臨時増刊号【特集】西日本鉄道NO847」を挙げたいと思います。前者は写真も多くてとてもわかりやすく各路線や沿線の見所、かつて存在していた路線も記載されていて読みやすいです。後者は鉄道専門の雑誌ということもあり車両、現在の状況、過去の記録など詳細に書かれていて読み応えがある雑誌です。興味がある方は是非読んでいただければ…と思います。(平成25年2月23日)

ジョセフ・フォン・スタンバーグ1 プロローグ
ここでは現在あまり知れていない、あまり語られることが少なくなった私が好きな、敬愛する映画監督や好きな俳優さんたち映画関係者を取り上げることができたらと思っています
 
最初はマレーネ・ディートリッヒを神話的スターにしたことで有名で、また自身がアメリカン・ドリームを体現しその後の絶頂期のあと没落したと言われていて、ある意味「アメリカの悲劇」(本人の監督作品でもあります)をも体現した『光と影の魔術師』と言われたウイーン生まれのアメリカの映画監督ジョセフ・フォン・スタンバーグを取り上げたいと思います。

ここではドイツで撮影した「嘆きの天使」から「西班牙(スペイン)狂想曲」までのディートリッヒとコンビを組んだ7作品はもちろんですがサイレント時代の映画や「西班牙狂想曲」以降のあまり語れることのない映画などについても、また最近、調べていて判ったことですがスタンバーグが演出に関与していても何らかの事情で最終的にノンクレジットになった映画も数多く存在するようですのでそれについても書くことができれば…と考えています。、

スタンバーグは1965年に自伝「Fun in a Chinese Laundry)(中国人の洗濯屋のドタバタ」(注1)を出版していますが日本語訳も発売されていないようです。
自伝も読むことができずまた資料も少なくインターネットや限られた書籍でどこまでできるのか、完成することができるのか?全く判りませんができるだけ調べて少しでもスタンバーグの実像に近づくことができたらと思っています。

(注1)「中国人の洗濯屋のドタバタ」不思議な題名ですが現在のところ意味はわかりません
 トーマス・エジソンの映画に同名の映画〈エジソンの映画だから昔、デパートの屋上とかにあった箱の中を覗き込むキネトスコープだったのではと思います。内容は全くわかりません)があるということで何か意味のある言葉かもしれません
スタンバーグは「上海特急」「上海ジェスチャー」「マカオ」と中国を舞台にした映画を、また「アナタハン」では日本を舞台にした映画を撮っており東洋、特に中国に関心があったのかもしれません。
花粉症について
この時期、一時よりは下火になったとはいえインフルエンザ、風邪、そしてこれから本格的なシーズンに入る花粉症といろいろな病気にかかりやすい大変な季節になります。特に今年は中国からのPM2.5の飛散などもありいろいろな病気が重症化する恐れもあるかと思います。
 
 まずインフルエンザや風邪と花粉症はどう違うのか
 インフルエンザの特徴的な症状としては38度以上の高熱が出ること、関節痛等など体の節々が痛くなることなど、症状が急激に現れることなどが挙げられるます。現在は検査キッドが殆ど全ての病院にあるので上記の様な症状がでたら病院を受診されることが一番です。内服薬のタミフルをはじめ吸入タイプのリレンザ、一回の吸入だけでよいイナビル,点滴する薬や麻黄湯などの漢方も使われたりと治療方法が広がってきています。インフルエンザはとにかくこれらの薬を早く服用、使用することが一番です。
花粉症はこれまでは全くでなかった人も出ることがあるので経験者以外は風邪と思い最初はわからないケースもあるのではと思います。

 風邪と花粉症の一番の違いはなにか。難しいところですが花粉症ではのどの痛みはあまりで出ないこと、微熱は出ても高熱はあまり出ないこと、くしゃみが出る7,8回以上続けて出ること、目のかゆみなどあまり風邪で見られない症状が出ることなどが挙げられると思います。この時期にいつもの風邪と違うなあと思ったら耳鼻科などを一度受診され自分が花粉症であるかどうかを見極めるのが一番です

 花粉症とわかったら病院で治療して、薬などをもらうことが一番の解決法になります。製薬会社からたくさんの薬が出ていますが各社とも効果があり患者に負担がかかりにくいように服用する回数を減らし、なるべく眠気、のどの渇きなどの副作用が出にくい薬を開発しようとしています。勿論、漢方薬もありますし最近は水無しで服用できるタイプなどもあり目薬や点鼻薬も含めていろいろなタイプの薬もありますので病院で先生に相談されるのがいいかもしれません


