FC2ブログ
shiomi116
カテゴリ



アクセス数



プロフィール

shiomi116

Author:shiomi116
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



プロ野球の話題
プロ野球
プロ野球もお正月があけて新人の合同自主トレやいろいろな場所での選手の自主トレが始まっています
そして今年のオフの間もいろいろな動きがありました。注目したい話題をいくつか書いてみました。

◯巨人 全県にスカウト構想
12月12日のスポニチからです。原監督は12月11日に球団OBに協力要請して全国にスカウトを置く構想があることをあきらかにしています。OBとのネットワークを強化して小中学校時代から町で注目されている選手の情報や埋もれた選手、一芸に秀でているような選手を発掘できるように考えているようです。

早ければ今年の開幕前にもOBを人選して、将来的には47都道府県全部にスカウトを置きたいそうです。
これまでもOBなどいろいろなパイプから選手の情報提供はあっていたと思いますが県に1人配置されると情報が集まりやすくなるでしょうしスカウトに選出された人も仕事となると選手のみかた等意気込みは違うと思います

現在、ジャイアンツには十数人のスカウト専任の方が在籍しています。
この人たちと関係、役割分担など将来的には大きな組織改革があるのかもしれませんが私はまずは従来からの地区担当のスカウトに情報を提供したりそのスカウトをサポートする仕事が中心になるのでは思います。

この制度が確立し軌道に乗れば現在のソフトバンクのように育成枠の選手から1軍で活躍する選手が増えるかもしれません
ジャイアンツは2023年に現在のジャイアンツ球場の近くに新しいファーム球場を作る予定です。
現在のジャイアンツ球場も存続するので施設面は今より充実し育成枠の指名は増え選手の人数も増えるかもしれません。
このスカウト構想も新球場建設のこの流れに沿ったものかもしれません。
また退団したOBも野球とかかわりのある仕事ができる人が増えたり球団もOBとの交流が増える機会が増えたりとプラスになる面が多いと思います
多くの夢のある選手を獲得できるようにスカウト網を充実させてほしいです。

◯オリックスに女性スカウト誕生
毎日新聞12月26日号の記事からです。
オリックスは2020年1月1日付でソフトボール女子元日本代表の乾絵美氏がオリックスバファローズのアマチュアスカウトにスカウトに就任することを発表しています。
乾氏は関西(兵庫県)出身で現役時代は捕手として活躍、北京オリンピックにも出場しています
引退後に2010年にオリックス球団に入社。これまでは球団の事業運営部で少年野球の指導や野球大会の運営に関わっていたそうです。オリックスの球団本部長は「これまで培ってきたアマチュア野球の指導者、選手たちとの人脈を、またアスリートとしての経験を生かしてほしい」と期待を寄せています。

プロ野球のスカウトは担当地区の試合や練習を観たりと各地を駆け巡るとても体力がいるきつい仕事のイメージがあったので女性が就任したことはびっくりしました。
ただ近年は乾さんが関わっていた子どもたちに野球に基本的な技術や楽しみを教える野球塾みたいな部署が各球団に出来ていてそこでは女性も採用されたりと女性の活躍の場も増えてているようです。
乾さんはこれまで少年たちに野球を教える仕事をされていたのでその中でスカウトへの適性を上司の方が感じたのかもしれません。

スカウトはプロ野球OBが多いですがアマチュア野球出身の方や野球経験がない人もいたりします。
乾さんはソフトボールで頂点を極めた人ですしアスリート出身者として、また女性として男性と違う視点で選手をみることができるかもしれません。
日本ハムに在籍した大嶋選手のようにソフトボール出身の選手もいました。
これからはソフトボール出身の選手や軟式野球など硬式野球以外の選手もスカウトの対象になったりするかもしれません。
初めてのことで何かと大変な面が多いかと思いますが頑張っていただきたいです。