 市販の薬は主に3種類になります。まず従来からある鼻炎薬 これは3,4種類の成分が配合されていることが多く効果が早くでるというケースも多いです。ただかなり個人差はありますが眠気、のどの渇きが出るケースも比較的多いです。症状を抑えるタイプといってもいいと思います。二つ目のタイプはスイッチOTCといわれるこれまで病院でしか出すことができなかった薬が販売できるようになったものです。代表的な薬に去年の暮れに発売になった「アレグラFX」があります。病院でも現在も多用されている「アレグラ」と全く同一成分、同一容量になり指定して買いにみえるケースがここ一週間くらいで増えています。他にもアレジオン(アレジオン10)、ジルテック(ストナリニZ他)などがあります。病院で一度、もらい後はOTCを買うというケースも今後増えると思います。3番目は病院でも処方されますが「小青竜湯」に代表される漢方薬になります。眠気などの副作用がなくこれだけで治るという方もかなりいます。他の薬と組み合わせて服用したりとか最初に紹介した従来品に成分が配合されている場合もあります。

 目薬や点鼻薬は内服薬同様、従来からのタイプとスイッチOTCのタイプと2種類あります。従来からある目薬・点鼻薬は内服薬同様。マレイン酸クロルフェニラミンという成分が主成分の配合剤が多いです。速効性はありますが予防を兼ねて長期に使うタイプではどちらかというと違います。その反面第二のタイプとなるスイッチOTCのクロモグリク酸が入った薬やザジテンなどは速効性という切れ味は劣るかもしれませんがある程度継続して使用すると効果を実感できるようになることが多いと思います。



 花粉症は国民病みたいになっており薬以外にもサプリメントをはじめいろいろな対策グッツが出ています。
 花粉になるべく触れない・吸い込まないようにすることだが大切でこれは風邪やインフルエンザ、ノロウイルス対策などと共通する面も多いと思います。
 まず家に帰ったときは面倒ですが玄関先で充分、花粉をはらうことが大切だと思います。ブラシや手でも構わないと思いますが服を軽くはたいたりして花粉がなるべくはいらないようにした方がいいと思います。フマキラーから「花粉 服でブロック」という商品も出ています。衣類、布団などにスプレーをして花粉をつきにくく、払いやすくすることができるそうです。またライオンから「アレルクリン 花粉カット」という商品もあるそうです。

 手洗い、洗顔も大切だと思います。普通の消毒液や洗顔液で十分と思います。特に目の症状があるときは小林製薬の「アイボン」などで目を洗顔するのもいいかと思います。
日常生活ではPM2.5もあるのでなるべく窓をあけない、洗濯物や布団を外に干さないようにしたほうが良いと思います。

 外出時には帽子やめがね、マスクは着用したほうが良いと思います。マスクはガーゼタイプ・立体タイプ、プリーツタイプなどいろいろなタイプがありますがPM2.5の影響もありさらに細かい粒子を遮断するようなマスクも販売されたりしています。

 メガネもおしゃれ面も考慮したようないろいろなタイプが販売されているようです。
 外出時に使えるグッツとしてフマキラーの「花粉,鼻でブロック」やエーザイの「クリスタルベール」があります。鼻の入口に1日3,4回塗るタイプで結構使う人も多いようです。その上からでもマスクも装着されたほうが安心とは思います。

 サプリや健康食品としてはまず「甜茶」があります。予防として花粉シーズンより前から飲むのがいいといわれていますがシーズンに入ってからも試してみてもいいかもしれません。かなり甘いお茶になるので好き嫌いがあると思うので飲めない人は飴や錠剤タイプもあると思います。ただ服用してもすぐに効果が出てくるものではなく、また薬でもないので必ず改善するということはないと思います

 他にカルピスからLー92という乳酸菌が入った「インターバランス」といった商品やキッコーマンからトマトの成分を主成分にした「アレルクリアプラス」という粒状のサプリメントも発売されているようです。他にもいろいろな製品が発売されていると思います。ただサプリや健康商品は速効性は期待せずに体質を改善する手助けになるものと考えて病院などにまず行かれることをお勧めします。
光本幸子さんの訃報に接して
光本幸子さんの訃報に接して

「男はつらいよ」の初代マドンナ、光本幸子さんが亡くなりました。
 記憶がかなり曖昧なのですが御前様(笠智衆)の娘さんの役で、その後も出演されたことがあったような気がします。
「男がつらいよ」が48作と大長寿シリーズとなったのはこの作品と次の「続・男はつらいよ」の面白さ、素晴らしさがあったからだと思います。(以前、紹介した次の3作品目にあたる森崎東が監督した「フーテンの寅」はひねった変化球的楽しさがありシリーズの可能性を広げたと思います。)
 この映画の光本さん扮するマドンナと寅さんとの関係はどうしても稲垣浩監督の「無法松の一生」の松五郎とお内儀との関係を思い出してしまいますが素晴らしくてその後の数多く登場したマドンナと寅さんとの関係を決定づけたと思います。
 報われることのない愛、無償の愛、失恋…と日本人には(特に私に?)感情移入、共感しやすかったのではないでしょうか。
 この映画の光本さんは気高い美しさがありとても素晴らしかったです。「男はつらいよ」でしか私は光本さんの作品は知りませんが、これからも「男はつらいよ」シリーズとともに永遠にフィルムに輝き続けて、また私たちの記憶に残っていくと思います。
 謹んでご冥福をお祈りいたします。
 (2013年2月22日)