◯沖縄に『琉球ブルーオーシャン』誕生
琉球新報、full-Countnoの記事を参考にしています
日本プロ野球機構NABへの参入を目指す野球チーム『『琉球ブルーオーシャン』が発足して活動を始めています
東京のスポーツマネジメント会社が運営し宜野湾市に本社、宜野湾と浦添に本拠地、宮古島を準本拠地を置いています。
球団社長に小林太志氏、エグゼクティブアドバイザーに楽天の初代監督だった田尾氏。監督にはロッテなどで活躍した清水直行氏などスタッフ・コーチにプロ野球のOBも就任したりしています。
肝心の選手ですが昨年11月に実施されたトライアウトで合格した新人や独立リーグ出身者やプロ野球に在籍した選手も入団してているなど陣容も整いつつあります。

当初は所属するリーグがないので独立リーグのチームやプロ野球の2軍や3軍、台湾のチームなどとの試合を計画しているようです。
本土から離れているので選手の移動、交通費そして何より経営的にうまくいくのかなどたくさんの問題があるかと思います。
また1球だけの参加は考えられないのでNPBへの参入することができるのかなどとても大きな壁があると思います。

ただ沖縄では春には多くのプロ野球チームがキャンプを実施されています。また高校野球も強豪校が出場したりドラフトで指名される選手も多いです。沖縄には野球ファンは多いと思います。
次に書いていますソフトバンクの王球団会長の発言など追い風になるような話もあるので可能性はあると思います。
今年は試行錯誤の一年になると思います。
大変でしょうが夢がある試みなので経営的なことはありますが長期戦を見据えて頑張ってもらいたいです。


◯プロ野球16球団にと王さん発言
西日本スポーツ1月11日号からです。1月11日、TNCの報道番組内のインタビューで「選手、子供、高校、大学で野球をやっている人のために受け皿はあったほうがいい。野球界発展のためにできるものなら16球団」と発言されています・
今までもプロ野球の再編などいろいろな動き、発言がありましたが球団数の増加、拡張の発言は現在プロ野球に実際に関わっている人からはあまりなかったのではないかと思います。プロ野球を代表するONの一人で球団会長である王さんの発言はインタビューでの発言ではありますが大きいと思いますし、大きくなってもらいたいです
スポーツの多様化、人口減少、野球人口の減少、大リーグへの実績のあるスター選手の移籍などありプロ野球は地上波放送も減っています。
4球団増やすなど無謀なことという考え方もあるかもしれませんが実際増えることが決定すればニュースとして大きな話題になり注目されると思います。
今より地域に密着した球団が増え少なくとも新しい球団が出来た町は野球ファン、野球人口も増えるでしょうし、将来的には全国的に野球人口も増えていくと思います

4球団、地区としては上記の沖縄はもちろんですがこれまでも誘致の話などがあった新潟、静岡、愛媛が考えられるのではないかと思います。
長野や岡山、熊本か鹿児島とか他にも候補地はたくさんあると思います。
NPBは加入条件などを緩和して是非、球団数、野球をする人の受け皿を増やす方向で考えてほしいです



スポンサーサイト



トレード
トレード

7月7日に巨人の和田恋選手と楽天の古川侑利との交換トレードが発表されました。

トレードの期限が7月末日ということもあるのでしょうが今年は6月以降のトレードが多いと思います。

巨人の吉川光夫投手、宇佐見真吾捕手と日本ハムの鍵谷陽平投手、藤岡貴投手が
中日の松井雅人捕手、松井佑介外野手とオリックスの松葉貴大投手、武田健吾外野手が
そして中日のモヤ外野手が金銭トレードでやはりオリックスに
そして広島の下水流昴外野手と楽天の三好匠内野手、阪神の石崎剛投手とロッテの高野圭佑投手が
そして今回、巨人の和田恋外野手と楽天の古川侑利投手と成立しています

これまでのシーズン途中のトレードはペナントレースで波に乗れず低迷している球団同士で行われるようなイメージ
がありましたが今年は、セリーグ首位の巨人、石井一久がGMとなっている楽天…と、積極的にチームに刺激を与え
現在そして将来を見据えたトレードを行っていると思います

今回、巨人の一員となった鍵谷投手は速球が魅力の中央大学出身のピッチャーです。澤村投手の後輩でよく一緒に
自主トレを行ったりしていると思います。澤村投手は現在、中継ぎなのでお互いライバル関係にもなると思います。
最近少し低迷している澤村投手の刺激になると思います。二人とも頑張って欲しいです。
もう一人に藤岡投手も最近は低迷していますが入団時は菅野(巨人)、野村(広島)と大学ビック3として注目されて
いました。いろいろなポジションできっかけがあればまだまだこれから活躍できるピッチャーだと思います。
また輝きを取り戻して欲しいです。

古川投手は佐賀の有田工高校業出身のピッチャーで母校を甲子園に導いた立役者でした。
有田工業出身ということもあり親近感があり注目していましたが巨人の一員となり嬉しいです。
まだ23歳と若く、先発、中継ぎ両方で活躍できると思います。
今年のペナントレースのことだけでなく将来のことも考えたトレードだったと思います。

交換相手となった和田選手は去年ファームで大活躍して注目されていた選手でしたが守備の不安、厚い選手層という
こともありなかなか1軍の試合に出ることができませんでした。
打撃で期待されているルーキーの山下選手が支配下登録されましたし守備のことを考えるとパリーグの方がチャンス
があると思います。頑張って欲しいです。

宇佐見選手は一昨年の活躍が印象的だったので残念です。宇佐見選手同様打撃が魅力の大城選手の抬頭・活躍もあり
出場機会が減ってしまいました。使い方次第ではすぐに一軍で活躍できる選手だと思います
吉川選手は日本ハムに復帰となりました。今年は中継ぎとして登板しましたがあまり活躍できませんでした。
日本ハムでどういう使われ方になるのかわかりませんが私は先発タイプのピッチャーと思うので最初は4番手か5番手くらいの
楽なポジションで登板すると結果的にはある程度成績を残せる力はある投手だと思います

巨人に入る人、出ていく人のことを書きましたがトレードはいろいろ事情はあると思いますが相手に望まれ期待されて
新チームに移籍するのだから最初は今以上のチャンスがあると思います
チャンスをつかみ取り今回、移籍したそれぞれの選手が新天地で活躍してほしいですね。





明日はドラフト会議
明日は安倍さんの訪中が一番のニュースでしょうがプロ野球のドラフト会議もあります。
この時期はテレビや雑誌、インターネットなどでドラフトの話題を捜すのが楽しみです。

一位の重複指名又は単独指名が公表され確実なのは
根尾(中日、巨人、ヤクルト)、藤原(ロッテ)、小園(オリックス・ソフトバンク)の3人で6チームが公表しています
単独一位または外れ一位や外れ外れなどの一位が有力なのが
甲斐野、上茶谷、辰巳、松本、吉田
一位か二位での指名が有力なのが
高校生が野村佑(花咲徳栄)、野村大(早実)、渡邊(浦和学院)、太田椋(天理)
大学生が梅津、吾妻(日体大)、小島(早大)
社会人が斎藤(Honda) 近本(大阪ガス)、生田目(日通)
とか勝手に妄想しています
全く当たらない根拠のない1位の予想です

楽天          根尾(大阪桐蔭)   藤原(大阪桐蔭)   小園(報徳)          
阪神          根尾(大阪桐蔭)   藤原(大阪桐蔭)   
ロッテ         藤原(大阪桐蔭)【公表】         
中日          根尾(大阪桐蔭)【公表】            
オリックス       小園(報徳)【公表】            
横浜          松本(日体大) 上茶谷(東洋大) 甲斐野(東洋大)
日ハム        根尾(大阪桐蔭)   甲斐野(東洋大)  上茶谷(東洋大)
巨人          根尾(大阪桐蔭)【公表】         
ソフトバンク     小園(報徳) 【公表】         
ヤクルト       根尾(大阪桐蔭)【公表】        
西武         吉田(金石農)、松本(日体大)、甲斐野 渡邊(浦和学院)
広島        小園(報徳) 梅津(東洋大) 上茶谷(東洋大) 

今年は他球団へのけん制・駆け引きなのかよくわかりませんが事前に公表するチームが多いように思います。
西武、横浜は特にわかりません
大阪桐蔭の根尾選手が中心のドラフトになりそうです。3球団は確定ですが最終的に何球団になるのか…
根尾選手を避けて藤原選手や小園選手、太田選手たちを指名する球団があるかもしれません。
ピッチャーは高校・大学・社会人を通しても競合が確実な超目玉となる選手はいないように思いますが東洋大の3人(梅津、上茶谷、甲斐野)や日体大の松本選手や甲子園で話題となった吉田選手とか単独指名を狙う球団があるかもしれません
大学生や社会人では野手は辰巳選手や近本選手が1位で指名される可能性があると思います


明日になればわかることですがどういう結果になるのか楽しみです

 
タンチョウリーグがもうすぐ開幕
タンチョウリーグがもうすぐ開幕


東都大学リーグの強豪・亜細亜大学は平成28年から優勝から遠ざかっていますが毎年、夏休みに北海道で合宿を行っているようで今年も前期試験終了後、8月7日より9月から始まる秋季リーグに向けて北海道の釧路で合宿を行います。

釧路市民球場では施設の老朽化に伴い2014年から3年間かけて改修工事を行い昨年北海道で初めてとなる全面人工芝の野球場(両翼97.6m、センター122m収容人数約18000人)が昨年、完成しています。また付属(サブ)球場(両翼92mセンター110m)や雨天や冬期のための釧路市民球場屋内練習場も整備されています。

釧路市民球場の改修をうけて昨年より亜細亜大学では北海道内の野球チームや大学、社会人の強豪チームなどに声をかけて涼しい北海道でタンチョウリーグと呼ばれるオープン戦を開催しています。
タンチョウリーグという名前になっていますが参加するチームすべてが総当たりで順位を争うような形式ではなくあくまでオープン戦でありプロ野球の3軍、本州の社会人や大学の強豪チーム、地元北海道の社会人チームや大学の野球部、クラブチームなどバラエティーに富んだチームが参加します

参加チーム
(プロ野球チーム) ソフトバンクホークス、読売ジャイアンツ
(大学チーム)亜細亜大学、東農大オホーツク。日体大、釧路公立大、旭川大、星槎道都大学、東海大札幌、北見工業大
(社会人チーム)JR東日本、JR北海道、トヨタ自動車、ホンダ、北海道ガス、室蘭シャークス、航空自衛隊千歳
(クラブチーム)ブレーブくしろ
ホークスは昨年より、ジャイアンツは今年より参加しています
開催時期
8月10日~19日  (亜細亜大の合宿は7日から19日まで)
会場
釧路市民球場付属球場、帯広の森野球場の3カ所

試合数もそれぞれバラバラで自由に参加している感じです。
例えば読売ジャイアンツは11日に東農大オホーツク、12日にトヨタ、13日にJR東日本、14日に亜細亜大A,15日にソフトバンクと対戦します。
社会人チーム・室蘭シャークスは14日に亜細亜大A、15日にJR東日本と対戦します。
北海道ガスは17日に亜細亜大Aと対戦します
亜細亜大B(おそらくレギュラーではない選手で構成されていると思われます)は11日にブレーブくしろ、13日に釧路公立大、14日にブレーブくしろ、15日に北見工業大、16日に東海大札幌、17日、18日に東農大オホーツク、19日に旭川大と対戦します

それぞれの実力、参加できる日程に応じて試合が組まれているようです



これほど夏が暑くなるとプロアマ問わず暑さ対策は大変かもしれません。
涼しい北海道でこうしていくつかのチームが集まりミニキャンプや合宿や試合をすると費用はかかるとは思いますが選手も快適な環境で練習ができますしチームとってもいろいろなチームと対戦、交流が出来て得るものは大きいと思います
また釧路や帯広など自治体にとっても野球だけでなく夏の涼しい時期に北海道でスポーツの合宿や試合の場として利用できることをPRできると思います。
そして試合は無料で観戦できるそうなので日ごろ、野球の試合を観戦することが少ない北海道の野球ファンやお盆で帰省している野球ファンにとっても楽しみだと思います

そのうち春は沖縄や九州・四国でキャンプやオープン戦を、夏は北海道でミニキャンプや試合を…行うのが当たり前になってくるかもしれません
今年のタンチョウリーグが盛り上がり、毎年継続して行われそのうち北海道全体で夏に日本ハムの1軍の試合だけでなくいろいろな試合がみることができるようになると良いですね


※北海道新聞、亜細亜大学野球部、読売ジャイアンツのホームページなど参考にしました





諫早新野球場(第一野球場)の完成(諫早市)
諫早新野球場(第一野球場)の完成

諫早市は長崎県の交通の要衝で諫早駅は長崎本線と大村線、島原鉄道の分岐点となっていいます。また諫早インターもあり駅前にはバスセンターもあり小浜や雲仙行きなどのバスや福岡への高速バスなども運行されていて鉄道やバスを乗り継いで利用する人も多いです。
また諫早市は長崎市から近くベットタウンでもありますが、空港からも近く交通の便が良いこともあり大村市同様、県の施設などもあります。
陸上競技場やサッカーコート、野球場、体育館、プールなどが集まる県立総合運動場も諫早市にあり、今季J1に昇格して健闘しているVファーレン長崎もここを本拠地にしています。

私は行ったことはありませんがこれまで使用されてきた諫早の市営野球場はここにあるようです。
この野球場は1951年につくられたもので老朽化が進んでおり、また球場の両翼が92mと狭く高校野球などの公式戦に対応が出来ていなかったようです。
そこで諫早市は新しい野球場の建設を市内の久山地区の港湾事業整備のなかで誕生する埋立地に計画、事業を進めてきました。埋立地(約10.8ヘクタール)には二つの野球場の他にもサッカー広場、スケートボード場、芝生広場などからなる総合運動施設として計画されています。
そのうち第一野球場とスケートボード場が今回完成、来月からオープンします。

第一野球場は屋根付きスタンドでフィールドが両翼100m、中堅122mで外野は人工芝で内野は黒土混合土でマウンドとホームベース上はメジャーリーグで使われている粘土舗装を採用しているそうです。選手控室や会議室も球場内にあります。
収容人数は7200人(インスタンドは2700人)でスコアボードはLEDを採用、駐車場は520台あります。
備品としてピッチングマシーンとバッティングゲージが2台ずつ用意してあるそうです

7月1日に開場式が8時半から開かれます なおこれまでの野球場は8月末で廃止される予定です
【開場式】     8:30~9:30
で市長をはじめ関係者・選手によるテープカットや関係者・来賓の挨拶や当日開かれる中学校軟式野球部の主将による宣誓…などセレモニーが予定されています
【アトラクション】 9:30~10:00
諫早中学校の吹奏楽部による記念演奏、学童チームたちによるスピードガンコンテスト

その後 市内12チームが出場する県中学校軟式野球選手権大会の諫早市予選が午前10時半から4試合予定されています。
同時にオープンするスケートボート場は750平方メートルの敷地に6つのセクションが配置され初心者から上級者まで利用できるように工夫してあるそうです


7月1日は梅雨前線や台風の進路によっては天気が崩れるとの予報ですが、せっかくの記念すべき開所式ですので予想が外れて青空の下で開所式・セレモニー・試合が行われるとよいですね

このあと第二野球場、サッカー広場、芝生広場なども来年度(2019年)に供給を予定しているようです
諫早市としては合宿などでの利用も期待しているようです
野球に関しては諫早市としては合宿の他に高校野球の公式戦での利用も考えているようです。
春とかに大学や社会人の野球チームの合宿や高校野球だけでなく公式戦は難しいのかもしれませんがプロ野球の2軍や3軍の練習試合などはできるのではないかと思います
またサッカー広場はどういう施設かまだわかりませんが県立総合運動公園やVファーレンの練習場も市内にありますしこちらもVファーレンだけでない学生からプロまでいろいろなサッカーチームの合宿などに利用されるかもしれません。

来年、すべての施設が完成して、供用が開始されれば県立総合運動場も含めて諫早市には野球、サッカーをはじめとしてスポーツの練習や試合を行う設備が充実してくるのではないかと思います
宮崎にはかなわないかもしれませんが諫早の各施設が長崎県のスポーツの拠点として利用が広がれば…と思います



※諫早市のホームページ、長崎を楽しむ情報発信中faceなどを参考にしました